BMW新型8シリーズの展示と試乗、M850i xDriveが東京ベイで見れる!【写真25枚】

何年間も楽しみにしてきたBMW新型8シリーズの”実車”を見てきました!!
公式情報は無いのですが、なんと東京お台場にある「BMW GROUP Tokyo Bay」で見ることができます。

関連記事:BMWが新型8シリーズ”M850I XDRIVE”を発売!

8シリーズの国内在庫、東京ベイの割当は僅か3台…

昨年の11月に発売したM850i xDriveですが、驚くことに2019年2月末時点での入庫台数は僅か3台。
展示している車両を含めて全て完売しているらしいです。本日(2月25日)の時点ではなんと2台が展示され、1台は屋外駐車場の一番角に、もう1台はショールームの中にピカピカに飾ってあります。
しかし、どちらも”売約済み”ですので触る事は勿論、中を見ることさえ厳しい状態です。

8シリーズの試乗車はまだ無い

タイトルではBMW 新型8シリーズの試乗車が東京にあるような雰囲気ですが、今のところ試乗車はありません。しかし担当者いわく、いずれ入ってくるのでは(?)というニュアンスでしたので、もしかしたら春から夏にかけて試乗車が都内に導入されるかもしれませんね。そして秋から冬にかけでドサッと在庫がやってきて都内でも毎日見かけれるようになるのではと想像しています。

今回は写真を何枚か取りましたので、CGではない実車の写真をご覧下さい!

そして現役6シリーズ クーペ(F12)オーナーから見た、新型8シリーズについてお話したいと思います。

屋外に置いてある8シリーズですが、カラーは「ソニック・スピード・ブルー・メタリック」の20インチホイールです。フロントは245/35 R20、リアは275/30 R20。標準仕様のホイールとなります。

ショールームに飾ってあるものも同じ色ですが、雰囲気が違って見えます。
光の当たり方で屋外ではシンプルで地味な色に見えます。

丸くて小さく感じる!

初めてBMW 6シリーズに出会った時のインパクトはありませんでした。私が買ってしまった6シリーズは初めて見た瞬間に「うお!カッコいい!!!」と驚きがありましたが、8シリーズは「んん〜〜丸くて小さいな……」という感想でした。

とにかく滑らかな曲線が多様されて、それこそ昨日紹介したMERCEDES AMG CLS 53 4MATIC+のようなデザインです。ボンネットの造形、サイドシルの流線、窓の形、ピラーからトランクの低くなった部分、フロントライトとエアダクト、どれも「兄弟車?!」と思えるほどです。

控えめに言って、クソつまらない!!!

きっとBMW M8でびっくりさせる為の布石として、あえてダサくしてあるのでしょうけど、流石にダサいです!
なんなら初期型の6シリーズ(非Mスポ)の方がカッコいいと思うのは私だけでしょうか。

他のカラーリングにすると雰囲気は変わるでしょうが、フロントライトの形が特にイマイチだと感じました。
あと後方からのデザインも酷いものです。
潰した虫のようなデザインで、謎のエアダクトが付いていますし、ナンバーの左右の形も間抜けで、特にブレーキの形が酷い!BMW 4シリーズも酷いですが…。

明らかに6シリーズの方がまとまりが取れています。
エアダクトとブレーキランプの丸みが飛び出ている部分が特に良くない。BMW信者が贔屓目で見ても酷いデザインだと思います。

これではボロクソ貶しただけになってしまうので、利点を言うと「多分走っているとカッコいい!」ということです。

黒やシロなどの色で、街なかをサラッと流していたらきっと「カッコいい!」となるはずです。
そしてBMW M8が市販化される時には、驚くほどに洗練されて僕たちのBMW!が帰ってくるはずです…。

以前のように、BMW Mドライビング・エクスペリエンスでBMW M3,M4,M6をぶっ飛ばした時と違って、外観でしかレビューできないので、デザイン的な観点から話してみました。
きっと実際に試乗すると、もっと良い評価になるに違いありません。そして別のカラーリングも期待しています。

(※写真はPhotoshopで加工したブラックのイメージ画像)

黒のほうが俄然カッコいいのでは!?説

白(アルピン・ホワイト)はやや有り!?(これも雑なPhotoshopコラ画像)

やはり今回の「ソニック・スピード・ブルー・メタリック」がイマイチだっただけかもしれません。

早くいろいろなカラーリングがみたいですね!

もっと細かい情報については下の記事を参照下さい。

BMWが新型8シリーズ”M850I XDRIVE”を発売!

はっしー

静岡市1989年生まれ 勉強が苦手 コーヒーと紅茶をよく飲みます