コンテンツへスキップ

レイクタウンアウトレットの初売りは本当に安い?

久々にアウトレットモール特集です!
34歳ミドサー男性になってしまったハシですが、30代男性のコスパ良い買い物について紹介してみます。

2015年頃までは年初の福袋レポートなどしていましたが、めちゃめちゃ並んで混雑する割に商品数が少ないショップもあり、最近は訪れていませんでした。
意外に狙い目なのが、新年初売り&福袋が落ち着いた1月中旬以降です。

ファッション系の店は在庫数が大量で、冬物がそろそろ売りきらないとヤバい!とういうことで割引率も上がってきます。
クリスマスシーズンは「あまり安くないじゃん」と感じるのは、クリスマスシーズン+年末年始は何もしなくても冬物がバンバン売れますし、来客数も多いため、無理して値引きセールをしないのです。

ところが1〜2月になると、春物在庫まで入荷してきて、冬物の売れ行きが落ちてくるので慌てて処分するわけです。
各ブランド50〜70%オフが目立ちはじめ、在庫も厚くなっていました。
レディースのプチプラ系ファッションは、もともと値引き販売が常態化しているので50〜70%オフもあるのですが、ビームスやユナイテッドアローズなどのインポート系のブランド。それもメンズ商品は20%程度のセールが通常で、半額以下のアイテムはあまり出ていません。そんなインポート系も今の時期は大量に半額以下が出てくるので、掘り出し物感覚で楽しめますね!

実際に買ってみたアウターですが、14,300円の定価から40%になっています。値引き後は8,580円とユニクロ並のアウター価格まで下がります。生地の起毛やジッパーなどの品質がユニクロよりも優れていることもあるので、サイズや雰囲気が好きなものであれば、かなりお得な買い物ができます。

使いやすそうなニットなんかは値引き率が渋く、20〜30%程度に留まっています。
一例では、7,150円が20%オフで5,720円。7,480円が30%オフで5,236円などなど。
化繊混のニットでも手触りが良く、耐久性がありそうな素材を選んでいることもあります。格安のニットだとすぐ伸びても、ビームスなんかのニットは何度着ても形が崩れにくいので、これ系はオススメできます。

春先に外を散歩するのにちょうど良さそうなウインドブレーカーも発見しました。
ナイロンジャケットは定価が46,200円、スニーカーは32,500円だそうです。
値引き後の価格は17,640円、12,180円でした。そこから2点で10%オフなので総額29,521円と3万円以下になりました。

ネットショップでは、似たような商品が中古で17,512円で販売されています。

出典元:https://www.2ndstreet.jp/goods/detail/goodsId/2333491984121/shopsId/30999

状態がBで17,512円でしたので、15,876円はかなり安い価格となりそうです。

出典元:https://www.buyma.com/item/98925372/

こちらのショップだと30,400円程度です。

最近バズっていた面白いポストがあるのですが、ネットで知り合った?女性とデートに行ったら服をけなされて、シップスで3点112,651円買わされたというものです。
騙されて絵画や壺を買わされたのと異なり、ちゃんとオシャレなコーディネートになっているので、リプライは「まあ良かったのでは?」といった返信が目立ちます。

アウトレットモールもSHIPSは入っていて、物によっては50〜60%オフになっているので、プロパーで定価で買うよりはシーズンの変わり目でアウトレット品を狙うのも良さそうですね。

特にアウターなんかは1着5〜8万円程度の商品もあり、そうしたものが半額になると大きいです。

メンズの流行を追うのではなければ数年使えるようなデザインもあるので、シンプルなものは来シーズン用に調達しておいても良さそうです。ただ中には長期保管で変色したり、型崩れしたりする商品もあるので注意してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

copyright otonaninareru.net