iPhoneで簡単に逆光撮影する方法

最近のiPhoneは凄いんです!
筆者は今までiPhone4から、5、6Plusを使っていましたが、8Plusにして驚きました。望遠レンズと広角レンズの単焦点レンズのおかげで、光学ズームのように美しい望遠が撮れるようになりました。

こんな広角の写真も、最大ズームすると…。

おお〜〜〜。
○ッポ○ギヒルズのB棟とC棟がくっきり!
上層階のメゾネットタイプから、最上階のペントハウス・スイートまでよく見えます。一眼レフやミラーレスカメラを持ち歩かなくなる人も増えそうです。

さて、タイトルのiPhoneで簡単に逆光撮影する方法

青白っぽく色合いが変化して、建物がぼやけてしまっています。
ハレーションと言って、太陽の強い光がレンズに入りこのような像になってしまいます。最新のアイフォンでも色温度もずれて綺麗な写真になりません。

これを、ごく簡単に修正する方法…。それは手で遮る!それだけです。

一眼レフのレンズだとレンズフードなどをつけて、ハレ切りと言う遮光をするのですが、その代用でアイフォンのレンズの上を片手で覆って、カメラに直射日光が入るのを防ぎます。

どうでしょう。画像の色合いや鮮明さが全く違うのがわかりますか。
しかし難点もあり、手の角度によって写真のように上に写り込んでしまうことです。ですので、構図を工夫して後からトリミングできるように上気味にすると良いはずです。

この方法はかなり便利で、集合写真を撮る時に逆光だと真っ白になってしまう写真も、手で遮るだけでくっきり写ります。あとは上部をトリミングすればいいのです。

しかし夕日なんかを撮影するときは使えません。

こんなときは、近距離であれば被写体にフラッシュを当てるとうまくいくこともあります。もしくは、日が沈み背景の雲で光が分散されると、コントラスト差が抑えられます。