オーダースーツ入門!仕立てるときのコツと注意点

こんにちは、プロフェソーレ・ランバルディ静岡の大橋です。

今日はまだオーダースーツを仕立てたことのない皆さんに、素晴らしい知恵を伝授するために『大人になれる本』に寄稿することと致しました。題して、オーダースーツを仕立てるときのコツと注意点。です。

いや、のっけからセルフPRとネガティブキャンペーンの匂いがプンプンしますな。

さあ皆さん、最後まで一気に読み進めましょう。読み終わったときにはすっかりオーダースーツの気分になってしまって、おまち※に向かってしまうことでしょう。

※「おまち」は静岡語。主に静岡駅より北方面に伸びる呉服町通りとその周辺を差す。
なぜ「おまち」か。ここにしか繁華街がないから。都内で「おまち」という言葉を故意に使うことで、追っ手を撹乱することができる。

オーダースーツにはグレードがある

当店取り扱いのサルトリア・チャルディのスーツ。

さて、まず最も大切なことはオーダースーツにはグレードがあるということです。

「〜さんはいつもオーダーのスーツを着ている」とか「オーダーしてる人はお洒落」なんて言いがちですが、実際にはこの見方だと誤りが生じがちです。

例えば値段だけで考えてみても、二着で4万円のオーダースーツもあれば、一着50万円の吊るしスーツもあります。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

高級なスーツには、素晴らしい手触りのウールやシルク、カシミアやモヘアといった良い素材が使われます。こういう素材を使って織られる生地は、生地だけでもスーツ一着分で10万円以上することもあります。

カシミア100%のスーツ生地。光沢があって高級感があります。

また、世界でも最高峰とされるようなブランドのハンドメイドスーツは、一着を仕立てるのに50時間以上かかっていることもあります。

それに対して安いスーツの生地は一着分で下手すれば3,000円を切りますし、仕立てるときには中国の工場で一着15〜30分という速さで作られます。

ですからオーダースーツはあくまで「サイズを合わせて、注文して作るスーツ」という種類のスーツであって、「良いスーツ」「お洒落なスーツ」とは限らないのです。

サイズがぴったり=完璧なスーツではない

ナポリの仕立て屋で、職人による採寸。もし数値が合っている=完璧なスーツであれば、どこでスーツを誂えても同じサイズになるはず。しかし老舗、一流と言われるいくつかの仕立て屋でスーツを仕立てるとサイズは全て異なる。それぞれの考える最善のフィッティングが存在するからだ。動きや立体を考慮した採寸は、熟練した職人でなければできない。

スーツをオーダーするときに難しいのは、数値を合わせれば完璧なスーツになるわけではないということです。

オーダーをするときにはスタッフの人が採寸をしてくれて、体にぴったりになるようにしてくれますよね。しかし着てみると、イマイチ着心地が悪かったり、見た目も思ったよりピンとこなかったりすることがあります。

これはなぜでしょう。

実はスーツで最も大切なのは、サイズ感と品質の両立なのです。

まずはサイズ感ですが、これは実に難しいところです。

例えば自分の肩幅が43cmだったら、スーツの肩幅を43cmにすれば良いか?というと違う場合があります。ではどのようにすれば良いでしょうか。少し考えてみてください。

余裕を持たなければならないから、44cm?

いえ、そう単純ではありません。スーツの肩幅は肩甲骨の位置や上腕の太さ、それになで肩・怒り肩の具合などで前後するのです。

こういったことを見ることのできるオーダースーツ屋さんは、それほど多くありません。こういった部分がしっかりとできるオーダースーツ店を探すのが、一番大切です。

またしっかりと数値を合わせることができても、仕立て自体が良くなければ意味がありません。

数値に誤差が出るといけないから、というのもありますが、縫製のレベルでスーツの見栄えや着心地は驚くほど変わるからです。

日本で手に入るオーダースーツは大きく分けて三種類あります。

①安さ重視のオーダースーツ…5万円以下のもの。大量生産の工場でできるだけ原価を抑えて作るもの。中国の工場に数値だけを送って作ることが多いです。

②値段と品質のバランスに優れたオーダースーツ…百貨店やセレクトショップなどが展開している一着8〜12万円くらいのもの。日本の実績のある縫製工場が作っていることが多いです。優れた縫製工場は限られているので、ブランドが違っても同じところで仕立てていたりします。

