【2016年メンズ】秋冬ファッションの先取りは本当にお洒落なの?

こんにちは。色々な仕事が忙しく、記事執筆もそこそこのままに、とうとう秋冬シーズンが着てしまいました。

街行く人々の服装も、少しずつ変化してきていますね。

この季節になると、フランネルやサキソニーなど起毛のウールのスーツやジャケット、ネクタイなどを身につけている人をやたらと見かけるようになります。

ですがちょっと待ってください。

本当にそれはお洒落なのでしょうか?

個人的にはこの時期にそういったアイテムを身につけるのは(アパレル店員が店内で着るのでもない限り)間違いだと思います。

イタリアファッションが好きな男性など、お洒落な人に限って、本当の季節感を理解していないことが多いです。

今回は本当の季節感について解説します。

そのジャケパンは秋冬というより、冬では?

dsc_6837

9月の初旬に都内を歩いていると、ライトフランネルのような軽めで薄手の秋冬生地のスーツやジャケットを身につけ、ウールタイをしめた人が歩いているのをよく見かけます。まだ夏の暑さが残る中でそんな服装をしている理由は何でしょうか。

彼らは季節の先取りがお洒落だと思っているのです。

しかし季節感というのは、その日の気温やフィーリングに基づくものであって、それ以外の何者でもありません。たとえそれが8月であっても、急激に冷え込んだ曇りの朝であったならば、Tシャツ一枚ではなくて、カーディガンを着ているのが当然ですよね。

しかしことジャケパンになると、どうしても先取りすることばかりを考え、当然のことが分からなくなってしまいます。

すなわち9月の暑い日には、その気温に合わせたジャケパンをするのが一番のお洒落だということです。

繰り返しになりますが、季節の先取りがお洒落だと考えていると、早すぎる秋冬ジャケパンで周りからイタい目線で見られてしまいます。何よりも着ていて自分が快適でなければ、それはお洒落でも何でも無く、季節錯誤とも言うべきものでしょう。

本当にお洒落なのは、季節を先取りすることなどではありません。

その日の天気や、気温や、空模様、紅葉の具合、空気、自分の気分に合わせて、その日に最も似合う色合いと素材でジャケパンをすることです。

秋晴れの美しい日ならば、ブルーを秋らしい深いグリーンや茶色と組み合わせて着こなし、色づき始めた紅葉を見に行くならば、ライトブラウン、赤、オレンジなどを基調にコーディネートする。

jacket50

それこそが本当のお洒落なのです。

これを絶対に忘れてはいけません。

秋を感じるファッションをしよう!

panico jackets

そもそも多くの人が秋冬ファッションと言っているものが、冬ファッションであることにも注目すべきです。すなわちフランネルやサキソニーといった素材は、秋冬と言ってもかなり寒くなってからの素材なのです。

では、何が秋ファッションなのか?

それは、やや薄手から中厚の生地のジャケットやシャツを重ね着したジャケパンでしょう。

素材で言えば、リネンやモヘヤ、そしてそれらがカシミアやシルクと混紡された中厚の生地、さらにはウールシルクリネンなどの三者混の生地。かなり薄手のサマーフランネル生地。これらの生地こそが秋のファッションに相応しいと私は思います。

beams f jackets

そう、それは起毛ウールどころか、リネンなのです。

しかしリネンと一言に表現しても、それは真夏に着るような真っ青で薄手のしゃりっとしたリネンではありません。やや重量感があって肉厚、そしてベージュやブラウンなど秋を感じさせる雰囲気の色合いのものが、お洒落なのです。

また、涼しい風が吹くようになったら、厚手のコットンジャケットも良いですね。その時期にはカシミアリネンなどのふわりとしたやや厚めの生地が気持ちよくなるはずです。

kiton jacket

カシミアリネンがフランネルのジャケットに切り替わるタイミングは、おそらく街中にコートが登場し始めるタイミングにかなり近いと思います。寒さに敏感な女の子達がコートを着始めるころには、リネンの風合いがそろそろ着納めとなり、起毛素材がメインの着こなしになっていくでしょう。

それまでは、せっかくの秋の気候を楽しむためにも「冬ファッション」はしまっておきましょう。

 

いかがでしたか?

今回はお洒落が好きな人に限って勘違いしてしまいがちな季節感についてを書いてみました。

くどくなりますが、お洒落なのは季節を先取りすることではなく、その日にあった着こなしを、しかも皆が関心するほどその日にあった色や素材で着こなすことです。

ぜひ意識して、2016年の秋冬ファッションを着こなしてくださいね。