夏メンズファッション

モテるメンズファッションをしたいけど、ネットショッピングの宣伝サイトしかない……。

本当にモテるメンズファッションってどうやれば良いの??

そんなあなたに、夏のメンズファッション着こなしのテクニックを紹介します。

nolley's casual

 

夏のメンズファッションは買い物から

 

特に夏のメンズファッションは暑さゆえに重ね着が減り、シンプルになっていくもの。

そこで周りの男と差をつけるのはコーディネートだけではなく、服そのものの質の良さです。質の良い服はセンス良く見えるだけでなく、ライフスタイルに余裕があるように感じさせます。

DSC_9554 DSC_9555

左が一般的なTシャツで、右がかなりしっかりとした作りのTシャツです。

左よりも右の方がずいぶん高級感があり、洗練された印象がありますよね。でもこの左のTシャツだってそれほど悪くない製品。もっと質の悪いものもたくさん売られています。

ですからセールスや価格の安さに騙されて質の悪いものを買ってしまっては損です。それだけで「センスが無い」とされてしまうだけではなく、自分で物の良し悪しも判断できない「見極めのできない人」だというレッテルを貼られてしまいます。

もちろんブランド品にこだわる必要はありません。

その代わり「これでモテる!」「これを着るだけでお洒落」というようなセールスに流されずに、しっかりとした作りのものを、実際に目で見て選びましょう。

選ぶ時には

◯生地がしっかりとしていて、滑らかなもの

◯Tシャツならば、引っ張ってもある一点で伸びなくなるような生地の強いもの

◯襟や袖がしっかりとしているもの

◯縫製が丁寧なもの

◯できれば日本製のもの

などを見つけると良いでしょう。

zara01

特に最後の日本製のものに関しては、良い基準になります。というのも普通、衣料品は中国で作られていますが、わざわざコストの高い日本で作るということは、ある程度品質にこだわっている場合が多いのです。

もちろんそれだけでは判断できないことも多いですが、一つの目安として知っておくと良いでしょう。

 

メンズ夏の7分丈は本当にお洒落??

 

夏のメンズファッションで「お洒落!」としてよく取り上げられるアイテムが、5分丈や7分丈。でもそれは本当にお洒落でしょうか??

実際には5分丈・7分丈は一概に「お洒落なアイテム」とは言えません。もちろん着こなし方にもよりますが、上に何かを着るには丈が中途半端ですし、1枚で着ても「だらしない」印象であることが多いです。

狙いがあって7分丈を着るのならお洒落に決まるかもしれませんが、「お洒落だと聞いたから」と言ってただ7分丈を着てしまうのはおすすめしませせん。

しっかりとした袖丈のアイテムを着て腕をまくった方が中途半端な印象もなく、男らしい着こなしになります。

casual

 

「裏地に柄」に頼らない

 

よくチノパンやカーディガンなどで見られるデザインで、ロールアップすると裏地が柄や模様になっているというようなアイテムがあります。

もちろんシンプルな着こなしになっていく夏のメンズファッションとしては、アクセントのためにそういうアイテムを使うのも良いのですが……。

実は本当にお洒落が好きな人はあまりそういったアイテムを使いません。

理由は単に「使い回しが効かない」です。

例えばシャツがチェック柄で、チノパンのロールアップがドット柄になっていたりするとチグハグでごちゃごちゃとした着こなしになってしまいます。

また、着こなしによって取り入れたい柄や色は変わるので、無理に裏地の柄をアクセントにしようとすると、それもまた失敗してしまうことが多いです。

お洒落が好きな人は余計なアクセントの無い服を用意しておき、カジュアルネクタイやスカーフ、今季流行のバンダナなどを使って、アクセントを入れます。

そうすることによって、いつでも自分の好きなときに、自分が必要だと思う柄や色を着こなしに取り入れることができるのですね。

beige-jacketpants6

 

服は自分で選ぼう

 

服を買ってみても、なんとなくうまくコーディネートできない。コーディネート済みの服を買おうかと考えている。

でもちょっと待ってください!

コーディネート済みの服ということは、日本中の「ファッションに自信が無い」「モテないからどうにかしたい」と思っている人とまったく同じ服を着ることになります。

しかもコーディネートされて売っている服というのは、買い手がファッションに詳しくないことを良いことに、かなり品質の低いものを有名ブランド並の値段で売っています。

たとえばジャケット+シャツ+ジーンズのコーディネートで2万円というプライスがついていたとしましょう。

お得な感じがしますが、実のところは粗悪な素材を使った貧乏そうに見えるジャケットとシャツ、デザインが悪く足が短く見えるシルエットのジーンズの組み合せでしょう。

実際に自分でショップに行って買えば1万円で済んでしまうようなアイテムばかりです。

逆にファッションを少し調べて、日本で今人気なセレクトショップやブランドのショップを回ってみましょう。もし東京からアクセスの良いアウトレットモールなどを利用すれば、2万円でずいぶん質の良いものが買えてしまいます。

jacket

もちろんやっぱりコーディネート済みの方が良いという人や、あまり品質は気にならない人はいいのですが、ファッション初心者を騙すようなアイテムが多いので、できれば実際にショップで買うのがおすすめです。

 

メンズファッションの基本

【メンズ】服を買うときに失敗しない方法【良い服を見分ける】

【大学生】着ているとモテるメンズブランド ランキングTOP10

 

 

以上です。

特にメンズはファッションに疎い人も多いため、粗悪なものを「モテる」と言って売りつけるようなショップが多いのが特徴。

ぜひ自分の目で確かめ、本当に買うべきものを買いましょう。