自由に生きるにはジョゼフィーヌごっこ遊びをする

自由奔放な生活といえば、やはりマリー・アントワネットでしょう。
驚くほどの美貌と軽率かつ自由気ままな生活は今でも憧れる女性は多いはずです。中でも毎年200着近いドレスを仕立て、装飾品や手縫いのストッキングは今では考えられないほどの贅沢だったようです。
フランス革命でルイ16世一家がパリを脱出して逃亡した「ヴァレンヌ事件」では国民を欺き実家のあるオーストラリアにこっそり逃げ出そうとしたにも関わらず、目立つ6頭立ての馬車に沢山のドレスとワイン8樽、銀の食器などを載せてゆっくりと逃げたため捕まったそうです。

我こそはマリー・アントワネットと自称するのであれば、大地震が来ても先ずは丁寧に化粧をして、ストッキングとドレスをメイドに着させてもらい、執事にワイン12本とクリストフルのスターリングシルバー、”サンルイ”のワイングラスを持たせてから逃げるようではないといけませんね。

さて、マリー・アントワネットも良いのですが、やはり時代は流れナポレオン3世の妻である”ジョゼフィーヌ”が2019年のごっこ遊びには最適でしょう。
ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネは同じく貴族の出て美貌の持ち主で、大変な浪費家であったそうです。ジョセフィーヌごっこをするのは簡単です。

とにかく適当にお金のある男と適当に結婚します。
どうせ金持ちの男なんかと仲良い夫婦が続けれるわけがないので3~4年したら別れましょう。仲睦まじき恋愛結婚をしたいのであればマリア・テレジアのように6歳の時の初恋相手と結婚すれば良いのです。

夫がギロチンで処刑されるのが理想的なのですが、現代ではそうは行かないので、適当に船の上から突き落としましょう。
さて「陽気な未亡人」と呼ばれるためには、総裁政府の愛人になり社交界での花形になるのが良いでしょう。毎日パーティーに出るのです。

そしてナポレオンのような頼れる男と再婚するのです。きっと真面目な夫は毎日ラインを寄こすでしょうが既読スルーして、愛人を作って遊びまくるのです。
これこそ最高に自由奔放な生活と言えます。夫は出張が多く、単身赴任に付いてきてほしいと言ってくるでしょうが、これもまあ一人で勝手に行ってきてもらえばいいのです。

忘れてはいけないのがお城に沢山の薔薇を育てるのです!やはり女性はエレガントにローズガーデンを作り、イラスト画集を作るくらいの意気込みが良いでしょう。
高級で質のよい香水も沢山集めましょう。薔薇と香水は大切なのです。
お風呂に入るときには、もちろん薔薇を入れ、飽きてきたらブランデーのコニャックをたっぷりお風呂に入れてリフレッシュします。

浪費は良いものの、さすがの夫も”浮気しないでくれ”とラインを送って寄越しますが、誤送信してツイッターに拡散されてしまいます。流石の夫もブチ切れで離婚届を叩きつけられますが、また離婚しちゃえばいいのです!
何だかんだ”寂しかった”などと言って多額の慰謝料を生活して、老後までぬくぬく過ごすのです。

こうして自由奔放に好き勝手に生きれば、絶対に後悔しません。人生にはスリリングと薔薇と香水が必要なのです!

ぜひ貴女も来年2019年はジョゼフィーヌごっこ遊びをして過ごして下さいね!



コメントを残す