大人辞典

【裁判傍聴ノート】覚醒剤と愛情の間で

5年ほど前から裁判所で公判を傍聴しているのですが、そこで印象的な裁判がありました。
実際に存在する事件なので、プライバシーに配慮して内容をボカしつつ何が問題だったのか考察してみます。

この事件は「覚せい剤使用罪」というもので、40代女性が覚醒剤所持・使用で起訴され公判が行われました。
覚醒剤が怖いというのは誰しも知ってることで、一度でも使うと人が狂うと教えられます。言葉だけだと重みがないのですが、傍聴席から数メートル先に実際に何度も覚醒剤を打ってしまい、再犯した被告人を直視すると到底言葉には表すことのできない恐怖があります。

「あなた今、自分が震えているの分かりますか?」検事の質問に対して「離脱症状でたまに震えることがあります」と答える被告は、手足がブルブルと小刻みに震えていました。こんなに震えているのに、それを自覚できていないという恐怖は、傍聴席からでも十分に伝わってきます。

一度覚醒剤を打つと辞められないというのもまた事実です。
「あなたは平成27年8月バツ日の法廷で二度と覚醒剤をやらないと宣誓しました。他にも前々回の平成24年10月バツ日も同様に、二度と覚醒剤をやらないと宣告しています。なぜ、刑務所に収監されてもなお再び覚醒剤を使ってしまったのですか?」
このような被告人質問が繰り返されますが、いずれも「わたしの心が弱かったからです。もうしません」とオウムのように繰り返すだけです。

検事は単純所持にしては量がおおいこと、パケと呼ばれるジッパー袋、そして電子ばかりを根拠として、譲渡や営利を争点にしています。弁護人は刑務所での悪い仲間が原因であること、出所後に他の覚醒剤中毒者仲間が「旧式の吸引器に詳しい女がいる」「私が手本をみせてやる」と、そそのかされて犯行にでたこと、施設に預けている娘がいると情状について述べました。

僕の感想としては「国選弁護人のように見えるけど、検事に対して鋭い指摘や反論をする部分もあり、それでいて被告人に対して同情的・感情的な一面もあり人間味があるなぁ」と思っていました。雰囲気から、どうやら何度か面識があるようです。

そして裁判も後半に差し掛かって、映画のような驚きのシチュエーションを目の当たりにしました。
検事が「あなたはなぜ売人をかばって隠し続けるのですか?」と尋ねられたときに「私は覚醒剤をやめます。その証拠に、今ここで覚醒剤を譲り受けた売人の名前を明らかにします!!」と声を上げたのです。

その場にいた誰しもが、きっと弁護人の作戦だと理解していたことでしょうが、僕は初めてみたその迫真の演技に驚きを隠せませんでした。名探偵コナンのように「売人の名前は佐藤太郎だ!」「な、なんだって!」と判事と検事が驚くのかと思ったのですが、彼らはこの手の方法に慣れているのか、「ええと、漢字はどのようになりますか?」「ラインに登録されていたマルバツという人物に間違いありませんね?」と淡々と処理していきます。それでも、100分の1ミリほどは裁判官の心証、良心に対して良い印象を与えたはずです。

凄い裁判を見た、と関心していたのですが、このあとの弁護人の質問はさらに驚くもので、「お子さんは16歳で施設に入っているんですよ?」「お子さんに会いたくないのですか?」「刑務所に入ったら次にいつ会えるかわかりませんよ?」と強い言葉で被告人を説教するのです。涙ながらに頷く被告人が痛々しいて、傍聴席にさえ辛さが伝わってきます。
これもまた頭のキレが良い弁護人の作戦なのでしょうが、数メートル先で愛のある説教を見てしまいました。
最後のフレーズが忘れられません。検事から「再犯の可能性も高く、身元の引受人もなく、相当の厳罰に処することが適切といえます」といった直後に弁護人が「私が監督します。刑務所にいるあいだ、私の事務所で家具や荷物を預かります。どういう意味か分かりますね?どれだけ多くの人に迷惑をかけているか、子供が会いたがっているか、しっかり反省してください」といった内容を被告人に対して発言したのです。こんな弁護人が存在するのかと驚き、心を揺さぶられました。

きっと弁護人は家族があり子供がいる、または親が子に与える愛情の大切さというのを人生で目の当たりにしてきたのだと思います。被告人が単身であるならば、ここまで同情して弁護をしなかったかもしれません。
法律に関心の無い人だと弁護士と聞くだけで「金の亡者」、「犯罪者を無罪にする人」といったイメージや誤解を抱いていることもあります。まさに金が人生の全ての弁護士もいるかもしれませんが、この日の法廷は人間としての愛情を考えさせられた一日でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。