【男性向け】初デートで気をつけたいこと

12月に入るとデートする機会が増えますね!
え?増えないって?

とにかく、久々のデートだと失敗しやすいので、初デートで気をつけたいことをまとめてみました。

デートを誘う時

デートに誘う時に長々しい文章を送るのは、引かれてしまうのでやめましょう。
短めで完結的に誘うのがベストです。
例えば「今度、◯◯◯というお店に行ってみたいけど、良かったらどう?」といった感じで、行きたいお店に誘ってみるのが自然です。映画や美術館は嗜好性が強く、好き嫌いがあるので、初デートでは控えたほうがいいですね

誘うタイミングは、デートの2週間前くらいが適切です。1ヶ月前だと「先のスケジュールは分からない」と言われてしまいますし、1週間前だとギリギリすぎるので2週間前がお勧めです。相手の職業などに合わせて誘うタイミングを見図りましょう。

初デートは昼間がお勧め

初デートは長時間よりも、物足りないくらいの時間であっさり過ごした方が良いです。お互い慣れていない状態で長時間だとストレスになる可能性もあります。

仕事にもよりますが、週末の土日などランチを予約して、夕方に解散するスケジュールなどは失敗が無いデートになるはずです。
どこに行くかを先に相手に伝えるのを忘れずに。女性は行き先によって服装のコーディネートを変えるので、必ず伝えておくと良いです。初デートでサプライズは不要です。

集合場所は現地か、座れるところ

しばしデートの集合場所で駅前などにする人が多いですが、冬の間は数分立っているだけで冷え込んだり、人混みが多く不快です。できれば現地で時間ぴったりに待ち合わせをするか、ホテルのラウンジでお茶でも一杯してから食事に行く方が心の余裕が出て良いですね。特にホテルのラウンジだと待ち合わせ前に、女性が化粧を直したりできるので印象がよいはずです。手土産を持っていくのであれば2〜3千円のお菓子、チョコレートなどがお勧めです。

最低限のマナー

相手に会ってからスマホをマナーモードにしておいて、取り出さないのは常識です。会ってから携帯を触っているようではデートがつまらないと言っているようなものです。トイレに行った時にちらっと見る程度にしましょう。
女性は化粧直しに行きたいので、デート中に1〜2回はトイレに行くと、相手も行きやすくていいです。

あとは身だしなみ、清潔感のある服を着て、出かける前に靴をさっと磨いておきましょう。意外に汚い靴の男性が多いので、デート前くらいは足元にも気を回しましょう。ハンカチはもちろん必要ですし、2枚以上持っているとベンチに座る時に敷いてあげたり、相手が忘れてしまったときに手渡せたりと気が使えます。
念のために、デンタルフロスと絆創膏も持ち歩くと、食後に物が詰まったときに使えますし、絆創膏は靴擦れしたときや、ちょっとした傷が気になるときに便利です。普通に生活してても紙で手を切ってしまうこともあります。

会話で過度に詮索しない

これもありがちなミスですが、初デートで聞きたいことが多すぎて様々な質問をしてしまいがちです。どんな日常生活をしているのか、誰と交際していたのか、何人友達がいるのか、普段どのお店に行っているのかなど。聞いてみたい気持ちも分かりますが、焦らずに質問責めにしないように余裕を出すのが大切ですね。

車にデートの場合

地方では初デートから車でのデートということも有りますが、車でデートする場合は水、ティッシュ、ゴミ袋、チョコレートなどを載せておくと良いです。
車内のエアコンで喉が乾燥したり、食後の薬を飲み忘れてて今飲みたいとなったり、靴に付いた汚れを落としたいなど何が起こるか分かりません。あとはティッシュとゴミ袋、気分転換用にチョコレートなど小さなお菓子を用意するのもお勧めします。

あとは肝心なのが車内でのBGM何を選ぶかでセンスを問われます。
脳内ハッピーな女の子であれば、パリピな気分アゲアゲでEDMリミックスをかければ、どこまででもドライブできる雰囲気になるかも。(なるとは言ってない)

大人しい女の子であれば、適当なジャズを流しましょう。深夜でもあればジェリー・マリガンやチェット・ベイカーなどウエストコースト ジャズでも良いですが、一般的にはモード・ジャズのしっとりした曲集が良いです。
ビ・バップをかけてしまうと車内が煙草とウイスキーが混じったような臭いになってしまいます。喫茶店やバーで擦り切れるほど聞かされているビル・エヴァンスでもかければ問題ありませんし、少しひねりを効かせてビル・エヴァンスのソロでもかければ耳障りにはなりません。

クラシックが好きそうであればショパンやリストも良いですが、12の練習曲やバラード&スケルツォをかけた日には課題曲を思い出させて憂鬱な気分になってしまうかもしれません。それにラヴェルやドビュッシーのような印象主義音楽原理主義者で、激しい情緒表現を嫌い、ドライブが始まって10分もすれば路上に下ろしてくれと喧嘩になってしまうかもしれません。
安牌を取るには、やはり無伴奏曲、それもバッハの無伴奏チェロ組曲やヴァイオリン無伴奏ソナタとパルティータであれば、邪魔なピアノも無く最高の雰囲気の中でドライブを楽しむ事ができます。
「やっぱり1番のト短調 はフーガの滑らかさが美しいよね〜」と盛り上がるかもしれませんが、「ハイフェッツよりパールマンの方が好き、この奏者嫌い!」と破綻する可能性もあるので自己責任で選んでくださいね。

という訳で、デートは楽しいけれど難しいです。車にデートでなければ曲の選択がないのでリスクが減りますよ。良い関係になれるように頑張ってくださいね!

おわり

はっしー

1989年 静岡市生まれ 2018年の遅い上京で港区民になりました! プロフィールはこちら