【レビュー】FISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blend

juan hernandez11

 

生音を巡るピックアップの冒険

アコースティックギターやクラシックギターを使ってライブをしようとしたときに、必ずといって良いほど課題になるのがピックアップです。最近では多くのギターにピックアップがついていて、高機能なものがついていることも少なくありません。

それでも実際にライブで使ってみると、その音質の硬さや音色にがっかりすることばかり。ピエゾのピックアップの独特のサウンドは、オベーションのギターならばともかく、生音の美しいアコースティックギターの出音としては望ましくありません。

そういうわけで皆、どのピックアップが原音に近い音を出してくれるのか、どのピックアップがハウリングに強いかと、ピックアップを探して常にサーフィンしているわけです。広大なネットの海をです。

今回はそんな冒険の一つの到着点となりそうな、とっても優秀なピックアップ FISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendを紹介します。

FISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blend

cordoba preamp

このFISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendは、単体でも売っていますが、基本的にはハイエンドなエレアコやエレガットに標準でついているピックアップです。すなわちこのピックアップのついたエレアコやエレガットはどうなの?という話ですね。

例外もありますが、多くの場合10万円代後半〜20万円代後半のギターについているピックアップですので、FISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendはわりと高級なピックアップの部類に入ると思います。単体では3〜4万円程度のピックアップです。

このピックアップはピエゾと、コンデンサーマイクをブレンドして使えるタイプで、今このような本格的なピックアップとしては主流となっているタイプですね。

juan hernandez11

機能としては様々なものがついています。基本的なTREBLE BASSの調節に加え、Countourという音色の調整ノブもついています。Contour Freqではどの音域で調節するかを決めることができますね。その他フィードバックを抑えるためのNotchやPhaseスイッチ、Volumeなど必要なものは全て揃っています。

ただ、この辺りはフィッシュマンの一般的なピックアップにもついている機能がほとんどですね。

antonio sanchez07

FISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendのすごいところはやはり、コンデンサーマイクとピエゾをブレンドできるところです。

今回は同じFISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO BlendがついたJuan Hernandez ホアンエルナンデスとCordoba コルドバを試しましたが、どちらもやはりマイクで拾った音が素晴らしい。非常に素直で、ちょうどマイク録音をしているときのようなサウンドです。

これにピエゾを足していくと、ややデジタル的な音になり硬さは出てきますが、その分音に安定した芯が入り、ライブには非常に有用な感じです。

このFISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendはまず、コンデンサーマイクの方いっぱいまで振っておいて、実用的なポイントまでピエゾ側に妥協していくという使い方をすることで、非常にキレイなサウンドを作れると思います。

ひとつFISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendに問題点があるとすれば、音量でしょう。自然なサウンドを追求したピックアップ及びプリアンプであるこのFISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendを、さらにコンデンサーマイク側にふって使う場合、出力がだいぶ低くなってしまいます。無理に上げようとすると歪んでしまいます。

なので、小型プリアンプやDIを差して使ってあげるのが断然おすすめ。特に自分で使ってみて使い勝手及び音質が良かったのは、L.R. BaggsのGigproです。

gigpro01

これを使うとFISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendの音の良さをそのまま音量をかせぐことができますし、少しコンプレッションが掛かった感じで、一層生き生きとした迫力のあるサウンドになります。

 

いかがでしたか?

今回はFISHMAN フィッシュマン PREFIX PRO Blendを紹介してみました。これのついているギターはライブで即戦力になること間違い無しですので、ぜひチェックしてみてくださいね。