土曜日, 7月 21

累計PV6,000万件達成!ありがとうございます!

大人な週末デートなら、横浜ロイヤルパークホテル。

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

贅沢したい週末のデートや、誕生日パーティーなどにお勧めなのが「横浜ロイヤルパークホテル」です。渋谷から首都高羽横線で1本、道が空いていれば30分程のドライブで着いてしまいます。
都内から丁度良い絶妙な距離と、都内とは違った穏やかな街並みが週末のドライブ&デートにぴったりです。

中でもお勧めなのが、クラブフロアのある65階にあるスイートルーム。クラシカルな調度品に囲まれて海外旅行をしているようなひと時を過ごすことができます。
今年開業25周年を迎える横浜ロイヤルパークホテルですが、内装の老朽化に伴ってかリニューアル改装が行われています。その一環で67階の「トップ オブ スカイリゾートフロア」が公開されたりと内装がモードなデザインになりつつあります。確かに最新のデザインは良いのですが、個人的には横浜ロイヤルパークホテルのクラシカルな雰囲気が好きで10年以上通い続けているので、この古き良きスイートルームをお勧めします。
インテリアや家具が時代を感じされますが、丁寧な清掃が行き届き開業当初よりもヨーロッパ本来の部屋のようになっているのではと思える程です。リニューアルに伴い可愛かった部屋の鍵も最新のカードキーに切り替わってしまいました。

しかし、2021年までに全16フロアをリニューアルするということで、まだ暫くクラシカルな部屋が残っているので、まだ体験していないのであれば早めに宿泊することをお勧めします。
クラブフロアというのは、65階にある吹き抜けのフロアで紅茶やコーヒー、軽食を楽しめる場所です。オールインクルーシブとまではいきませんが、ここでの利用は部屋の料金に含まれているので気兼ねなく飲み物などを頂く事ができます。夕方からはカナッペと食前酒のスパークリング、白ワインが提供され食事前に使う場所に最適です。翌日はここで朝食を食べることもできます。

デートコースの参考としては、都内を午後に出発して午後3時頃に横浜ロイヤルパークホテルに到着。地下の駐車場に車を停めれるので、その置いたままチェックイン。クラブフロアであれば65階で座ってチェックインできます。荷物を部屋に置いて、紅茶などを飲んで少しゆっくりするか、外に散歩に出ても良いかもしれません。

季節が良ければランドマークタワーのクイーンズスクエアを抜けて、赤レンガ倉庫を経由して大さん橋、山下公園まで歩けば30〜60分程で到着します。寒い時期であれば、みなとみらいホールでオーケストラ演奏を聞いてもいいですね。もし昼前に着くのであれば、チェックインを後にして車で横浜中華街でランチもお勧めです。
美味しいお店は少ないですが、食料品店などで買い物のついでに、人の良さそうな店員さんに聞くと本当に美味しいお店を教えてくれます。「食べ放題」はマズいお店ばかりなので失敗しないように注意しましょう。
最近では栗の押し売りが減って、チラシを持った客引きが多いので引っかかってはダメですよ。

今の時期(5月)であれば、山下公園にある「港の見える丘公園のバラ園」が満開でイングリッシュローズなど2,000株以上が楽しめます。

もし花が好きであれば、ゆっくり散歩したり写真を撮ったりと1時間ほど楽しめるはずです。短い期間ですが、これを過ぎたら秋バラの時期にも公園で楽しめます。7月~9月はランドマークタワー横にある横浜美術館でクロード・モネの展示企画があるので、そちらのデートも良さそうです。

夕日も落ちてディナーにはやはり68階のフレンチレストラン「ル シエール」。と言いたいところですが、よほどフォーマルな気分でなければ地下にある鉄板焼「よこはま」をおすすめします。
洞窟のような入り組んだ店内で、目の前で食材を調理してもらえます。都内の洗練された鉄板焼と比べると、こちらもカジュアルすぎるかもしれませんが、この味を含めての”横浜感”と言えます。エンターテイメント好きのシェフが肉にブランデーを掛けて炎を見せてくれるのも、少々茶番掛かっていて逆に新鮮に思えます。

食事を終えたら、早速スカイラウンジに遊びに行くのも良いですが、部屋でゆっくりお酒を飲むのもまた一興。
ミニボトルは無くなってしまいましたが、ルームサービスでおつまみと好きなお酒を届けてもらうのも贅沢ですね。

せっかく静かで美しい部屋なので、好きな曲でも聞きながらゆっくり過ごすのもお勧め。
しかし、もし華やかに遊びたいのであれば70階、横浜ランドマークタワー最上階の「シリウス」で飲んじゃいましょう!時間によってはバーチャージだけで、ジャズの生演奏を聞けるのでとてもお得です。
スタンダード・ジャズの枯葉やStraight No Chaserなど演奏を聞けることも。季節感があり、演奏も美しいです。

翌朝のチェックアウトはおそらく11時ですが、遊び足りなければ地下のレストラン&バンケット「フローラ」で遅いブランチを食べたり、横浜ロイヤルパークホテルは我儘な大人が遊べるテーマーパークのようです。

ちなみに、サプライズプレゼントなどを用意したい場合はホテルに事前に相談しておけばバースデーケーキやフラワーアレンジメント、プレゼントを部屋に運んできてくれたりと快く対応してくれます。
25周年を迎える横浜ロイヤルパークホテルですが、筆者は16歳の時からこのクラシカルな雰囲気と景色が憧れで毎年コツコツと泊まりに来ています。部屋の可愛らしい鍵が無くなったのは寂しい限りです。一部のサービスが無くなったり簡略化されたり、クイーンズスクエアの店舗の多くが入れ替わり様々な変化がありますが、いよいよ時代に伴い部屋もリニューアルされます。もしまだ横浜ロイヤルパークホテルに泊まった事がないのであれば、また泊まった事があって気に入っているのであれば、2021年までに思い出にしてみて下さいね!

【公式】横浜ロイヤルパークホテル https://www.yrph.com/

Share.

About Author

1989年 静岡市生まれ 2018年の遅い上京で港区民になりました! プロフィールはこちら

コメント