【プレゼン術】言葉は少ない方が伝わる

誰かと会話をする時、大したことでなければダラダラと雑談も良いです。
ただ、何かを伝えたい時は言葉が長いと伝わりません。

伝える側は、なるべく伝えたいので長くなりがちなのです。
例えば次の2つの例を見てみます。

DSC_5366

とある車の営業マン

Aさん
「この車は、今年の4月に発売されたばかりのエコカーで、以前のモデルよりも燃費がリッター5キロもプラスされています!それだけでなく、ラゲッジスペースも拡張されていてゴルフバッグも余裕で入ります。オプションも豊富にあり、シートの色やホイールなどもお好きな色に変えれるんですよ〜。ボディも限定カラーの特別色は5台しか入庫しないので、本当にお勧めですよ!」

Bさん
「この車は、今最も人気のあるモデルです!以前よりも燃費が良いのに、車内が広くなったんです!座ってみますか?」
Aさんは言いたいことが多すぎて、結果的に何を伝えたいのか見失ってしまいます。
話が飛びすぎたり、繰り返されると聞き手がポイントを失ってしまいます。

 

一方、Bさんは「新しい、燃費が良い、広い」に絞ってプレゼンテーションしています。
もちろん、お客さんのニーズに合わせて内容を変えます。(色をこだわるひとなら、限定色だけ押すなど)

bmw_120i_5

とあるデザイナーの打ち合わせ

Cさん
「ここのデザインのレイアウトがちょっと色が気になるんだけど、こう、今回のテーマが青色をベースにしているわけだから、ピンクとかじゃなくて一貫性をもたせたほうが良いと思うんだよ。他にもフォントのサイズがオカシイけど、とりあえずはここの文字の上をピンクじゃなくて、もっと別の…。」

Dさん
「このピンクのデザイン案も面白いですが、今回は紙面の雰囲気を青一色で行きましょう!どうでしょうか?」

 

Cさんは思いついたまま会話を続けています。
Dさんは「雰囲気を青一色で行きましょう!」と包括的に提案しています。
このように、ポイントを絞ってプレゼンテーションするのは相手に伝えるのに有効です。

 

CEOも使うテクニック

最も有名なプレゼンテーションにオバマ氏の演説「Change(チェンジ)」があります。
“We can CHANGE – Yes, we can.” (=私達は変われる、そう私達はできます!)
という短いフレーズを使いました。

日産のゴーン社長も、「コミットメント(目標必達)」をテーマとして、繰り返し発言しました。
他にもスティーブ・ジョブズは「iPodはガムより小さくて軽いんだ」とシンプルにPRしました。

このように、誰かに伝えたい事は「一番言いたい事を」短くして発言するのが有効的です。
会議は発言が長ければ良いというものではありません。
ぜひとも短いフレーズでのプレゼンテーション、挑戦してみて下さいね!