簡単!自家製ピザの作り方レシピ

こんにちは、はっしーです。
料理系男子はモテると聞いて色々チャレンジしているのですが出会いがありません。
そこで今回は男子会で試して頂きたい、簡単!自家製ピザの作り方を紹介したいと思います。

生地とピザソースの両方とも手作りです。
ピザ出前はパーティーで2,3枚頼んだだけで5千円以上になってしまいますが手作りで作れば、1枚500円程度で出来ます!

ピザ作りに必要な素材(2枚)

【ピザ生地】
小麦粉(強力粉)・・・200g
ドライイースト・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ2
塩・・・小さじ1
オリーブオイル・・・大さじ1
水・・・100ml

【ピザソース】
トマト缶(ブロック)・・・1缶
オリーブオイル・・・大さじ2
にんにく・・・一欠片
岩塩・・・小さじ1

【具材】※お好みの物を!
海老、ベーコン、サラミ、ブロッコリー
スライストマト、シーチキンまよ、じゃがいも、ソーセージ等

※チーズを買うの忘れないように!!

ピザ生地作り

DSC_1529

小麦粉を計量します。2枚で約200g

計量器ない!ここで詰んだ!とか言わないで下さいね…(T_T)
ホームセンターで千円で売ってます!

DSC_1530

ドライイーストを投下。
ドライイーストはスーパーに行けば、ほぼ必ずあります。
安いのでOKです。計量スプーンが無ければ直感で行きましょう。

DSC_1531

砂糖、塩とオリーブオイルも投下します。
そして、ぬるま湯100mlも入れます。
ぬるま湯を淹れることでイーストが活性化します。

DSC_1533

料理本には、しばし「手で大きくこねる」とバカな事が書いてありますが
初心者だと絶対に手に粉が付きます。
混ぜている中身よりも、手に付いている粉の方が多くなって、あばばばばば。ってなります。

直ぐに手を洗って、アイフォンで「もしもし、ピザーラですか?」って気分になるので、ここは”箸”や”スプーン”などで器用に混ぜましょう。

DSC_1540

あばばばの一例。
物理的に不可能だと判断した場合は、粉を追加で投入します。
最初の段階で水をつかっておくとイーストが急に活発にならずに、手につきにくいです。

DSC_1535

 

なんとかなったような図。

「生地は、引き伸ばしては畳んでを200回繰り返します。」
なーんて料理本には書いてありますが、失恋でもしない限りピザ生地を200回も折りたたむ気分にはなれないので、50回〜100回程度でも大丈夫です。
本当に面倒なら丁寧に20〜30回繰り返せばOKです。

DSC_1541

完成したら丸く包み込み、表面をなめらかにしてボールにいれる。
この時はラップを掛けます。
そして温かい場所に30分位置いて発酵させます。

DSC_1543

もしくは写真のような優秀なコンシェルジュに頼んでも良いです。
頼む場合は40度で30分と指示します。ラップは必要です。

ピザソース作り

よーし、30分暇だしスプラトゥーンやろっ!!
って成りがちですが、生地だけ完成して(´・ω・`)となるので、ソースも作っておきましょう。

DSC_1548

にんにくをスライスします。
中の芽を出しておくとよいです。

DSC_1552

オリーブオイルでこんがりさせます。
とっても良い香りでお腹が減る段階ですね!

DSC_1553

トマト缶も投入。
ホールとブロックがあり、ホールだと丸々トマトが入っているので
間違ってホールを買った場合は包丁で細かく切ってからいれましょう。

DSC_1555

バジルやハーブなどあれば、この時点で入れます。
辛くしたければ唐辛子を入れます。
アラビアータですね!

DSC_1556

今回は冷凍海老を水で解凍します。
(これはトマトには入れません)

DSC_1557

当初はこんな感じですが、10分〜20分位煮詰めると

DSC_1561

でれーん!ピザソースのような何かが…。
お好みでスライスしたオリーブを入れてもOK。

DSC_1562

発酵を終了した生地を薄く伸ばします。
結構薄くしても、焼いている時に膨らみます。

オーブンを250度に予熱します。

2枚分出来ます。オーブンが大きければ、特大を1枚焼いてもOKです。
2枚作ってパーティーで食べる時は、1枚目が焼けた瞬間に次のを入れてオーブン開始するようにしましょう。

DSC_1563

具を乗せる例。
昔はそれはそれは贅沢なピザを作ってましたが、今は一人暮らしなので貧乏ピザです。

チーズ買うの忘れました(´・ω・`)

この時に、フレッシュハーブなど載せたい場合は少しオリーブオイルを和える事で
ハーブや野菜が焦げるのを防ぎます。

オーブンの予熱が完了したら、10分間焼きます。

完成!!
予めまな板でカットしてから皿に乗せるのが簡単です。
すぐに食べると美味しいよ!

お試しあれ

DSC_1584