モテそうで、モテなかった事ランキング

世の中甘くないですね!
20代も後半戦に入り、躍起になってモテる事を探して試したものの、実際にはモテなかった事ランキングを公開してみます。

5位 お花

もともとバラが好きで、6月になると河口湖のローズガーデンに通っていました。
素敵な女性というのはきっとバラや花が好き。そう思っていた時期がありました。

サンルイヴァルサンランベールの花瓶を買って、部屋にバラや百合を飾ってみたものの実際には「まじか…頭おかしいんじゃないのか…」と思われます。部屋に花台を置いて花瓶に50本以上飾るのは上級者向けでお勧めしません。「中でもイングリッシュローズのカップ咲き、ダマスクの香りがする品種が好きなんですよ〜」なんて言った日には、よほどバラ好きな女性でない限り「ヤバいやつだ!」と思われてしまいます。

4位 高級車

これも男性が考えるモテそうでモテないものです。
「果たして新車価格1000万円程度のBMW 640iが高級車と言えるのか…?せめてマセラティのクアトロポルテ、いや最低でもベントレーのミュルザンヌ…。」などといった意見もありますが、そういう問題では無いのです。
港区では当たり前で「僕、自転車持ってるよ!」程度にしかなりませんが、少なくとも静岡みたいな地方ではドン引きされます。バラよりはマシですが持っていても黙っておいた方が懸命です。

3位 ワイン

「はっしーさんってワイン詳しいんですね〜〜♡」と言われた時は、百戦錬磨で死ぬほどワイン飲んできた女性にド煽りされているか、本当にワインのワの字も知らない女性のどちらかです。
ワインを飲んでお洒落!って思う女性の場合、一緒に飲んでも「飲みやすい」「飲みにくい」でしか判断されませんし、前者の百戦錬磨な女性ですと「軽いブショネがするからボトル変えてもらって…」と囁かれます。
いずれもモテるためにワインを趣味にするとエライ目にしか合わないのでやめた方が懸命です。

2位 パーティー

静岡の小さなバーで飲んでた時に「あ!ホームパーティーの人だ!」と突然会った女性に言われたことがあります。一昨年あたりT氏の集客によって自宅で10~25人でホームパーティーをしていた時期がありました。
なんのことは無いただ、私がひたすら料理を作って、お酒を作って、たくさんある食器を自慢するというシンプルなものでしたが、モテると言えばモテるのですが(主催ですので)パーティーを楽しむどころではありません。

前日より買い出し、料理の仕込みをしてお酒を冷やして当日はテーブルセッティングと大量の調理、冷えたものを先に並べ、順番にメインディッシュに火を入れていると、気づいた頃にはパーティーが終わっています。
片付けを終えてせいせいウイスキーを飲む頃にはマンションに一人になっています。確かに楽しかったのですが、料理を披露したい人以外はお勧めできません。

ちなみに男子から劇的にモテて、「はっしーさんは最高です!本当に人生の目標です!」「こんな楽しい時間は初めて!」と感動の声をもらうことができます。シメの手作り鶏ガラスープのラーメンを出したときは拍手が沸き立ちそうな勢いでした。

1位 料理!w

パーティーの流れですが、こだわりすぎるとモテ無いNo1は料理です!
この恒例パーティーで多く女の子達に料理を振る舞いましたが、笑いながら「なんか凄すぎて引く!」と言われました。夏は自家製のパンとマカロン、パテ・ド・カンパーニュ、ラタトゥイユに…。と一生懸命作った料理を並べるのですが、「凄い!」の一言…。

これもまた男子から絶大な支持を受けることができます。

「ほんとに最高です!店で食べたものより美味しい!」

ありがとう!

そして、先程出た百戦錬磨で死ぬほどワイン飲んできた女性と共に静岡を去りました。
(もしかしてモテてる?)

東京で苦労して生活している話はまた別の機会に…。

おわり