【必見】安いスーツを+3万円以上高く見せる着こなし方

安いスーツしか買えなかったけど…あまりに安っぽい!

予算的に安いスーツしか買えないんだけど、どうにかして高く見せられない??

そんなあなたのために+3万円以上スーツを高く見せるわざを紹介します。

ポケットチーフを差す

簡単にスーツのグレードをワンランク上げることができるワザと言えば、ポケットチーフ。

スーツのポケットは基本的に飾りであるため、使わないことになっていますが、ポケットチーフだけは別です。

paul-smith-suits5

ポケットチーフの具体的な差し方はいろいろなところで紹介されているので割愛させてください。

重要なのは色選びと素材。

白シャツを着ている人は基本的に白でOK。それ以外の場合はシャツの色や、ネクタイの柄の一部などから色を拾ってコーディネートしましょう。

また、素材は必ずシルク100%のものを。

スーツを高く見せたいのに、ポリエステル100%のポケットチーフでは効果がでませんよね。

シルクにも質の良いものと悪いものがありますが、ポケットチーフの場合は楽天市場などで1000〜2000円程度のものを購入すればまず失敗はないと思います。

靴を綺麗にする&出来るだけ良い物にする

人間足元を見られるもんですねー。いろいろ。

靴が綺麗かどうか、お洒落かどうかによって着こなし全体の印象が変わります。

良い靴と言っても2万円弱で買えるものであれば、ずいぶん好印象。例えば新しい人と会うとき。そんなときだけでも、第一印象で勝負するには良い靴を履いていきたいものです。

是非一足「勝負靴」を用意しましょう。

DSC_1059-300x225

写真は純国産ブランドの、スコッチグレイン。

DSC_1043-300x200

ソールもしっかりとしています。

また、靴を脱ぐ機会のある人は特にインナーも意識しましょう。

「機能的!」と言って中がメッシュやスポンジなどになっているものもありますが、それでは安っぽい印象があり、安いスーツをさらに悪く見せてしまう。

ぜひインナーもお洒落な靴を。

DSC_1048-300x205

ネクタイは色数が少なめの&柄が控えめものを選ぶ

ネクタイを選ぶとき、ともするといろんな色を使った派手なネクタイを選んでしまいがち。

でも実際には使われている色が多ければ多いほど、柄が複雑なほどネクタイは安っぽく見えてしまいがち。特に安いスーツを着ているときには、ネクタイはシンプルであればあるほど良いです。

例えば色数がやや多いネクタイ。

suit-neckties14

そこまで悪くはないのですが、でも高級そうには見えません。

しかし代わりに、シンプルな白シャツにシンプルなネクタイを合わせると、ずっと洗練された高そうな印象になります。

suit-neckties13

サイズの合ったスーツを着る

これからスーツを買う場合には、絶対にジャストサイズのものを買いましょう。

大きすぎるスーツは野暮で安っぽく、センスがなくみえてしまいます。

suit1

今は細身のシルエットや短めの丈が流行で、それがカッコいいとされています。

スーツのトレンドや流行は変わるのでそこまで細身のシルエットにする必要はありませんが、ある程度体にピッタリとしたスーツを選びましょう。

また、今あるスーツを加工することも可能。

服のお直し屋さんやリフォームに行けば、袖丈を短くして自分に合わせたりできるのは勿論、ウエストを絞ったり、スーツ上着の丈そのものを短くすることも可能です。

袖丈を短くするのは3000円〜5000円程度。

ウエストの詰めは4000円〜5000円程度。

この辺りが相場のようです。

もちろんどのくらい短くしたり詰めたりするかは店舗で店員さんが見てくれます。自分ではどのくらいのサイズが良いのか分からない人も、心配する必要はありません。

お直しは以外とお金がかかりますが、その分値段に見合った、ずいぶんお洒落な着こなしができるようになります。

正しい着こなしを身につける

例えばスーツの前ボタンは立っているときには必ず締め、座ったら開ける。

ボタンは全部締めてしまわず、下のボタンは常に開ける。

そのようにスーツの着方には、あまり知られていないけれども重要なルールがたくさんあります。

そういったルールを知り、正しく着こなせば安いスーツでも高く見せることができるものです。

DSC_7216

スーツの正しい着こなし方をもっと良く知りたい人は以下の記事から。

『脱フレッシュマン!!お洒落なモテる大人のスーツ着こなし術』シリーズ

①スーツのサイズだけでイケメンになれる

②仕事後に必ずモテるネクタイの使い方

③休日こそ遊びスーツ

④意外と知らないボタンの止め方

⑤スーツのポケットをこう使えば必ずモテる

そして正しい着こなしを自信を持って突き通すのが重要です。

それではスーツライフをもっと楽しみましょう。