Camiceria Piccirillo オンラインで本格ナポリ仕立てシャツをオーダー

こんばんは、プロフェソーレ・ランバルディ静岡の大橋です。

今日はご好評いただいたおかげでついに、本日マイナーチェンジを行なったプロフェソーレ・ランバルディ静岡の「Camiceria Piccirillo オンラインオーダーシャツ」について紹介したいと思います。

Camiceria Piccirillo オンラインオーダー

これは私が自分でウェブサイトにポチポチと入力して作り、実に画期的な第一印象を与えることに成功したアナログなシステムです。

お手持ちのシャツと比べながらサイズを調整していくことで、来店しなくてもなんと9工程以上を手縫いでこなした本物のナポリシャツがオーダーできるというもの。

またご来店ほどの細かいフィッティングや調整ができない分、ハイクオリティな生地を使用しながらも、送料・税込35,000円〜でオーダーができるのです。

なんと慎ましい値段設定!

なぜあまり利益の出ないこの値段で受注しているかといえば、ぶっちゃけCamiceria Piccirillo カミチェリア・ピッチリーロのマウリツィオのご機嫌をとるため以外に他ならないのです。

たくさん注文を集めることで、どんどんシャツのクオリティを上げてもらおう。そんな思いでオンラインオーダーを運営しています。

オンラインとはいえ、実に多くの部分が調整でき、ベーシックなサイズならほとんど困らないでしょう。

5mm単位で調整しながら、自分にぴったりのシャツをオーダーすることができます。

Camiceria Piccirillo カミチェリア・ピッチリーロとは

このカミチェリア・ピッチリーロについても、今一度ご紹介いたしましょう。

もともとサルトリアを営む兄のジャンニ・ピッチリーロと昔からシャツ作りに情熱を注いできたマウリツィオ・ピッチリーロは、同じ屋根の下でサルトリアとカミチェリアを営んでいました。

マウリツィオは手があけばスーツの仕立てを手伝い、顧客がくればシャツの仮縫いを行い、毎日過ごしていたのです。これは彼が幼いときから続けていた仕事でした。

しかし最近になって当店のオーダーも増え、店の知名度も上がってきたことで、ついにジャンニの小さな工房ではスペースが足りなくなってしまいました。そして彼はついに、500メートルほど離れたところに自分のカミチェリアをオープンしたのです。

Camiceria Piccirillo カミチェリア・ピッチリーロ。

マウリツィオは子供の頃、「兄がサルトになるなら、自分はカミチャイオ(シャツ職人)になろう。お客さんを取り合って喧嘩にならないように」と、そう考えてシャツを作り始めたと言います。

そして今やアンナ・マトッツォにも勝るとも劣らない、優雅なギャザーを持ち、ほとんどの工程を手縫いでこなした最高峰のハンドメイドシャツを仕立てるカミチェリアとなったのです。

特に肩のギャザーは、ナポリ的な優雅さを醸し出します。

どのようなシチュエーションでも着られる定番の襟型RAMBALDIの他にも、ボタンダウンやカッタウェイが選べます。

ボタンホールが美しい手縫いなのはもちろん、肩やヨーク、背中などあらゆるところに丁寧なハンドステッチを見つけることができます。ボタンはもちろんマザーオブパールを使用しています。

今回は今まで好評だったベーシック生地に加え、最高峰のシャツ生地としてナポリで愛されるS.I.C.TESS シクテスの140双糸生地が選べるようになりました。

この他にも白やアズーロ、ストライプからピンクまで数多くの生地からお気に入りの一枚を選ぶことができます。

オーダー自体は簡単で、慣れれば10分で注文できます。是非チェックしてみてくださいね。

プロフェソーレ・ランバルディ静岡
Camiceria Piccirillo オンラインオーダー詳細ページ

Professore Rambaldi

ナポリ仕立て専門セレクトショップ「プロフェソーレ・ランバルディ静岡」
本物のナポリ仕立てを日本でオーダーできるビスポークやメジャーメイド、そしてナポリのサルトリアで仕立てられた既製服を扱っています。

> Professore Rambaldi 公式サイト

「大人になれる本」では、メンズファッションやイタリアのことなどについて記事を寄稿させて頂いております。