コンテンツへスキップ

アンヌ・グロ Anne Gros / Bourgogne Chardonnay 2019

葡萄はマコンらしいけど、イランシーの赤にそっくりの香り。雑味は全く無く、ぼってりと重い果実感。 最近、シャブリや甲州に慣れていたので少々重く感じる。アルコールの質感が非常に良く、常温でも飲めるほど。 Anne Gros / Bourgogne Chardonnay (ネゴシアン)

いつしか木村さんが、ワインのことを良妻賢母と表現していたことがあるけれど、そのままのワインな気がする。慎ましく控えめな主張で、完成度が高く安定している。 今まで、どこか不安定で、橋の上を渡るような病弱な白ブルを飲みすぎていたせで、物足りなく感じてしまう。

個人的な意見では、シャルドネに求めるミネラル感が不足している。丸みのある柔らかさだけでなく、シャープなキレのある、どこか不安定な味わいを求めているのだとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

copyright otonaninareru.net