【レビュー】PRS SE Angelus アコースティックギター【評価】

今日はお世話になっている島村楽器さんでPRS注目のSEアコースティックギターを試奏してきました。文章メインになりますが、レビューしていきます。

なぜかどこで見ても6万ほどだったこのPaul Reed Smith Angelusが3万9800円に。

これはもしかして欲しいかも!?と思って試奏させてもらった次第。

main1

PRS 公式ページより

すみません、馴染みの店員さんがずっと付き添ってたので、申し訳なくて写真とれませんでした…。

概要

まずこのPRS SE のアコースティックギターですが、他のSEシリーズと同じく韓国で生産されています。

韓国製というだけでちょっとビビってしまうのがギター好き。

まあもともと50万をくだらないPRS Angelus Cutawayですからしょうがないですね。。。

PRS SE Angelus Standard がマホガニー、PRS SE Angelus Customがローズウッドになっています。

木材のバリエーションはトップがシトカスプルース、バックサイドがローズウッドとマホガニー。今回試奏したのはマホガニーでした。

オール単版という贅沢な仕様です。

PRS SE angelusの外観

贅沢な仕様です、とは言いましたが正直このルックスはちょっと安っぽさが目立ちます。

基本的な形状は本家PRS USAのアコギを踏襲していますが、いたるところがあまりに差別化されすぎていて、定価8万円ばかりするギターには絶対に見えないです。

例えばバインディングですが、バインディングはウッドではなく、真っ白のプラスチックっぽい材質。1万円代の格安アコギのような雰囲気です。もうちょっと飴色っぽかったりアイボリーぽかったりしたなら高級感があったのですが…。

サウンドホールのロゼットはべったりとしていて、あまりカッコいいものとは言えません。どてっとしてスマートじゃないですし、繊細さがなくて、これもまた1万円代のアコギって感じです。

バードインレイもついていますが、これは他のPRS SEと同様パーロイドです。 もちろんリアルな雰囲気も出ていて悪くないですが、他の部分があまりに安っぽいせいで、これまでなんか残念に見えてしまいます。

木材の質、杢目

トップのシトカスプルースは綺麗ですが、サイドバックは「単板」という言葉にこだわるあまりにグレードが下がってしまったという印象を受けました。

「これがPRSかあ」 っていう感じのマホガニーでした。3万円強のS.Yairiのアコギを持っていましたが、外観的には似た感じの杢目だったと思います。

なんとなくはっきりしなくて、奥行きのない杢目です。

同じPRS SEでもエレキの方は結構綺麗な木材、しっとりと重量感のある木材を使っていていい感じなのですが…。

PRS SE angelusの品質、作り

作りと言いますか、工作精度に関しては問題ないと思います。最近の韓国のレベルは上がって来たと言われていますが、このギターに関して言えばその通りだと思います。

私が試奏した個体に関して言えば塗装のムラなどもなく、ペグなどにぐらつきもなかったと思います。

音と音質

音はなるほど、と納得しました。テンションが低く、弦が凄く柔らかい。弾きやすいし、温かみがあって心地よいです。コードで弾くよりフィンガースタイルなどに向いているかもしれません。

音の雰囲気はK.Yairiに似ているなと第一印象で思いました。

一般的なアコースティックギターよりもふくよかで、豊かな中低音、ボディに響くしなやかさ。しっとりしていました。

ただ、多分他のPRS SEシリーズ同様出荷時に張ってある弦はかなりグレードが低いんじゃないでしょうか。

なんとなく煌びやかさが足りず、安っぽい響きがありました。これはしっかりとしたグレードの弦に変えることによってかなり良くなる、というかすごく良い音になると思います。

PRS SE angelusの総評

正直なところあまり外観が好きになれないのが、個人的な感想です。

自分はエレキにおいてはPRS以外に興味がもてないほどポールリードスミスのファンで、実際に愛用していますが、ちょっとこのPRS SEのアコギは外見的に安っぽい部分が目立ちます。

PRSファン、愛用している人は特に、本家PRS Angelus Cutawayや本家エレキギターの木材や素材感と比べてしまうので余計良くないのでしょう。

外見は気にならない!という人や、これから一本目を購入しよう、あるいはどうしてもPRSのアコギの形が良い!という人にはオススメです。

弦さえ交換すれば、これは凄く良い音のギターだと思います。もし4万円や5万円で売っていて、外見が好みの人は是非買ってください。この音はその値段ならお買い得です。

今回はちょっと辛口でしたが、PRS SE Angelus、アコースティックギターの評価・レビューでした。

ちなみもうすぐ日本への輸入が中断されると店員さんが言ってました。

品薄になって手に入らなくなるかもしれませんから、迷っている人は今のうちにサウンドハウスさんで購入してもらうと良いかも。

Top: Solid Sitka Spruce
Side: Mahogany
Back: Solid Mahogany
Neck: Mahogany
Fingerboard: Rosewood
Bridge: Rosewood
Fingerboard Inlay: PRS Bird Inlays
Rosette: Wood
Binding: White
Nut: Bone
Saddle: Bone
Machine Head: Original/Chrome
Pick Guard: none
Pick up: Original
Nut width: 43mm
Scale: 645mm
Case: Origina Hard Case