ビジネスシャツ(ワイシャツ)は私服で着れる??

シャツスタイルはスマートでお洒落な印象がありますよね。

そういえばLEON レオンのような雑誌を見ていると、しっかりとした襟のYシャツをカジュアルで着ているような……ビジネスシャツを私服で着るのってありなの??

どこであのお洒落なシャツは手に入るの??

そんな疑問にお答えします。

 

Yシャツじゃないけどきっちりしたシャツの正体

shirts1

実はレオンを始めとして様々なメンズファッション雑誌でモデル達が着用しているお洒落なシャツは、ビジネスシャツ(ワイシャツ)ではありません。

彼らが着ているのはあれでも、皆さんが私服で着ているのと同じカジュアルシャツなんです。

「でも全然きっちりしてて、カジュアルって感じじゃない!」

とそれもそのはず、あれはドレス仕立てのカジュアルシャツと呼ばれる、いわばビジネスシャツ的なフォーマル感をカジュアルに落とし込んだイタリア人の定番アイテムなのです。

ちなみにイタリア製のシャツがこういったタイプのメインなので、お店で「インポートシャツを見せて」と頼めばこういったシャツを出してきてくれる可能性が高いです。

imported-shirts

そういうわけでなんとなくお洒落で、カジュアルなのにきっちりとして洗練された印象のある着こなしが出来るわけなのです。

こういったシャツの特徴は以下の通り。

・胸ポケットが一切ついていない

・ワイシャツのように薄手の生地

・シャツイン(タックイン)が前提の長丈

・ものによっては襟にカラーキーパー

またドレス仕立てのカジュアルシャツの場合には、シャツ単体で着ることも十分に想定されているため、身幅が絞ってあったりすることも多いです。

ではどこで売っているのか??

こういった仕様のシャツを多く作るブランドの中で品質が良いとして定番になっているのは、ほとんどがイタリアのやや小さなシャツファクトリー。それを日本の百貨店やユナイテッドアローズなどの大手セレクトショップが輸入して販売しているというのがほとんどです。

こういったシャツを多く輸入し、販売しているショップは以下の通り。

・ユナイテッドアローズ

・ビームス

・シップス

・エリオポール

・エディフィス

・トゥモローランド

・エストネーション

・伊勢丹メンズ新宿店

そしてこのようなドレス仕立てのカジュアルシャツで有名なイタリアのシャツブランドは以下の通りです。

・ルイジ ボレリ

・フライ

・サルヴァトーレ ピッコロ

・フィナモレ

・エッリコ フォルミコラ

・バルバ

・オリアン

・ギ ローバー

・アレッサンドロ ゲラルディ

・ダノリス

・グランシャツ

・カルーゾ

などなど。

値段はまちまちですが、平均は1着2万2000円〜3万円程度。フライなど一部の高級シャツが4万〜5万円といった値段帯になっています。

実はこういったシャツはあまり着る人が多くないという理由から、売られているところが非常に限られています。都心部に住んでいれば適当なセレクトショップに入るだけですぐに見つかりますし、伊勢丹メンズに行けばいくらでもこういったシャツが売っていますが、地方部ではほとんど手に入りません。

そういうときにはネットで買うのも手です。

こういったイタリアの堅実なシャツメーカーのシャツというのは、ハイブランドのものと違って偽物もほとんどないため、オンラインでも買いやすいアイテムと言えなくはないでしょう。

ネットで買う時にはサイズに注意。

37 S

38 S-M

39 M

40 M-L

41 L

42 XL

といった感じです。シャツによってはややウエスト回りが細かったりするかもしれませんが、ドルチェアンドガッバーナのようにボタンが留まらないほど細身ということは無いでしょう。

ただしどのシャツもイタリアサイズなので、袖丈は必ず長めです。必要に応じてお治しに出す必要もあるかもしれません。

いろいろと書きましたが、お洒落なアイテムなので是非手に入れましょう。

 

もっと安く欲しい人のためのドレス仕立てシャツ

nano・universe

ちなみにインポートのシャツが2万円〜という値段に、驚いた人も多いでしょう。

すでに感覚の狂っているイタリアファッション好きからすれば「シャツは安いから良いよね」ということになるのでしょうが、正直普通の人にとったら気違いのように高いです。

そこでおすすめなのが、これらのインポートシャツに近いニュアンスで仕立てられた日本製のシャツ。

もちろん袖付けが手縫いじゃなかったり、生地のグレードがやや低かったりといった微妙な違いはありますが、ほとんど同じようなデザインながらも13000円程度で手に入るのが魅力です。

そんないい感じのシャツが出に入るのが、以下の③つ。

・ユナイテッドアローズ(メインライン)

・ビームスF

・ナノユニバース Library TOKYO

まずはユナイテッドアローズですが、こちらはやや生地のグレード等は下がるものの、綿100%でイタリアシャツ風のデザインのものが1万5000円前後で買うことができておすすめ。

ビームスFはビームスの中でも大人向けの服のみをラインナップしているブランドラインだけあり、しっかりとした作りで生地感の良いシャツを扱っています。

ナノユニバースはエッリコ・フォルミコラに近い雰囲気のシャツを13000円程度で。ものによってはイタリーのインポート生地を使っていたりと、ナノユニバースとは思えないほどクオリティーに追求したシャツを扱っていたりもします。

ぜひチェックしてみてください。

 

ワイシャツはカジュアルに着れるのか

jacket-shirts-style19

で、タイトルの話になります。

ビジネスでスーツの下に着ているワイシャツはカジュアルで着れるのか。ということですが、残念ながらこれは無理だと言えるでしょう。

何より普及しているワイシャツは形状安定やポリエステル混のものが多く、こういうものをチノパンやデニムと合わせても滑稽な着こなしになってしまいます。

綿100%のものだったとしても、身幅が広くて胸ポケットがついているなど、いかにもビジネスシャツっぽいものを持っている人が多いのではないでしょう。

そういったシャツは残念ながら私服では着れないと思った方が良いでしょう。

ただしワイシャツ(ビジネスシャツ)とは言っても、ある程度質が良く、胸ポケットがないスマートなシルエットのものであればカジュアルにも使えます。

それでもやはりシャツスタイルを目指すのであれば是非、インポートシャツやその雰囲気のあるカジュアルシャツを購入しましょう。

 

いかがでしたか??

今回はドレス仕立てのカジュアルシャツと、ワイシャツがカジュアルに使えるかどうかについて解説してみました。

ぜひ参考にしてください。