部屋に好きな絵を飾る!オールポスターズ(AllPosters)で絵画を購入した結果…

部屋に絵画を飾っていますか?

インテリア雑貨を揃えても、壁が寂しい!なんてことが多いですね。
今回は好きな絵画を自由に選べるオールポスターズで実際に購入してみたので、感想を書きたいと思います。

絵画を買うところが少ない?

都市では様々な絵画が売られているかもしれませんが、地方では絵画を買う場所がとても限られています。デパートのギャラリーコーナーや、ごく小さな画廊が数件…。サイズや作家によっては10〜50万円など、とても手の届かない金額です。ジークレープリントを扱う場所では2〜3万円で複製画を購入できますが、それでも好きな絵が見つからないかもしれません。

オールポスターズはアメリカの会社で、著作権の切れた名画のデータをプリンターで印刷して額装してくれます。

ポスターとして印刷して額装する方法以外にも、キャンバスプリントといってスターバックスにあるような立体的な印刷画や、パネル加工、ラミネートなど様々な商品があります。

ポスターという事を理解して選ぶ

オールポスターズには数々の名画が登録されていて、以下のアーティストが特に人気のようです。

ゴッホ、アンディ・ウォーホル、クリムト、モネ、ピカソ、クレー

ジャクソン・ポロック、ミュシャ、マティス、カンディンスキー
シャガール、ノーマン・ロックウェル、ダリ、アンセル・アダムス
ジョージア・オキーフ、サヴィニャック、葛飾北斎

どれも素晴らしい作品ばかりですが、いずれも実物をスキャンして印刷したポスターに過ぎません。なので印刷のクオリティは”そこそこ”です。
プレミアムジクレープリントにしても油絵の質感は再現できる訳ではありません。

オールポスターズの魅力は「少ない予算で好きな作家のポスターを飾れる」という利点と、「理想的な額装ができる」という点につきます。

理想的な額装

オールポスターズの素晴らしい利点に額装があります。
プリントだけならばネット上で名画の画像を探して来て、ネットプリント(プリントパック・グラフィック)などで印刷すれば安く上がるかもしれません。
ですが、オールポスターズがぴったりの額装をしてくれるのは感動に値します。

上記の写真のように何十種類のフレームから好きなものを選び、さらにはマット(中央の白縁)を選び余白を1センチ単位で指定できます。
これによってポスターでありながら、本格的な絵画のような雰囲気にすることができます。

画質とサイズの悩み

個人的には特大の絵画は海外のホテルのようで気に入っています。
日本では横1メートルを越えるようなポスターと額装はあまり販売されていません。好きな絵を選んで大きなサイズで届くというのは素晴らしい満足感です。

ところがサイズが大きくなると画質が劣化します。オールポスターズの登録されている画像によっても異なるので、例えば届いたモネが高画質でピカソが低画質であったり、それどころか同じ絵画が何個も登録されていて、色合いが異なったり画質が異なったりします。

中々に選ぶのが難しいですが、共通して言えることは大きくなる程にあらが目立つということです。

写真右のような小さな額装であれば、とても高画質に見えます。面積が小さいと人間の目は不正確なので一見油絵に見えてしまう程です。
ところが左のような大きな写真だと、パット見でもポスターだと分かってしまいますし、画質が荒いのが気になります。

特大の場合は離れて座ると意外にも画質の荒さは気にならず、いかに人間の目が不正確であるか実感します。夜に照明の明るさを落として、離れてみると壁に立派なアンリ・ルソーの夢とモネの庭が飾られているように見えるので、雰囲気作りにはお勧めです。

オールポスターズの割引率の仕組み

どうやら毎日のようにセールを行っているようで、基本30%・35%の割引率。
調子が良いと40%の割引セールが表示されます。

メールマガジンを登録しておくと毎日のようにセール情報が届きます。(うんざりするくらいに)まあ原価の掛からない商売なので50%引きでもやっていけるようです。
過去のメールマガジンを見直してみると、壁掛けアート65%オフがあり、これが最大の割引率のようです。ただしセール商品が限られている事もあるので、40%引きで好きな絵画を買うのが一番オトクかと思います。

商品を受け取るときに何故か謎の送料を取られることもあり、受け取り時に「小さいと無料」「中くらいだと2000円」「特大だと6500円」といったような理不尽な送料を着払いで請求されました。インボイスや関税ではないようです。

原画が欲しいのであればアートメーター

オールポスターズをゴリ押ししましたが、もし原画が欲しいのであればアートメーターがお勧めです。

絵画の量り売りをコンセプトに、「絵画のサイズと画家の販売実績に基づき価格が決まる「測り売り」の仕組みにより、一点ものの絵画を販売する」サービスです。
画家に評価制度を導入して、レベルアップやランキングなど特有のシステムになっています。

印刷したものやデジタルプリントもありますが、アクリルや油絵など1cm2当たり6円など、一般的なサイズで2〜3万円で原画が購入できます。

潤沢な予算があるのであれば、クリスティーズやサザビーズなど海外のオークションハウスで一流画家の原画を購入するのが理想的です。

限られた予算で原画が欲しければアートメーターなどで、セミプロやアマチュアの描いた原画を購入する。原画でなくて複製画のポスターでも良いならオールポスターズなどで好きな絵画を購入するのがお勧めです!

自分の好きな絵や、予算などから素敵な1枚を見つけ出して下さい。

アートメーター http://www.art-meter.com/

著者 おはし

当アカウントは、はっしーを中心に数名のライターで記事を掲載しています。 Twitter→@ohashi335