三越伊勢丹の外商カード(お帳場カード)は本当に便利?赤いカードの秘密について

 

ついに赤いカードが来ました!

「羽振りよく伊勢丹で買い物しまくったら赤いカードが届いた!」
なんて言っているオジサマや奥様、今どき珍しい存在です。

筆者の赤いカードは、何のことはないランクダウンで今までの「伊勢丹お得意様カード ゴールド」の年会費1万円がもったいないという理由で、年会費2千円の赤いカードにしたのです。

お得意様カード(外商カード・お帳場カード)とは…?

端的に言うと、お買い物金額が多い優良顧客のために発行されるクレジットカードです。昔は「お帳場」と言って、買い物するときに台帳に名前を書くだけで、現金を支払わずに商品を持って帰れたらしいです。

今でも、伊勢丹で買うときに「カードにつけておいて」というと名前だけで後日払いができます。(1〜2回だけツケ払いしたことがあります)
しかし一般的にはほとんどの人がクレジットカードとして使っているようです。

お得意様カードを持っているからと言って非常にリッチという訳でなく、会社経営者で御中元と御歳暮を百貨店でまとめて100件くらい買ってる、という程度でも外商がつく事があります。「プライベートの買い物は高島屋で、会社の贈答関係は三越で」と使い分ける人もいます。外商が居て、本当にリッチかどうか区別する方法は自宅に来ているかです。

本当のお金持ちは家まで商品を持ってくる!?

頼んでおいた商品のお届けのついでに、立派なアタッシェケースを持ってきて「新作なんですが、見て頂けますでしょうか?」と言ってパカっと開けると、300万円以上する時計が5本10本入って、自宅のリビングローテーブルに並べてくれる。といった人は外商の中でも最も優良顧客と言えます。

大概そうした場合、「あぁ、そう。じゃあ1本置いていって」と言って、仕方なく欲しくもない時計を買ってしまうそうです。本当にお金持ちの人は、買い物疲れで家に外商の担当者が来るのを嫌がるそうです。付き合いで買わなければならない事がとても多いからです。

百貨店の美術展など誰でも入れるイベントがありますが、ああいったイベントの初日は外商が付いている優良顧客が優先で招待されて、美術品の担当者と3人でテーブルで飲み物を飲んで説明を受けます。
そして、「とりあえず玄関にコレ飾るか…」という感じで、数十万円する美術品をぽんと買ってしまいます。なので、イベント初日の午後に行ったにも関わらず「成約済」と小さい紙が貼られていることがあります。

昔は草間彌生の版画なんかが売られていて人気であったそうです。

外商カードの利点と魅力

三越伊勢丹のお得意様カードの場合、「優待」といって5%~10%の割引がされていましたが、近年ポイント制に切り替わってしまいました。ところが外商が付いている人はゴールドカードであれば、今まで通り「優待」という名目の値引きが受けられるのです。これは余り公にされていない情報です。

ですので、100万円の商品を買うときは10%オフ。さらに時期や商品の入れ替えなど、在庫の関係によってはそれ以上値引いてくれる事もあります。ただしカルティエやティファニーなどの宝飾一流ブランドの商品は「外商であっても1円も値引きができない。」なんてこともあるので過度な期待は禁物です。

後はお得意様ラウンジを利用して、無料でコーヒーや紅茶を頂けます。しかし休日は非常に込み合うので快適とは言いにくいです。特に新宿伊勢丹などは席数も少なく狭いので、入り口でお得意様ラウンジ待ち渋滞ができていたりします。

ちなみにお得意様ゴールドカードは年に1回クーポンが来て、駐車場無料券が何枚も付いていたり、クリーニング値引き券や、お直し券など、まるで株主優待券のようなクーポンブックが届きます。他にも喫茶・食事の値引き券が年に2回くらい来て、各500円引きとなります。(ちょっとしょぼい!?)

海外旅行保険なんか付いてるんですよ!とか言われましても、外商カード持っている人の7割は「アメリカン・エキスプレス」のゴールドかプラチナを持っていて、残りの3割は「ダイナースクラブ・カード」を持っているので、手厚い海外旅行保険が元々付帯しているので、余り意味はありません。

外商カードは本当に便利なのか…

ということで、外商カード(お帳場カード)は「必要な人が仕方なく持っている」というカードであって、「ほらっ!どうや!」と自慢するカードでもなければ、「うちには担当者が来るのよ、ふふふ」なんて自慢する人も居ない。
どちらかというと、「付き合いでまた何か買ってあげなきゃ…」という気持ちの人が多いと言われている重みのあるカードなのです。