【メンズ】夏に着れるジャケットまとめ

暑い時期にジャケットなんか着たくねえよ!とまあ、その通りですが、男である限りは夏にジャケットを着なければならないこともある。

そんなときにどんなジャケットを着るかによって、体感の暑さがずいぶんと変わることをしっていましたか?

そういうわけで今回は夏にも着られる涼しい素材のジャケットをまとめてみました!

麻のジャケット

左からラミー(麻)、リネンウール、カシミアリネン。いずれも春から初夏にお洒落な生地感ですね。 (左)Cornelianiコルネリアーニ (中)BEMAS F ビームスエフ (右)Kiton キートン
左からラミー(麻)、リネンウール、カシミアリネン。いずれも春から初夏にお洒落な生地感ですね。
(左)Cornelianiコルネリアーニ
(中)BEMAS F ビームスエフ
(右)Kiton キートン

麻のジャケットは春夏を代表するアイテム。基本的には麻の混紡率が高くなればなるほど涼しげな着心地になり、麻100%になればカットソーなどと合わせて夏に着ても快適です。

リネンは通気性が良く、さらには表面がざらっとしているため、肌に張り付くような感覚がありません。ジャケットにもおすすめですが、シャツも麻にすればかなり涼しく感じられるはずです。

ちなみに上の写真では一番右がカシミアリネン、真ん中がリネンウール、左がラミーとなっています。カシミアリネンはやや厚手の生地ですが、意外に春後半まで着られるのが不思議な素材。サマーカシミアと呼ばれるような生地ですね。とはいえ夏本番には厳しい生地。

次のリネンウールは、ウールが入っている分リネン100%よりは厚手ですから、初夏まで着られると言えます。最後のラミーは麻の一種で、100%なので真夏でも対応可能です。

attolini10

綿麻のざらりとしたジャケットもまた、通気性が良く涼しく着られます。

モヘヤのジャケット

sartoria gemmati03

モヘヤというのはウールよりもややシャリっとした触感の強い生地で、これもまた春夏に好んで着られる素材です。リネンに比べるとややマイナーな存在ですが、独特の光沢感や良い意味でのパリッとした硬さが人気です。

特にメンズのジャケット系に使われることが多く、インナーに使われることはほとんどありません。モヘヤ混紡の生地で作られるスーツなんかを着てみると、パンツの履き心地がすずしくてハッとします。

モヘヤのジャケットの場合には、写真のようにわりとざらっとした手触りのものの方が着ていて涼しい傾向がありますね。

逆に以下の写真のジャケットのような目の詰まった生地のモヘヤは、上のものに比べると少し暑い印象。

Raffael Caruso

こちらはどちらかというと光沢感や、色合いを楽しむモヘヤかもしれません。

夏向けウールのジャケット

caruso

ウールという素材が、生地によって秋冬用にも春夏用にもなる非常に万能なものであるというのは、皆さんもご存知のはずです。特にスーツはウール生地のものがほとんどでありながらも、その季節感は本当にまちまちで、スーツだけで雪景色の中を歩けるようなものから、真夏の日差しの下で散歩できるようなものもあるわけです。

そういうわけで、ウールの中でも夏向けとされる生地で作られたジャケットは夏に着るのにもおすすめ。まずは非常に薄いウール。シャツと同じような厚さでさらっとした生地のジャケットは、薄いカットソーと組み合わせて着るとかなり涼しい。

またトロピカルウールとよばれる、ざらりとしたウール。上の写真のような編みの大きな平織りのウールです。こういったウールは通気性が良く、着心地も軽いため、見かけに寄らずかなり涼しく着ることができます。トロピカルウールの通気性の良さを生かすには、リネンのシャツと組み合わせて着るのがおすすめ。普通のシャツとジャケットで着るよりも体感温度が数度低い感じです。

コットンのジャケット

sartorio

綿のジャケットには実に様々なものがあり、品質表記を見て同じ綿100%と書かれていても、まるっきり物が違います。そんな中で、薄手のコットンを用いたジャケットは夏にも着られる涼しさがあります。

上のジャケットのコットンはやや厚手で、季節的には春から初夏までといった印象。真夏に着るにはもう少し薄いものが良いですね。ジャケットの見本がなくて残念ですが、生地感的には下のトレンチコートのようなものを探してみると良いでしょう。

belvest coat

さらりとして非常に薄手です。かなりシワになりやすい生地ではありますが、夏にはそのようなシワもお洒落にきることができます。逆にジャケットをシワにして着る人もいるくらいです。

 

いかがでしたか?今回は夏に着られるジャケットを紹介してみました。多くの人がTシャツであきらめてしまう真夏にさらっとジャケットを着こなして、お洒落で出来る男になろうじゃありませんか!