BMW 120i レビュー

bmw_120i_top

BMW プレミアムコンパクト 120i (F20)

BMW特製プレミアムカーである、1シリーズ。
1シリーズとは、BMWでエントリーモデルとなる、一番価格設定の手頃な車で
一つ下のグレードに関して言えば116iが308万円から購入する事ができます。
とは言えフルサイズのスバル インプレッサWRX STIが315万円という事を考えると、
いかに輸入車が高価で道楽であるか実感してしまいますね。

主に5シリーズや3シリーズのセカンドカーとして、もしくは車の寸法上、都市部での選択が
1シリーズしか無い場合などに選ばれているようです。
競合するAUDIのA1が275万円からというのを考えると、アウディの価格設定の上手さを感じます。
ですが、競合のA1は1400ccなのでよりパワーも非力でヴィッツクラスの国産に近い排気量となっています。

この120iの特長は、国産ファミリーカークラスのサイズに170馬力のエンジンを詰め込んだ事で、
国産のホットハッチの筆頭であるスイフトスポーツが136馬力であることからも、
120iはこう見えてもかなりの”熱い”モデルです。
更にトルクは25.5kgで、E90の320iを凌ぐトルクで、低速からガッツリと加速する事もできます。
そんな立ち位置の少し不思議な120iを紹介してゆきます。

bmw_120_2i

 

120iのスタイリング

先代の1シリーズよりもより先鋭でシャープなデザインに進化を遂げました。
サイドラインは国産にはないカッチリとした折り目が入り、強烈な印象を与えます。

また、背面のデザインもバランスが取れていて、さすがBMWと思える美しさです。
後部席のリアウィンドウをゆるやかに下げていくという手法をとっている為に、
横から眺めた時に、一見クーペのようなニュアンスを感じる事ができます。

乗車時の居住性や快適性を最重要視する国産車とはコンセプトが異なりますね。
例え予算的に1シリーズしか買えない場合でも、十分にBMWを感じられるスタイリングで妥協は一切ないと感じます。
塗装のアルピン・ホワイトのソリッドカラーもため息が出るほど美しく、パールカラーには無い魅力を感じます。

ドアやリアバンパー、ボンネットに渡るまで鋭利でシャープなラインが入っているため、
シャドウ&ハイライトが綺麗に出て、影のコントラストが芸術品のようです。

bmw_120i

 

走る喜びはもちろんの事、休日にオープンカフェに停めてカプチーノを片手に眺めても様になるコンパクトカーです。
フロントライトのデザインは奇抜で、慣れるまでに少し時間が掛かりますが、新しさというのも
演出されていて、慣れてしまうととてもかっこ良くみえます。

コンパクトなサイズでありながら、ボディの作りこみがしっかりしているために大きな17インチホイールを履かせてもなんら違和感を覚える事がありません。
さすが走りを重視したモデルなだけあります。

bmw_120i_4

 

120iの走行性能

120iに初めて乗り、走りだした時は驚きを感じました。
黒コショウのように、小さいけれどパンチのある。強烈な加速を体感できます。

3シリーズにある、しっとり感が抜けて、元気!な仕上がりになっています。
ゆっくりアクセルを踏めば、丁寧に乗ることもできますが、アクセルをガツンと開けると
一瞬の遅れもとらずに、ボディが後輪で蹴飛ばされてグイグイと加速してゆきます。

このエントリークラスでもFFを採用せずに、FR駆動にしたというのに感動しました。
残念ながら、走行性能を重視したために車内空間は少し狭く、後部席に関しても
国産のFF車両のように、広々快適、という訳にはいきません。
この120iはセカンドカーのように思えて、ドライバー自身がとても楽しむことができるモデルなのです。

