【2016年最新】9月、10月のメンズファッションはこう着こなす!

8月も残すところあと半分。

デパートやセレクトショップはもはや秋冬ものの入荷を始めているけど、実際のところ9月、10月て何を着ればいいの?どんなファッションがお洒落?そんなことが気になっているあなたに。

今回は秋の中でも難しい、9月と10月に焦点を合わせてファッションを解説していきます。

9月は夏と色合いを変えていこう

napoli shirts

9月になった!さあファッションを変えよう、というその意気や良しですが……。

現実的に9月の気温は8月からじっくりと変わっていくだけであり、その数字が変わったからといって一気に秋模様になるわけではないのです。

そういうことで9月1日になったからといってメンズファッションは大きく変わる訳ではありませんが、実際には人の心は8月の末にもなれば大きく方向を変えているものです。

8月1日には真っ青の海と砂浜、夏雲が遠くに浮かぶビーチで遊ぶたくさんの人々を想像することができます。

ですが8月31日に想像できる海といえば、残念ながら夕暮れの閑散とした海岸を犬と散歩するおじさんの姿くらいでしょう。

ですからファッションも少しずつ気分を変えていきましょう。例えば真っ青のアイテムや、ハーフパンツなどをさりげなくコーディネート外していくこと。

summer shirts01

エンドレスサマーだぜ、と服がしゃべるようなこんなシャツを着てしまわないことです。

こういうことに気をつけていくだけで、お洒落のレベルはアップするものです。

もっと上級なお洒落をしたければ、ボルドーやブラウンなどの色合いのものを取り入れていくこと。オレンジなども良いですね。

こういった色合いのものはもともと秋冬向けで素材が分厚いものも多いので注意が必要ですが、ボルドーのなんでもない綿シャツなんかを持っていたら、この時期にはぴったりです。

9月は残暑のひどい日も多いですから、薄めの素材の服をまだまだ活用していきましょう。

 

banner-cavalieri-01

 

いきなり冷え込んだときのためにアウターを一枚

knit-shirts

さて、いくら9月にまだまだ暑さが残るとは言え、夏はいつまでも居座らない。暑いと思っていたら、急に夜になって冷え込んだ、なんていうことも少なくありません。

そういうわけで、暑いと思う日も男性諸君はアウターを一枚持っておくと良いでしょう。簡単なニットなどが一番おすすめです。写真はハイゲージニット。少し編み目の荒いミドルゲージのニットであれば、丸めておいてもそれほどシワになりませんから、バッグに入れておけば邪魔にならずに持ち運べますね。

え?ちょっとくらい寒くても大丈夫?

何をおっしゃいます、もちろんアウターは彼女や友達のために持ち歩くんです。暑いと思ってノースリーブのワンピースで出かけてきてしまった彼女や女友達が、9月の夜風で可愛いくしゃみをしたときに、それを放っておく男など男ではないということです (?)。

人生においてそのアウターは一度たりとも活躍しないかもしれません。そんなことは、どうだって良いのです。いざそのときがやって来たとき、後悔をしてはいけないのです。

10月は軽めの着こなしを維持して

jackets

さて、そうこうロマンチックな妄想をしながら9月もあっという間に過ぎていき、10月にもなったら。服装はいよいよ本格的に秋のメンズファッションへと転換していきます。

秋のメンズファッションといえば、紅葉の色をモチーフとした絶妙なカラーコーディネート。軽快でありながらも暖かさを感じさせるロロピアーナのウールカシミアを使用した軽いサキソニーのジャケットに、わずかに起毛感のあるコットンパンツを合わせて、クロケット&ジョーンズのスウェード革靴を合わせて……。

なーんてことが出来る人は、こんなページを見ておらずに秋冬物を十数分の日光にさらして、ムシューダの残留薬物を飛ばしておくことです。

上の文章を読んで「ん? インディ&ジョーンズの靴?」と思ったあなたは幸いである。このページはあなたのためにある。

10月のメンズファッションは簡単に言えば、野暮ったく重くなりすぎない秋冬ファッションです。

とにかく秋も本番になると服の素材が秋冬のごわごわとしたウールなどに変わってくることもあって、のっけからフライングして重くなりすぎな人が後を絶たないのですが、これがいけません。

秋冬とは言えまだ人々の気持ちが明るい10月には、シャツとジャケットでのジャケパンスタイルや、カジュアルシャツとニットの重ね着など、オールシーズンの服を重ね着するくらいの気持ちでいると良いでしょう。

Antonio Panico (Jacket) Loro Piana (Denim) Salvatore Ferragamo (Shirts)
Antonio Panico (Jacket)
Loro Piana (Denim)
Salvatore Ferragamo (Shirts)

おすすめは上の写真のように中厚の生地のジャケットを、シャツと合わせて着ること。

気温的にちょうどいいのはもちろんのこと、オールシーズンと言われるジャケットは、10月頃にもっとも快適に違和感なく着ることができます。

先ほど重い物を先走って着てはいけないと書きましたが、逆に10月にもなってリネンのシャツを着ているのも、お洒落な感覚がないと思われてしまいます。

イタリアファッションを愛する人々は重量のあるピュアリネンやカシミアリネンを晩秋まで着こなしたり、コットンリネンをオールシーズン素材として扱ったりしますが、彼らはプロフェッショナルなのでそういうことが出来るのです。

例えばユニクロのフレンチリネンシャツは夏っぽい色であれば8月一杯が限界、他の色でも9月中に着るべき服ですね。

 

いかがでしたか?

今回は9月、10月のメンズファッションについて解説してみました。

是非参考にしてくださいね!