ライフスタイル

セブンイレブン・マリトッツォ、本場イタリアにあるの??

巷で人気のマリトッツォ(Maritozzo)ウィキペディアを読むと、イタリアのローマ発祥で、それを模して作った福岡市中央区六本松のパン屋「アマムダコタン」でブームがおきたと言われています。

マリトッツォ(イタリア語: Maritozzo)は、イタリア発祥の伝統的な菓子(デザート)で、ブリオッシュ生地に生クリームを挟んだもの。伝統的なマリトッツォでは松の実、レーズン、砂糖漬けの果物なども加えられる。ラツィオ州(州都:ローマ)で生まれたとされている。イタリアではカフェでの朝食として食べられたり、菓子店で買うのが一般的である。https://ja.wikipedia.org/

セブンイレブンのマリトッツォ食べた感想は?

オレンジピール入りのホイップクリームを挟んであるのですが、ほぼ「パンに生クリームを挟んだだけ」の商品です。
パンも山崎パンのような普通のパンなので拍子抜けです。これならシュークリームで良いのでは?というのが率直な感想です。
サイズが大きいの食べてボリューム感はありますが、菓子パンの域は出ないです。

本場イタリア・ローマにマリトッツォはある?売っている?

イタリア旅行したことない人だと、「きっとイタリア人は朝からテラスに座って、カプチーノにマリトッツォとか食べているんだろうな〜♡」という風に思うかもしれませんが、実際にイタリア人はあまりマリトッツォを食べません!

一部のPasticceria(お菓子屋さん)ではマトリッツォが売られていていますが、ローマ市内のBAT(バル)ではマトリッツォは売っていません。
実際に10件以上のBARを回ったことがありますが、いずれもマトリッツォはありませんでした。どちらかというと、甘くないトラメッツィーノ(サンドウィッチ風)やパニーノ、砂糖をまぶした焼き菓子やクッキー、クロスタータ(ジャムのタルト)の方が主流です。バルで生クリームの使ったスイーツは余り見かけませんでした。

日本人はイタリアに弱く、「イタリアプリン」(※これもまた存在しません)のように、イタリアと名がついてしまうだけで買ってしまうようです。
確かに、生クリームパンではなくマリトッツォというイタリアっぽい名前があったので売れたのかもしれません。

本場ではマリトッツォを毎朝食べてるんだぜ〜!と思わずに、あぁ日本で売るために「クリームパン」をお洒落に「マリトッツォ」って呼んでるんだなぁと思うのが適切です。しかしクリームパンって呼び方、昭和っぽくてちょっと古い気がしますね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。