乗り物

BMW新型M4 Competition G82ってどう?実車を見てきました!

休日に時間があったのでヤナセで新型BMWのG82型M4を見てきました。
事前に公式ウェブサイトで確認したよりも全然デザインがカッコ良かったです。

フルモデルチェンジしたBMW新型M4は2021年1月26日に日本で発売されました。
まだまだ在庫が少ないのですが、それでも即納車があるなど意外にチャンスがあります!

リアはBMWというよりは新型クラウンみたいなデザインです。
フロントはアストンマーチンとアルファロメオ、トヨタを足して割った感じ。青いLEDライトがカッコいいですね。

関連記事

BMW M3 (M4) は本当に日常で使えるのか?

BMW M4サーキット走行

公式サイトの写真だとイメージがつかみにくい?
特にフロントのグリルが酷いデザインに感じてしまいますが、実車はそこまで気にならないバランスの良さでした。
試しにナンバープレートを合成してみます。

こちらが公式サイトの新型M4 G82です。
PS5グランツーリスモの最新みたいな雰囲気ですね。

こちらがナンバープレートを合成してみた写真。
一応、品川にしてみました。どうです?
アルファロメオ ジュリアに似ているような気がする。

参考に以前のM4も並べてみます。以前のF82の方が筋肉質でマッチョな印象がありました。
ホイールはこっちのほうが好きです。

M4の横ラインは丸みを帯びている

全体的に新しいBMWシリーズのデザインを踏襲しています。
新型5シリーズのイメージが強いです。

横のラインが美しい。
上品で8シリーズのような雰囲気があります。

ドア上部は新型Z4やスープラのような丸さがあります。
キャラクターラインが弱く曲線になっているのでそう思うのかな?
E92時代の信者には角の立ったドアに慣れているので少々物足りなさを感じます。

ルーフはカーボン素材

毎度おなじみですが、ルーフがカーボン製で軽量になっています。
この展示車両はオプションでハーマン・カードンのサウンドシステムを埋め込んであり、リアのトランク上部にもスピーカーが設置されていました。なかなか贅沢ですね!

ホイールは20インチ

角の立った近代的なデザインのホイールです。
ブレーキパッドのスリットが少し変わっていますね。標準タイヤはP-ZEROになっています。

G82 M4のリア周りのデザイン

ボディカラーがブラックで分かりにくいのですが、ちょっとゴツゴツしすぎというか最近の国産車のようなデザインです。レクサスのブレーキランプに似てません?
あと4本出しマフラーの横のアンダーカバー?もレクサスっぽいです。

M4内装はどう?

内装もセンターコンソールがほとんど全てのBMWと共通化されました。
8シリーズをはじめポルシェのような平面的なパネルにスイッチ類を集結させています。
エアコンの吹出口はレクサスのように横長になっています。メーターが機械式でないのは寂しいですね。
やはり時代の流れのようです。

BMW新型M4 Competition G82ってどう?

正常進化していると思います!
環境性能や社会変化に対応しながら、ここまでキープコンセプトできたというのは凄いです。
今はガソリン車というだけで逆風なのにスポーツカーをリリースできるBMWは素晴らしいです。

個人的には古い人間なので、デザインやメーターなど気になる部分はありますが、きっと乗っても楽しいのだと思います。実際に試乗したら再びレビューしてみたいと思います。

ちなみにヤナセには在庫車が来ているそうなので、気になる方はお近くの店で確認してみてください。
即納可能なG82M4もありますよ!しかも左ハンドル!(カッコいい)

BMW M4スペック 日本仕様

値段・価格  車両本体価格(※税込): 12,980,000円〜

https://www.yanase.co.jp/

グレード 製造年 エンジン型式 エンジン 排気量 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式 ハンドル位置
M4 2021年3月- S58B30T0 直列6気筒 ツインターボ 2,993cc 480ps/550Nm 6速 MT 後輪駆動 右/左
M4 Competition 510ps/650Nm 8速 M Steptronic
M4 Competition Track Package

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。