【超入門編】ウイスキーの話

ウイスキーの超入門編 今回は優しいウイスキーのお話をします。 もう既に詳しく知っている人であれば役に立たないですが、ウイスキーを飲み始めてみたい人には役に立つはずです。 お酒の種類 お酒の種類というのは大きく分けて2つあります。 それは「醸造酒(じょうぞうしゅ)」と「蒸留酒(じょうりゅうしゅ)」です。 醸造(じょうぞう)というのは、しばし日本酒の種類を表す単語をして使われていますが、厳密には醸造酒には「ビール」や「日本酒」、「ワイン」などがあります。これは、大麦や米、ぶどうなどを液状にして、その糖分を「酵母(こうぼ)」が食べてアルコールが生まれるものです。 つまり分かりやすく言うと、ビールの場合は「大麦の液体に酵母を入れて、アルコールが出来たものを濾過した」と言えます。 ワインの場合は、その過程で炭酸が生まれたりなんかします。   一方、蒸留酒というのは、「醸造酒」をぐつぐつ煮立てて、その水蒸気のアルコールが高い部分だけを集めたと言えます。 なので基本的には無色透明の物がおおいです。 ブランデーやウイスキーなどに色があるのは、元々赤いワインが入っていた樽を焦がして、その中に透明な液を入れて長期保管しているからです。 つまりウイスキーも元々は無色透明なのです! また、ビールのような液体を沸騰されて生まれた、と思えばだいたいあっています。 ウイスキーは大麦でできている 「もろみ」と呼ばれる液体です。 泡が出ているのは、酵母が大麦の液を食べてアルコールに変えるときに、同時に炭酸ガスを発生させるためです。 ちなみに、ヨーロッパのビールはこうした過程で炭酸が生まれるわけです。日本のビールは酵母を取り除いて、後から強力な炭酸を注入します。 「大麦」を液状にして、酵母を入れて「もろみ」にして、アルコールを発生させます。 それを加熱して、沸騰させ、沸点が水より低いアルコールが蒸発して、それを集めた液体が「ウイスキーの原酒」となります。 上記の写真は、「ポットスチル」といい、ウイスキーのマニアなら必ず一度は話題に出る装置です。 魔法使いの帽子のような形をしていますね~ この中でグツグツと煮立てて、アルコールだけが、帽子の先っぽから取り出すことができるわけですね! それで出来た無色透明の液を、樽の中に保存するのです。 樽での長期熟成は味をまろやかにするため 樽で透明の液を長期間保存します。8年~30年などなど。 最初はトゲトゲしく荒い味も、時間を経って寝かされる事によってまろやかなウイスキーへと変化します。 なぜ、樽に入れると美味しくなるのか。 これには樽に秘密があります。 樽は木材を切り出して作られますが、新品を使わないのです! 一度、シェリーや赤ワインやバーボンの入っていた樽を、空にして焦がしてから透明のウイスキーを入れます。 バーボンというのはアメリカのウイスキーですが、バーボンに限っては「新樽」を使います。 ここでウイスキーの種類について説明しますね。 ウイスキーの種類は2種類!バーボンとスコッチ バーボンとスコッチ。 これがウイスキーを分ける一番大きな種類です。 スコッチというのは、麦だけで作ったもので、「イギリス」で作られる伝統的なウイスキーです。 日本のウイスキーもスコッチタイプです。 バーボンというのは、アメリカを中心に作っているもので、とうもろこしや雑穀・ライ麦なども混ぜあわせて作るものです。     大雑把な区別では、この2種類になります。 バーボンとスコッチの味の違い これは本来品種や銘柄、地方によっても異なりますが、大きな差で言うと甘さが違います。 バーボンの方が滑らかなカラメルのような舌触りで、「甘く」感じる人が多いはずです。 一方、スコッチはシャープでキレが良く、アルコールがツンとくるような尖った香りを感じるはずです。 もちろん、スコッチのなかでも甘みを持つボトルもありますが、大きく分けるとこうなりますね。 初心者にお勧めなのは? 個人的には超絶スコッチ党なので、スコッチをお勧めしたい所ですが、どちらも良いウイスキーです。 まずはスコッチとバーボン、2本買うことをお勧めします。   メーカーズマーク(バーボン) シーバスリーガル(スコッチ) この2本が入門にはお勧めですね!! シーバスリーガルはブレンデットウイスキーといって、数種類のウイスキーがバランスよく混ぜられたウイスキーです。 どちらも2千円前後、香りや味わいも豊かなので試してみて下さいね! ウイスキーの飲み方 ウイスキーのお勧めの飲み方は、ストレート。と言いたい所ですが、初心者にストレートは向いていませんね。 まずは、水割りで飲んでみて下さい。 もし、水割りでもキツイな。と思うのであれば、炭酸割り(ハイボール)でもOKで … 続きを読む 【超入門編】ウイスキーの話