今日から始められるベランダ・ガーデニング

ベランダ・ガーデニングの最大の利点は、採れたての新鮮な野菜やハーブを楽しめることです。
今までスーパーでハーブを買って、「あれ?イマイチ香りが弱いな」と思ったり、「この大葉なんにもニオイがしないわ」と思ったことはありませんか。

そんな人に絶対オススメできるのが、苗からできるハーブガーデニング。
ホームセンターや園芸店で簡単に手に入ります。

特に失敗しにくいのがミント系やバジル系、土壌に左右されにくく、元気に成長しやすいです。ズボラな人はキッチンの片隅でも育てることができます。

土を買うのであれば、園芸用の混ぜ土やハーブ用の土を使うといいです。苗のポットから、小ぶりのプランターや横長のプランターに植え替えるだけでOKです。
ミントの場合は日当たりの良好な場所に置いて、冬は寒くなりすぎないように室内に保管してもいいです。あまりに陽射しが強い場合は、カーテン越しや午前中だけ日が当たる場所におくといいです。

水は午前中と夕方にたっぷりあげます。トレーに水が貯まると根腐れしやすいので気をつけます。日中の暑いうちに水をあげて高温になってしまうと水温が上がり枯れやすいので気をつけます。2〜4日家を開ける場合は、キッチンのシンクに入れて数滴ずつ水を垂らし、電気をつけっぱなしでいくと、枯れずに持ってくれることもあります。

少し慣れたら種から初めてみるのも良いです。
この場合は、土壌はハーブ用の土で植物の栄養剤は「メネデール」などを使います。栄養剤のあげすぎも良くないので、最小限で良いですよ。

種の間隔は密集させすぎず、筋になるように巻いて、たくさん出てきたら別の場所に移動したり、間引いたりして栄養が1本に集中するようにします。
発芽率は状況によってことなるので、少し多めに巻いてもOKです。

ミニバラは挿し木すると増やすことができます。その際は、「そのまま植えれる鉢」などを使って差し替えます。ローズマリーなども挿し木できます。
ミントやバジルなどは株分けで、密集したものをほぐして距離を置いて植えることで、どちらも大きく成長させることができます。

成長しすぎる前にどんどん収穫する!

成長しすぎる前に切り戻しといって、量を減らしていきます。
成長しすぎると、見栄えは良いのですが香りが減ったり味が落ちる一方です。また密集すると葉に栄養も少なくなりますので、どんどん収穫して食べてしまいましょう。

収穫してすぐ食べない場合は、コップの水に挿して涼しい場所におけば2〜3日持ちます。食べきれない場合は乾燥させたり、バルサミコやオリーブオイルに浸ければ自家製ハーブオイルが作れます。

料理が好きな人にお勧めです!

はっしー

1989年 静岡市生まれ
2018年の遅い上京で港区民になりました!
Twitter → @ohashi335
プロフィールはこちら