富士サファリパークはマイカーより、絶対にナビゲーションカーが良い

「最近インスタのネタ無いな〜〜」って人にお勧めなのが、富士サファリパーク。
普通の動物園と違って、自分の車などで動物を間近に見られるスゴい施設です。
車から降りてライオンさんとツーショットを撮ればインスタ映え間違いなし!
夕方のニュースにも載ること間違いなし……。シーン。

さて、富士サファリパークですが28年間静岡県に住んでいましたが初めて訪れました。

本当は近隣の遊園地「ぐりんぱ」で天空のダリア祭りを見る予定だったのですが、いざ到着すると入園チケット売り場に「ダリア祭りは台風の被害でほとんど見れません…」との紹介が。9月の平日で子供もおらず、ダリア目的に来た老夫婦など5〜6組が呆然として入園するかどうか考えていました。他県ナンバーばかりで可愛そう!と思いながらも、私どもも仕方なくサファリパークに気分を切り替えたわけです。

富士サファリパークの入場料とシステム

昼のサファリは以下の通り。
大人(高校生以上) 2,700円 小人(4歳~中学生) 1,500円
シニア(65歳以上) 2,000円 3歳以下 無料
駐車場に移動する前に料金所があり、そこで人数を申告、集金する形です。

大人2人 子供2人であれば、8,400円というディズニーランド1名分のチケット料金で済みます。もちろん駐車場の料金も含まれています。

ナビゲーションカーを借りれば楽しみ300%アップ!

富士サファリパークのサファリツアーは、「自家用車で回る」、「ジャングルバス」、「スーパージャングルバス」、「チーターラン・プラス」、「ナビゲーションカー」と5種類あります。

家族や友達とゆったりマイページで回るには、自家用車か「ナビゲーションカー」がありますが、冒頭のタイトル通り「ナビゲーションカー」が絶対にお勧めです!

自家用車では入れないオフロードコースに入れるというのと、動物にエサやりができます!

自家用車では入れないオフロードは、「進入禁止」と書いてあり分かりにくいのですが、”ナビゲーション”というマークの部分には入れます。
車種はスズキのパジェロかトヨタのランドクルーザーが割当られ、1台5千円で当日にも借りられます。場内は2車線ですが一方通行のため、どちらの車線を走っても大丈夫です。

このようにオフロードに入ると、隠れているトラなどを見つけられます。

本当に1メートル先で見られるので、動物園とはケタ違いの迫力!
途中から草食動物にエサをあげることができます。肉食動物にエサやりをしたい場合は、スーパージャングルバスに乗ることでできるそうです。

非日常を体験できる!

シマウマがあるいていたり、クマを目前にしたりと日常では絶対に無い光景を目にできるので、全然興味のなかったはずがカナリ楽しめました!

日本平動物園では、けものフレンズとコラボのイベントを行ったようですが、富士サファリパークこそ、コラボをしたら良いのに!と思います。
ナビゲーションの声をラッキービーストにしたり、30秒の解説コーナーがあったりすればもっと盛り上がりそう。

お土産コーナーも充実!

長さ2メートルを超える大きなぬいぐるみも居ます! 3~4万円程度。

大人だけで行く場合はレストランは別の所で・・・?

やはり子供に人気なだけあり、レストラン内もサファリパーク状態です。小さな子どもがシャウトしながら走り回ったり泣いたり騒いだり、小学生や幼稚園の子供と行くのであれば良いですが、大人だけで食事をするのであれば園外も考えた方が良さそうです。
ふれあいコーナーの、猫の館やウサギの館も子供がいっぱいいると、ゆっくり見れないので日付や時間帯などを工夫すると良いですね。

まだ行ったことない人は、ぜひとも友達・家族をサファリ体験してみて下さいね!

はっしー

1989年 静岡市生まれ
2018年の遅い上京で港区民になりました!
Twitter → @ohashi335
プロフィールはこちら