【予算別】秋冬テーラードジャケットはこのブランドで買おう

秋冬に本格的に寒くなってきましたね!今まではシャツやカーディガンでも大丈夫だった人も、そろそろアウターが欲しくなる季節が近づいてきました。

しかし冬のアウターでも、コートではなくジャケットを着てかっこ良く決めたい。そんな硬派なあなたのために、秋冬のテーラードジャケットを買うのにおすすめなブランドを紹介します。

予算〜3万円の秋冬テーラードジャケット

とはいえ実際には、ちょっとでも質の良いテーラードジャケットというのは結構高いのです。このサイトではイタリア製のものや、それに似た日本製のものを沢山紹介していますが、どれも5万円以上ばかり。

そんなに出せないけど、お洒落なジャケットが欲しい!という人にお勧めなのは以下のブランド。

UNIVERSAL LANGUAGE ユニバーサル・ランゲージ

universal language

何もベストな品質のテーラードジャケットが必ずしも必要なわけではない。周りから見てお洒落であればそれで良い、というあなたにおすすめなのはこちらのブランド。

ユニバーサルランゲージはスーツをメインとしたブランドで、シェイプやデザインが非常にオーソドックスなので、誰にでも似合う着こなしができるでしょう。また使っている生地はお洒落なものが多く、今季流行の大判チェック柄や、ガンクラブチェックなど、人気の柄を手頃な価格で手に入れられるのが魅力です。

またスーツ屋だけあり、店員さんは着こなしに詳しい人が多い。このあたりも含めておすすめなのです。ちなみにスーツカンパニーや横浜みなとみらいにあるブルーエグリージオなどは同系列ですね。しかし中でもお洒落な雰囲気なのは、やっぱりユニバーサルランゲージだと思います。

新宿駅から地下道直結で行くことができますので、アクセスも抜群です。

green label relaxing グリーンレーベルリラクシング

best-jackets

日本を代表する大人気セレクトショップブランド、ユナイテッドアローズが展開する廉価ラインのブランドがこちら、green label relaxing グリーンレーベルリラクシングです。

仕立てや品質はできるだけ維持しながらも、生産国を変えたりディティールを省略したり、あるいはコスパの良い生地を生地ブランドと共同開発したりして値段を下げているのが特徴。

特にイタリア製の生地を使用したラインなどは、一見すると高級ブランドで買う5万円〜のテーラードジャケットとも見間違えてしまいそうなほどのクオリティです。ただしシルエットなどは若干ゆったりとしているので、必ずジャストサイズを選ぶようにしましょう。

コツとしては〜1万5000円のものを買うのではなく、2万円〜のものを選ぶことです。些細な違いではありますが、品質はだいぶ違います。〜1万5000円のものはいわゆる大学生向けブランドで売っているような、カジュアルなジャケットですが、2万円以上のものはちょっとしたパーティなどで着ても最低限恥ずかしくないクオリティのものが多いです。

予算3〜8万円の秋冬テーラードジャケット

ちょっとしたテーラードジャケットを何度も買い替えるよりは、最初から結構いいテーラードジャケットを一着買って、それを長く使っていきたい!そんな考えを持っている人は、ジャケット選びの幅が広がります。

そういうわけで次に3万円〜7万円で秋冬のテーラードジャケットを探している人におすすめなブランドです。

Mr.Rick Tailor ミスター・リックテイラー

rick tailor

ミスター・リックテイラーは言わば本格的イタリア製テーラードジャケットの入門に最適なブランド。セレクトショップであるEDIFICE エディフィスやBEAMS ビームスなどで取り扱われています。

裏地やカラークロスなどディティールが省略されていたり、生地の質がそれほど大したことなかったり、クオリティとしてはベストとは言えませんが、それでもハンドメイドにこだわったイタリア製が5万円ほどで手に入るのは凄いです。

この後紹介しますが、イタリアのテーラードジャケットはやはり、10万円ほどのものが多いです。そんな中で、値段を下げてちょっと無理すれば買えるようにしてくれているのが嬉しいですね。

ただ、言ってしまえばやや中途半端な面もあります。これだけお金を出す覚悟があったら、もう少しためて(あるいは倍長く使うと決意して)定番のイタリア製ジャケットを買ってもいい気がします。

BEAMS F ビームスF

beams f jacket03beams f jacket01

 

