PAUL-ポール- のパンは衝撃の味

神楽坂で「なんかパンでも買うか!」と思った時に雰囲気が良いのでつい入ってしまうポールです。とにかく商品の置き方が可愛い!お洒落!
インスタ映えの見本市のようなレイアウトです。インテリアも可愛いのでデートにもお勧め。少々店内が狭いので休日は混み合ってゆっくりはできませんが、ポールはパンを選ぶ瞬間が一番楽しいです。

甘いパンとしょっぱいパンを買ってみました

今回は甘いものとしょっぱいものを買ってみました。
行くたびに色々なパンにチャレンジするのですが、コレだ!という味がなくて今回は評判の良いパンを選んでみました。

顎のトレーニングに最適

アンシェン・パストラミ(サンドイッチとは言っていない)は細いフランスパンであるバゲットを半分に切って、中にパストサラミ(ビーフを更新料で漬けたもの)が挟まっています。
味は良いのですが、とにかく硬い!成人男性でも口の中が傷だらけになります。

バリッ!バキバキッ!!といった食感です…。
筆者はハード系のパンは好きな方ですが、驚くほどに硬いです。
それもオープン直後の11時に言って、すぐ食べても硬いので時間を置いてたべたら口の中が出血するかもしれません。

お爺ちゃんお婆ちゃんに長生きしてもらいたければ、ポールのフランスパンを食べさせる事で顎が丈夫になって頭もしゃきっとするはずです。

ハート型のチョコデニッシュ パルミエショコ

これはですね〜〜。「チョ○バ○ト」ですね。

噛んだ瞬間「懐かしい〜〜!!」となり、んんコレは…。とよく考えた結果、駄菓子と同じ味がします。下地の部分はコレですね。

静岡に訪れた者が下げて帰ってくるという銘菓「う○ぎパイ」。
もしあなたが

ああ〜〜「チョコバ○ト」のような安っぽいチョコレートがかかってる、「うな○パイ」を死ぬほど食べたい〜〜!!

と思っているのであれば最高に至福の逸品です。

しかし私は二三口たべてよしにしました‥。

PAUL -ポール- VS メゾンカイザー

静岡伊勢丹でパン店をやると大人気で行列が出来るのが、ポールとメゾンカイザー。神楽坂はどちらの店舗もあり賑わっています。
安直にどちらが美味しいかというと、メゾンカイザーの方が”やや美味しい”です。
どちらの見た目が華やかか?と聞かれたら確実にポールの方が良いです。

つまり中高生のデートで、彼女に甘いものをご馳走するのであれば絶対にポールが良いです、インスタ映えしますし。マダムにお土産を持ってくのであればメゾンカイザーの方が良いのです。

しかしどちらも妥協の産物と言えます…。

「まず粉(小麦粉)が悪い。次に油(バター)が悪い。そしてチョコや挟んである具が悪い。」
ついこれを言ってしまい、「はやく地元に帰れ、クソ静岡県民!!」とまくし立てられたことがあります。

静岡は米と魚の文化ですが実はパンが結構進んでいます。
特に静岡市の草薙にあるプティ・タ・プティは別格の旨さです。小麦の香りだけでお腹が鳴るほどに良い香りです。信じられます?本当に美味しいパンはバゲットを手にとってニオイをかぐだけで至福になるんですよ!
そして仏発酵バターや最高級のオリーブオイルが仕上げ用に掛かっていたり、中の具材も格別な旨さです。中身だけでレストランができるのほどの旨さです。

しかしまあ田舎の個人店と比べるのもアレですし、大手のチェーン店で比較すると筆者が一押しするのは、ポールやメゾンカイザーでなくFAUCHON フォションですね!
大手チェーン店にしては、かなり美味しい部類に入ります。
手土産でフォションの紅茶と調味料、それにパンが2〜3個あったら

「イヤッッホォォォオオォオウ!!!」

っとなります。

紅茶はですね色々あって選びにくいですが、女性であれば「アップルティー」男性であれば「マタン・オ・ルーブル」がお勧めです。どちらも抽出時間は1分程度にして薄めにした方が美味しいです。

東京で本当に美味しいパン屋さんを教えて下さい!

ネットで「本当に美味しいパン 東京」と検索しても、見るからに不味そうなパンが出てきたり、ディーンアンドデルーカ(チェーン店やんけ…)が出てきたり、キティちゃんとコラボ、なんてふざけたパン屋が出てきたり本質的に価値のある情報を得られません。

という訳で、読者様の中で東京で本当に美味しいパン屋さんの情報をお持ちの方がいれば、ぜひコメントに書き込むか問い合わせフォームよりタレコミお願いします!!



コメントを残す