BOTTEGA VENETA ボッテガヴェネタのシャツ

bottega veneta01 bottega veneta02

 

BOTTEGA VENETA ボッテガ ヴェネタ シャツの特徴

ボッテガヴェネタはグッチやセルジオロッシと同じケリング社の傘下にあるブランドで、世界を代表するバッグメーカーとして有名なバッグブランドです。

革を精巧に編み込んだ独特のデザインのバッグは、ボッテガヴェネタの象徴となるアイテムですね。

今回紹介するのはそんなボッテガヴェネタのアパレルより、メンズの白ドレスシャツ。ボッテガはバッグをメインとしているブランドなのでおそらくアパレル系はOEMなのではないかと思います。

ただし、検索しても中々出てきません。それはさておき実際にシャツついて見ていきましょう。

シャツは非常に絞りの聞いたウエストラインが特徴的ですが、それ以外はかなりオーソドックスなデザインとなっていますね。襟の形もワイドスプレッドで標準的なものとなっています。

ただ胸ポケットがないのはスマートな印象を作る重要なポイントです。特に日本がライセンス契約をしているようなブランドの場合はドレスシャツに胸ポケットがついていることが多いですので、ここは嬉しいところですね。

このボッテガヴェネタのシャツの最大の特徴は非常に番手の大きな糸を使って織られた贅沢な生地。滑らかな手触りと独特の美しい光沢感で、ドレッシーな印象となっています。

ただし縫製に関しては、イタリアのファクトリーブランドの作るシャツの方が一枚上手と言えます。手縫いも使って繊細に作られたアレッサンドロ・ゲラルディのシャツとは、生地で一歩リードし縫製でやや負けている、一勝一敗といった感じ。

それでもやはりボッテガヴェネタらしいラグジュアリーで特別感のある雰囲気には価値がありますね。

このシャツの詳細

ブランド BOTTEGA VENETA ボッテガヴェネタ

種類 ドレスシャツ

購入日 2014年7月2日

参考価格 50000円

ハイブランドのシャツの品質と傾向

ハイブランドのシャツには本当にその値段に見合った価値があるのか?? これはちょっと気になるところですよね。

実際に考えてみると、5万円出せばイタリア屈指のシャツファクトリーであるボレリやフィナモレは愚か、マシンメイドでは最高級品とも言われているFRAYなどのシャツも買えてしまいます。

これらのシャツは生地はもちろん、手縫いを駆使していたり、非常に丁寧な作りであったりとシャツファクトリーならではのクオリティを提供していますね。

さらにラグジュアリーブランドの中では特に仕立てや生地を始めとして品質にこだわっているゼニア、ブリオーニ、ロロピアーナといったブランドのシャツも狙える値段帯です。

そんな中でハイブランド、例えばドルチェアンドガッバーナやグッチ、ルイヴィトン、アルマーニといったブランドでシャツを買うのが本当に得なのか。

これは場合によると思います。

例えばドルチェアンドガッバーナは言ってみれば「デザイン屋さん」ですよね。ですからまったくまっさらでスタンダードなデザインの白シャツを買うのであれば、ブランド料ばかりを高く払うことになってしまい、あまり得とは言えないでしょう。

逆にドルチェで奇抜なデザインの、ドルチェにしか作ることのできないシャツを買うのであれば、それは間違いではありません。

またアルマーニはブランドラインによります。正直なところエンポリオやアルマーニ・コレツィオーニのシャツは値段相応とは言えません。しかしジョルジオのラインに関しては、その値段を出すからこそ得られる贅沢な生地やデザインが特徴となっていておすすめです。

シルク100%のシャツや、繊細な裁ち切りデザインのシャツ等ですね。

このように、ハイブランドでシャツを買うときにはそれが「そのブランド(ライン)ならではのものか」というのを考えてみると良いでしょう。もしそれがありきたりなアイテムであるならば、ファクトリーブランドで購入した方が良いものを買えるかもしれません。