コンテンツへスキップ

ジョルジュ・シコトDom. Georges Chicotot コート・ドール ルージュ 2019

還元臭、シソ・梅
フィサン、バラバラのぶどうが混ざった感じ、ちょっと鉄

完全除梗に近い
ミッシェルグロ ニュイ・サン・ジョルジュ15年に似ている。

酸味が小粒ベリーで軽快。近年のブルゴーニュに近い作りだけれど、トロボーのそれと比べると雑味があり、温度が上がるとネガティブな印象が強い。

2日目には、氷なしでは飲めない状態だった。
やっつけるとは言わないけれど、抜栓1時間で飲みきったりんりんは正しい判断だった。

実売価格が3千円台なら納得できるけれど、この傾向であればジョルジュ・グラントネイの方が評価ができる。
また、NSGという意味では当たり年のドミニク ローラン ブルゴーニュ ヌメロ アンの方が感動する香りがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です