コミュ力,  一人暮らしの教科書

子供部屋おじさん・おばさんが危険な理由は?

ネットで話題になってるワードを見つけ、その言葉から「大人になっても子供部屋のようにTVゲームに囲まれた部屋(?)」と想像しました。
しかし実際には「子供の頃から同じ部屋に住んでるおじさん」と言う意味で嫌味として使われるそうです。

実際に「子供部屋おじさん」「子供部屋おばさん」が存在して筆者も会った事さえあります。

ある28歳女性は実家から一度も出ずに、小学生からそのまま同じ部屋に住み、家事食事全てを親に任せっきりという話を聞きました。スーパーに買い物に行く時に手伝うそうですが、これでは大きな小学生そのものです。なぜ危険なのか子供部屋おじさんについて考察してみます。

行政手続きや契約などができない

法務局に行って登記簿謄本を取得する、なんてのは職業によってですが、一人暮らしすると住民票の移動や保険の手続きなど行うことになります。他にも賃貸を探しに不動産屋に行って、契約書を読んで捺印したり、火災保険に入ったり、源泉徴収票や所得証明書を提出したり様々な手続きがあります。

しかし、子供部屋おじさん・おばさんは子供の頃から実家に住み続けているので下手すると上記のような手続きを一切しないで30~40代になっている可能があるのです。

必ずしも誰もが契約書が読めたり、経理ができたりeTAXで確定申告する必要はないですが、成人したら自分の住民票くらいは出せないと恥ずかしすぎます。そして一人でガスや電気を契約したり、銀行口座を開設することくらい最低でも必要です。

生活を営むのが難しい

早ければ大学生には一人暮らしを経験する人が出てきます。
一人暮らしすると家賃が幾ら掛かって、食費が幾ら掛かる、そこから衣類や趣味、遊び代に飲み代など…いやが上にも「やりくり」を経験します。ズボラな男子大学生でも「今月はやばい!」とか「電気代減らさなきゃ」となるのです。

個人によってお金の管理できる能力はことなりますが、一人暮らしすると最低限、生活を営む力がつきます。
家賃や水道光熱費を滞納せずに暮らせているのであれば、最低限は一人で生きていると言えます。

しかし子供部屋おじさんのように、生まれながら同じ実家に住み続けていると、収支の管理を自分でやる必要はありません。食費やガス代や電気代はもとより、持ち家の固定資産税がいくらかも知らないのです。30~40代になってから家を出て一人で生きていける力があるか危ういと言えます。

恋人を作って結婚する事が不可能

学生のうちなら実家暮らしでも問題はありませんが、20代も後半になって恋人を作るときに「実家暮らし」というのはウィークポイントとなります。家に泊まってく?と言えないですし、恋人の家に両親や兄弟が居ては落ち着いてお茶を飲むこともできません。好意的であっても、親からお菓子の差し入れをされたらゲンナリしてしまうかもしれません。

もし何とか結婚に漕ぎ着けることができても、共同生活ができるか怪しいです。一人暮らしの経験があれば家事炊事など一通りできますが、実家暮らしから結婚だと相手に甘える事になります。もしくは実家に入ってもらう事になります。現代ではこのケースは難しいと言わざるを得ません。

子供部屋から巣立つ分岐点は25歳!

ツバメは孵化したばかりの毛も生えてない状態から、巣立ちするまで僅か20日前後です。
巣立ちから1週間もして自分で餌を取れるようになると一人で飛んで行き、巣には戻らないのです。

人間は30日では育たないですが、25歳(9,125日)を目安に一人暮らしできるように努力すべきです。
20代後半というのは人によって本当に人生が様々で、早い人なら結婚をして出産、住宅ローンの借り入れを計算したり、子供の幼稚園の入学手続きをしているかもしれません。一方で、子供部屋から小学生と同じ生活をしている人もいるのです!
30歳はまだまだ大丈夫、40歳でも実家暮らしも居るし…。と思っていると後々地獄を見ることになります。

一概に実家暮らしが悪い訳でない

社会人として仕事をして、月収30万円貰っていたとします。
一人は家賃10万円の一人暮らしで貯金0円、もう一人は実家暮らしなので貯金が毎月10万円。
このように計画的に貯金や目標があるのなら実家暮らしの方が良い場合さえあります。

例えば大学と実家が近い、職場と実家が近い、など敢えて無理をして一人暮らしする必要がないのであれば実家でも良いのです。しかしある程度、行政手続きや契約など大人として最低限の事は一人でできた方が良いです。

せめて小学生の学習机は処分しよう!

年に2回しか帰らない実家の自室が、小学生の頃のままなら余り問題ないですが、そこを主として住んでいるのであれば昔のモノは整理して、大人として生活すべきです。
ポケモンシールが貼ってあるような小学生の学習机は早急に処分すべきです。例えば30代後半の女性が、まだ使えるからと言って小学生の時のトートバッグや自転車を使っていたらどう思いますか。アラフォー近くなって学生時代のジャージなどを着ていたら目も当てられないはずです。

アップライトピアノなど大人になっても使う事を前提として買ったものは別として、幼少期の家具や道具は断捨離するべきです。捨てられない思い出があるのなら、ダンボールに入れて押入れに突っ込むのが良いはずです。