【ナヴァラサ】ダージリン紅茶キャッスルトン茶園

伊勢丹のオリジナル紅茶ブランド”ナヴァラサ”
今回は2015年の夏摘みされたばかりのダージリンティーを紹介します。

DSC_0923

商品名 ナヴァラサ ダージリン2015年 セカンドフラッシュ
産地 キャッスルトン茶園
品種 スペシャルチャイナ
ロットNo. DJ-125 グレード FTGFOP1 収穫年月 2015/06
購入価格 50g   1,944円(小缶)購入店 新宿伊勢丹

DSC_0932

リーフの特徴

リーフの特徴は白毛などは少なく、深い色合いをしています。
開封した瞬間から吸い込まれそうな奥行きのある茶葉の香りが立ち上ります。

紅茶の良し悪しというのは、数多く飲まないと判断がつきにくいですが
初心者でも分かりやすい判別方法の一つに、新品の缶を開封した時に
閉じ込められていた香りが、ぶわっと広がるかどうかにあります。
開けた瞬間に、その紅茶の世界観が広がるような茶葉のほとんどは抽出しても美味しいものばかりです。

DSC_0939

抽出と色合い

メーカーの推奨する抽出方法は、分量3gに熱湯300mlで抽出を5分。
一般的にはティーカップ1杯(150cc)に対して2.5~3.0gで3分を推奨される事が多いので
同じ3gでも2倍の湯量を淹れれることになります。

ファーストフラッシュとは異なり、色味は深いオレンジ。
透明感が高く、琥珀のようなニュアンスも感じさせます。

DSC_0953

テイスティングレポート

僅かに熟れたマンゴーの皮のような香りを感じられ、ぶわっと濃厚なにおいが広がります。
色はすっきりとしているのですが、香りは清涼というよりは重厚感のあるダージリンです。

酸味は一切なく、渋みも極力抑えられています。
ツンと突き刺さる渋みではなく、美味しい緑茶のように後からジワリと広がるような渋みで心地良ささえ感じます。
ファーストフラッシュにありがちな爽やかな演出はありませんが、王道のダージリンと言えるほどに堂々たる味わいに仕上がっています。
アーリーファーストフラッシュが20代前半の女の子だとしたら、このセカンドフラッシュは凜とした麗しい40代の女性と言えます。
温度が下がってくると、僅かにクルミに似た香りがあります。

2煎目の特徴

ナヴァラサでは1煎目しかお客様に出さないと聞きましたが、ゲスト用でなければ2煎目も十分に楽しめる茶葉です。
2煎目を淹れるには、温度を沸騰直後の100度に近い状態で入れて5分程蒸らすのがオススメです。

このキャッスルトン茶園の2ndはボルドーワインのシャトー・ムーラン・オーラロックにとても似ています。
舌にまとわりつくような旨味と、くどすぎない重厚感。タンニンが極力抑えられているところは紅茶とワインという全くの別分野であっても共通点を強く感じさせます。

キャッスルトンの別の区画との比較

正直に言ってしまうと個人的には、ミム茶園やアリア茶園のような焙煎が強いダージリンの方が好みで欧米ではその方が評価が高いです。
ですが、今回の2015年キャッスルトン茶園のスペシャルチャイナは焙煎党でも唸るような仕上がりです。

ナヴァラサ伊勢丹店では、ホワイトシャイニーディライトやマスカテルDJ-126、ムーンライトなど
更に優秀な茶葉が揃っており、そちらは味わいも透明感があり余韻のキレが良い物もあります。
ただ全体的に思うのが価格が少し高すぎるという点です。
35gで4,860円。100g換算で14,000円は代理店のコストと、ボジョレー・ヌーボーのようなお祭り価格が含まれている様に思います。

このロットは50g で1,944円と常識的な価格なので、普通に紅茶を楽しむのであればこのくらいの価格帯が良いですね。
今シーズンのダージリンを楽しむのには一押しのリーフと言えます。ぜひ店舗でお試し下さい。

DSC_0933

説明書より抜粋

ダージリン南部標高約1,065~1,600mに位置する小さな農園です。
たびたび最高値で取引されることで有名な格式高い農園のひとつです。
約150年前に中国から伝わってきた貴重なピュアチャイナ。
チャイナ種ならではの引き締まった茶の味わいは、熟れた果実を思わせる甘く香ばしいマスカテルフレーバーの魅力を一層深めています。
きりりと澄んだオレンジ色の水色も美しいセカンドフラッシュティーです。

Navarasa – リーフル

シャトー・ムーラン・オーラロック