【入門】いくらのギターを買うべきか?

これからギターを始めたい!けれど、いくらくらいでどんなギターを買ったらいいの?

そんなこんなギター選びで困っている人のために、 今回は初心者がいくらのギターを買うのがおすすめか、種類別に紹介していきます。

ギター選びには色々な考えがありますので、参考までにどうぞ。

アコースティックギターは4万円ほどが良い

guitar_pick08

アコースティックギターを始めたい人は多いですが、アコースティックギターという楽器は選び方を間違えると練習が辛くて、続かず途中でやめてしまう人も多いです。

そういうわけでアコースティックギターを買うときには、あまりに安いものは避けた方が良いです。これはなぜかと言うと、安いギターは弾きにくいからです。左手はずいぶん力を入れないと音が出ないし、右手で弾いてもしっかり鳴ってくれない。そういうギターではいつまで経っても自分が上手くなった感じがしないし、実際にギターを弾く感覚が掴みにくいです。

特に1万円〜2万円代のギターはあまり実用的でないものが多く、さながらおもちゃのような作りのものも少なくありません。

しかし4万円以上になると、アコースティックギターはいきなり作りが本格的になってきます。1万円〜2万円の入門用の格安ギターというのは、安いという理由だけで売れるので作りはひどいものですが、4万円以上のものは音が良かったり弾きやすかったりという理由がないと買ってもらえない。

だから作りが良いものが増えてくるのですね。ちなみに4万円付近であまりに見た目がゴージャスなものは、音がないがしろにされていることが多いので注意です。4万円ほどで、オーソドックスな外見のアコースティックギターが入門には一番適していると言えます。

エレキギターは好きな物を買おう

guitar_prs17

アコースティックギターに比べ、エレキギターは弾きにくいと言っても限度があるし、アンプで音を出してしまうのである程度安いギターでも練習にならないということはありません。ですので、もしお試しで初めてみたいのであれば、全部セットで2〜3万円の入門ギターセットを買えば問題なく練習していけると思います。

とはいえ、エレキギターは非常に好みの要素が大きい楽器です。あえておすすめしたいのは、自分がエレキギターを始めたいと思うきっかけとなった憧れのギタリストがいれば、その人の使っているものに近いギターを買ってしまうことです。

例えそれが、PRSの30万円のギターでも個人的には問題ないと思います。

もちろん途中で挫折してしまった場合には高い買い物になるかもしれませんが、しっかりとしたギターを買えば練習のモチベーションも上がりますし、弾きやすく音も良いので練習の成果も出やすいですね。

また格安ギターや1〜4万円のギターは売ろうとしてもほとんど値段がつきませんが、5万円以上、10万円以上になってくるとオークションで相当な額で売れるようになる。リセールバリューも含めて憧れのギターを買ってしまうのも手だと思います。

ただし、あまり強い憧れがあってギターを始めたわけじゃない人、好みの方向性が定まっていない人は安いギターにしておくと良いでしょう。

ちなみにエレキギターを買う場合にはアンプも買う必要があります。家であまり音量を出せない人は小型のデジタルアンプを2万円ほどで、音を出せる人は4万円ほど出して、真空管を使ったアンプを買うと上達が早いはずです。

クラシックギターは7万円〜で選ぶ

flamenco_guitar01

最後にナイロン弦のクラシックギターですが、この類いのギターは残念ながら値段が物を言うことが多いです。1〜3万円のギターはそれなりの音ですし、4〜6万円のギターも価格相応の音のものが多い。

7万円以上になってくると、素材や作りがしっかりとした国産品やスペイン製といったギターを買うことができます。おすすめはその辺りの値段帯か、10万円付近のものですね。

なぜクラシックギターはこのように少し高めの物をおすすめするかと言うと、ナイロン弦のギターの演奏の上手さというのは、音色や音量の表現力に大きく左右されるからです。表現力というのは音量の上下や音色のニュアンス付けからきますが、それらは比較的しっかりとしたギターでないと練習することができません。

安いギターは音量が小さく、そのために強く弾く癖がついてしまい、指の力が抜けずぎこちない演奏になってしまうことが多いです。逆に良いギターは軽い力でしっかりと音が出るので、リラックスして演奏でき、さらに音量の上下や音の変化で演奏をより活き活きしたものに出来ます。

もちろんギターの動きや運指を習得するまでは安いギターでも構いませんので、自分にクラシックギターという楽器が合うかどうか試す意味で、安いギターを買ってみるのも良いでしょう。

 

いかがでしたか?

今回は初心者がいくらのギターを買うのがおすすめかを考えてみました。

ギター選びには色々な意見があります。ですのでこれは一例ですが、ここに書いてあることを意識しながら色々なギターを試してみたり、店員さんに弾いてみてもらうと、なるほどなあと思うことがあるはずです。

ぜひ参考にしてくださいね。