③職人技を生かしたオーダースーツ…13万円〜のもの。老舗テーラーやテーラーに出自を持つ工房などが、その技術を生かして展開するオーダースーツ 。独自のスタイルやシルエット、手縫いを駆使した仕立てなどを感じられます。

一般的にオーダースーツが◯◯◯◯◯円で出来る!と大々的に広告を打っているようなオーダースーツ店は、①の部類であることが多いです。

なに、他者の広告方法をディスってるって?

いや、当店でもこの手の広告を打とうと思ったのですが、オーダースーツが2着で84万8000円から!という広告は逆効果では?という意見が多数を占めたのですな。(ちなみにサルトリア ・チャルディという世界一とも言われるナポリの仕立て屋さんのスーツの場合です。実際にはルイジ・グリマルディというブランドで一着生地・税込み198,000円からです。)

これからオーダースーツに挑戦される方におすすめしたいものはどれか?

スーツをツールとして必要とされているのであれば②のようなオーダースーツです。

百貨店やセレクトショップなどで展開しており、高品質な生地を使いながら日本でしっかりと仕立ててくれるので、一見すればテーラーが仕立てる③のスーツと変わりません。

スーツの表地、中の副資材ともに使う素材もしっかりとしたもので、ちゃんとした工程を経て仕立てますから、ある程度長く着ていくことも可能です。

どこで仕立てるかは形の好みですが、一見してお洒落な感じがあるのはセレクトショップのオーダーでしょうか。ビームスのカスタムテーラービームスなど、おすすめです価格と品質のバランスがよくおすすめです。

若過ぎるシルエットになってしまうのを避けるため、オーダーするときにスタッフさんに「できるだけクラシックにしてください」と頼むのが良いでしょう。

①のスーツは安くて良いように感じるのですが、品質が伴わないためにオーダーのメリットを感じることができません。サイズを合わせても仕立ての悪さと生地の悪さが目立ってしまい、お洒落な人が見ればすぐにそのグレードが低いことに気づいてしまいます。

安くたくさんのスーツを揃えたいのであれば、既製のスーツをセール等で購入する方が良いのでは、なーんてセレクトショップオーナーらしからぬ発言もしておきましょう、ほっほっほ。

さて、③のような職人技を生かしたスーツは?

好きな人が仕立てるものとしか言いようがないでしょう。

オシャレに見える、とかスタイリッシュといった考え方ではなく、体験する・身につける工芸品としてオーダースーツを誂えてみたい。そんな方は、②のスーツで遠まわりすることなく是非、最初からテーラーや職人が仕立ててくれる本物のオーダーメイドを試してみてください。

一生をスーツに捧げ、その人生で習得してきた技で、何十時間もかけて自分のために仕立ててくれるハンドメイドのオーダースーツ。

ここにはまた単なるツールとしてのスーツとは、別の世界観があるのです。そういうものがお好きな方は、当店のウェブサイトもちらっと覗いてみましょう。

それでは、ご機嫌よう。

Professore Rambaldi

ナポリ仕立て専門セレクトショップ「プロフェソーレ・ランバルディ静岡」
本物のナポリ仕立てを日本でオーダーできるビスポークやメジャーメイド、そしてナポリのサルトリアで仕立てられた既製服を扱っています。

> Professore Rambaldi 公式サイト

「大人になれる本」では、メンズファッションやイタリアのことなどについて記事を寄稿させて頂いております。