セレクトショップのオリジナル商品と言えば、品質の良くない服の代名詞のようにネットでは言われていますが、少なくともテーラードジャケットに関してはセレオリは日本人の友です。

その理由は値段とデザイン。セレオリのテーラードジャケットはほとんどが日本製で、特に6万円以上になってくると10万円以上のイタリア製に勝るとも劣らない品質のものが非常に多いです。イタリア製の生地を使っているものがほとんどですが、使っている生地のグレードもかなり高く、本当に見劣りがしません。

さらにはそのデザイン。イタリア製テーラードジャケットは日本人には丈が長過ぎたり、サイズが大き過ぎたりと似合わない場合があるのですが、日本製のセレオリはそのあたりを上手くアレンジして日本人の身長や体型に合わせており、違和感なく着ることができます。

さて、そんなわけでイタリア製生地を使用したセレオリのテーラードジャケットはおすすめなのですが、中でも仕立てが良く値段とのバランスが良いのがBEAMS F ビームスF。

値段はおよそ6、7万円ほど。

このブランドは同じく日本製でやや値段の低いエディフィスのテーラードジャケットに比べると仕立てや着心地が良く、中国製ながらも8、9万円近い値段のものが多いTOMORROWLAND トゥモローランドに比べるとお得感が強いです。

予算8〜14万円の秋冬テーラードジャケット

さあ、このくらいの値段帯になってくれば怖いものはありません。イタリアの実力派ブランドの高品質なブランドが揃いも揃ってこの値段帯に集まっているからですね。

それでは、今人気のそれらのブランドについておさらいしておきましょう。

LARDINI ラルディーニ & BOGLIOLI ボリオリ

lardini-01

今イタリアの実力派ファクトリーブランドの中でも最も人気があるのが、こちらのLARDINI ラルディーニとBOGLIOLI ボリオリ。この2つのブランドは揺らがない地位を作っており、どこのセレクトショップに行っても必ず置かれています。

お洒落が好きな人であれば、是非一着は押さえておきたいブランドですね。

特にどちらも大胆なチェック柄が得意なブランド。せっかくなので大胆にアピールのできるチェック柄のもを選ぶのも良いでしょう。また買うときには置いてあるブランド(セレクトショップ)によって品質が少しづつ異なりますので、しっかりとチェックした方が良いでしょう。

おすすめはBEAMSやUNITED ARROWSの扱いのものではなく、ストラスブルゴやエストネーション、エリオポールといった少しマイナーなセレクトショップの扱っているもの。

というのも大手セレクトショップの場合は別注で仕様を変えていることがあり、生地や縫製などがイタリア本国と違う仕様になっていたりするからですね。多くの場合こういった仕様の変更は、コストダウンのために行われています。

CARUSO カルーゾ

valditaro04

と、ボリオリやラルディーニをおすすめしてはみたものの、正直なところこの二つのブランドはあまりにも人気になり過ぎており、そのせいで様々な仕様のものが日本のセレクトショップによって別注されていて、当たり外れがあります。

特に最近ではボリオリやラルディーニはナイロン混紡の生地を使ったものが多く、爆発的に流行る前に比べると生地のグレードを少し落としているようです。また、手縫いの部分が省略されてミシン縫いになっていたりと、少し納得のいかないものもあります。

並んで有名になっているTAGLIATOLE タリアトーレにも同じことが言えますね。こちらもナイロン混紡であったり、襟裏の仕上げが省略されていたりと、少しコストダウンがされている商品を大手セレクトショップで見かけました。

仕立てや生地の良し悪しが見分けられる人は良いですが、「定番ブランドだから」と安心して買ってしまうと、値段の価値が無い物を買ってしまう可能性もあります。

それに対して、有名になりきっていないブランドはまだ堅実に作り続けているところが多い。その一例が、ラファエル・カルーゾです。

カルーゾのテーラードジャケットはまさにハンドメイドを駆使したものが多く、一着一着に手間がかかっていることが多いです。また生地もフランネルのためにSUPER120’s ウールを使っていたりと、こだわっています。

実際にはまだまだ日本で市民権を獲得しているとは言えないカルーゾのようなブランドの方が、まだ大量生産の悪影響を受けていない可能性が高いのです。

 

いかがでしたか??

今回は秋冬のテーラードジャケットを買うのにおすすめなブランドを紹介してみました。