BMW M135i

bmw-m135i

軽量コンパクトな1シリーズのボディにM Powerを…

BMWの試乗会に参加する機会があり、1シリーズのMとも言える「M135i」に試乗しました。
以前120iの台車を2日ほど借りていることもあり、一度は乗ってみたい1のMということで今回はその魅力をお届けしたいと思います。

120iのフィーリング

以前試乗した1シリーズの中間モデルである120iは意外にも走行性能が高く1.6L直列4気筒DOHCターボでありながら、峠道をガンガン攻めこむ事ができるホットな車だったので、今回のM135iはかなりの期待がありました。

先に120iの話となりますが、120iは軽量な車重に170psのエンジンが収まって、レガシィの標準モデルやアテンザなどの国産車を凌ぐパフォーマンスを持っています。BMW乗りからすると1シリーズはエントリー向けのモデルで奥様のお買い物に使うセカンドカーというイメージもありますが、スポーツ走行が好きな人が満足できる性能が120iにもありました。

新型の2シリーズはFFになってしまいましたが、120iは生粋なFRであり低速が続く峠でも確実に楽しいドライブが可能です。
それでいてコンフォート設定やエコプロ設定など、普段の街乗りは快適にこなせるのがさすがBMWと言えます。

M135iのパフォーマンスと速さ

M135iは335iや535iなどに載せられるN55のエンジンが積まれており、試乗前から「確実に速いモデル」という予想は付いていました。
実は編集長はBMWの335iに乗っており、編集部にはE60のM5もあります。
そこで、どんなもんだろ?と思いつつも試乗しましたがこのM135iはとにかく凄いです!

bmw-m135i-3

具体的に何が凄いのかと言うと、車体の完成度が高い。エンジンが非常にマイルドでごく低回転からレッドゾーン寸前まで繋ぎ目が一切なくスムーズに回りきります。
また、アクセルのレスポンスも良好で、ハンドルを切り込むと同時に車体のノーズがインに素直に向いていきます。

N55B30は306馬力を叩き出す直列6気筒のターボエンジンですが、335iとは設定がことなり全域で自然なフィーリングを得ることができるので、まるでNAのモデルに乗っているような錯覚が起きます。
M135iの後に335iに乗ると、急にかったるくもたつく印象があったので、M135iはかなり鋭い設定にしてあるのだと思います。

120iで峠を軽く走ったときは、とても元気で急にパワーが盛り上がってくる回転数がありましたがM135iは全域で同じ加速感でありながら、レブリミットまで回しても心地よく抜けていくのが特徴です。

 

bmw-m135i-2

コーナリング性能

他にも特記すべきのはタイヤの接地感です。
225/40R18 245/35R18という大排気量クーペと同じようなタイヤサイズですが、M135iでコーナーを攻めこむとリアのタイヤまでしっかりと地面を掴みきっちりとグリップしてゆきます。

120iではコーナーリング時は車体が不安定ながらハンドルで修正する楽しさがありますが、M135iはレースモデルのようにタイヤがきっちりとグリップするので驚きます。富士スピードウェイで新型86のレーシングカー仕様に乗ったことがありますが、そういったハイチューンな車と同じような雰囲気があります。

ですので、ミシュランのパイロットスーパースポーツやポテンザのRE-11、ネオバのAD08などのハイグリップタイヤを装着すれば、標準の1シリーズより2周り以上も速い速度で旋回できるはずです。
サスペンションも完成度が高く、335iのMスポーツよりも固くしっかりと機能しています。
BMW M5でも実感しましたが、M社のチューニングしたBMWはサスペンションが標準モデルとは全く異なります。
Mスポーツとさえも乗り心地が異なるので、大きな差別化を感じました。

スポーツ走行以外は期待は禁物

とにかく素晴らしい性能を持ったスポーツカーですが、1シリーズがベースなので内装や快適性はあまり期待しない方が良いです。
家族や友達とワイワイドライブに行くのであれば、3シリーズや5シリーズの方が断然快適です。

コンパクトなだけあり、車内もかなり狭くインテリアも窮屈な印象があります。
国産のスポーツカーに乗り慣れた人であれば、丁度良いかもしれませんが、輸入車の優雅な部分と走行性能を求めるのであれば、最低でもM3、できればM5を選ぶと良いです。ただ、以前のE60・M5はミッションの関係で低速コーナーが非常に苦手なので、日本の狭い峠であれば確実にM135iの方が速いです。

個人的な感想では、国産車が好きでインプレッサやレガシィのスポーツモデルに乗っている人や、スイフトスポーツなどのホットハッチからの乗り換えにとてもお勧めです。燃費もまあまあ良いのでリッター10はいけます。

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 5ドア 乗員定員 5名 型式 DBA-1B30
全長×全幅×全高 4340×1765×1430mm
ホイールベース 2690mm トレッド前/後 1510/1535mm
車両重量 1540kg

エンジン型式 N55B30A
最高出力 320ps(235kW)/5800rpm
最大トルク 45.9kg・m(450N・m)/1300~4500rpm
種類 直列6気筒DOHCターボ
総排気量 2979cc 燃料タンク容量 52リットル 燃費 12.6km/リットル
タイヤサイズ(前) 225/40R18 タイヤサイズ(後) 245/35R18