また、3シリーズと比べてコンパクトなので、ワインディングロードを走り抜けても、その走行性能の高さに驚きます。
エコモードからスポーツモードに切り替えると、とたんにアクセルのレスポンスが良くなり、
隠れていたエンジンの素性が露わになります。
「シルキーシックス(直列6気筒エンジン)のBMW」、と評論家などに言われていますが、この4気筒のエンジンでも十分に素晴らしいもので、回転数を上げても息継ぎせずに滑らかに加速してゆきます。
軽量なのも相まって、中速域では強烈な加速を見せ、ハンドリングもFRそのもので、国産の2リッタースポーツカーに近く、素直な操作性を見せます。近年リリースされたトヨタ86を試乗する機会がありましたが、この120iは新型86に追い迫るパフォーマンスを感じさせます。

bmw_120i_3

 

1シリーズはどれが良いか。

116iはイニシャルコストこそ安いですが、贅沢を言ってしまうとパワーに不足を覚えます。
この120iが一番バランスの取れたモデルで一押しです。
1シリーズの中にはM135という、直列6気筒3リッターターボエンジンを載せた怪物のようなモデルもありますが、
例えば8割の日常と2割の休日の旅行といったバランスで考えると、120iが一番秀でると言えます。

カタログスペックや、写真ではイマイチかと思っていましたが、実際に運転してみるとガラッと印象が変わります。
興味があればディーラーでも、必ずと言っていいほど試乗車があるので冷やかしに行ってみて下さい。きっと気にいるはずです。

BMW M135i

イベントに参加する機会があり、1シリーズの最上位グレードのM135iに試乗しました。
形状はまさに120iとそっくりで、直列6気筒3リッターで最高出力320馬力というマシンです。

恐る恐る乗ってみると、エンジンは低い音で唸り静かな振動と共に発進します。
坂道を登って行くルートでも、一切車重を感じさせない軽快さでグイグイの登ってゆきます。

峠道を走るイベントルートでしたが、ごくスムーズに回るエンジンと固めのサスペンションによりスポーツモデルというのを意識します。
軽量でコンパクトなボディのため、国産のスポーツカーのようなニュアンスも持ち合わせています。
加速のフィーリングは335iの車重を200キロ以上減らしたようなフォーリングで、まさに軽快と言えます。
ハンドルもグイグイと曲がっていくので335iよりも早いかもしれません。

面白いことに試乗するまでは”120iよりも、よりパンチのある黒胡椒タイプ”と思っていたM135iは、そういったはじけるような感覚は無く、
どちらかというと研ぎ澄まされて、”滑らかなシルク”のようなニュアンスでした。
トルコンのATミッションも以前より格段と改善されているために余計に滑らかでトゲを感じないモデルとなっています。

どちらかと言うと、この120iの方が元気があって、スポーツモードにするとピーキーな楽しいドライブを堪能できると言えます。

bmw_120i_5

 

BMW 120iの購入

120iはBMWの中でも手軽な価格でありホットモデルであり販売店は多いです。
今回の車両をお借りしたのはBMWの正規ディーラーであるサンセイBMWです。

静岡を拠点に展開しているBMWディーラーですが、120iを検討しているのであればサンセイBMWに相談してみて下さい。
正規ディーラーなので最長5年間の延長保証や代車などのサポートを受けることもできます。

また、全国共通の保証なので、東京・大阪・名古屋などにお住まいでも地元のディーラーでサポートを受けることができます。
新車在庫も多く、新車でありながら都心よりも有利な価格で購入できる事もあります。
地元の販売店よりもお得に購入できる場合もあるので、一度問い合わせ&見積もりを出してみることをお勧めします。

静岡営業所 [BMW i 販売店]

〒422-8051 静岡県静岡市駿河区中野新田175-1
TEL:054-284-1351  営業担当:重岡(シゲオカ)

営業時間:9:00~18:00       9:00~18:00(日曜日・祝日)
定休日:新車ショールーム 月曜日  サービス  月曜日

個人的な話となりますが、サンセイBMWは新車だけでなく中古車もお勧めできます。
335iと320iをサンセイBMWで購入していますが、10万キロ走行してもトラブル無く快適です。
厳しい納車前の整備で、不安の残るパーツを全て交換してからの納車になります。

どのモデルでも用意できるので、ぜひ静岡営業所の営業担当シゲオカさんまで相談してみて下さい。
見積もりだけでもOKです。こちらの記事を読んだ事を伝えていただければ、スムーズに商談ができると思います。