コンテンツへスキップ

カップラーメンの味が変わった?あっさり新しくなった!

普段は美味しんぼの海原雄(魯山人)のように、色々と食に文句を付けている私ですが、料理がめんどうな日はこっそりカップラーメンなんかを食べているインチキ野郎です。今から随分と昔の13歳頃、家に誰も居ないときにセブンイレブンで爽健美茶とシーフードヌードルを買って食べるのが大ごちそうで、ハッピー!となっていたのですが今食べても美味しいものですね!安藤百福さんに感謝!

そんなカップラーメンの醤油味を久々に食べたら、なんと!味が変わっているではないですか。
昔の濃い田舎のラーメン屋のような化調の使い方が改変されて、あっさり醤油ラーメンに変化していました。

今のカップヌードルの醤油味はどんな味?

お湯を注いで気づいたのは、トマトのような酸味の香りがあることです。注いで数秒で「アレ?」と香りの違いに気が付きました。それより前に、握った瞬間にペコっと凹み「もしかしてカップヌードルの容器が薄い?」と思いましたが、色々とコストカットで改変されているようです。
昔のカップヌードルは力強く握っても、潰れることはなかったのですが今の新しいカップヌードルは握るとペコっと凹んでしまいます。

ちょっと心配になりながら3分待って食べてみた味は驚きの変化でした。

まず「油が薄い」昔のねっとり安い油っぽさが軽減されて、あっさりカップラーメンのようにスープが飲めるくらいに薄い油になりました。また、当時の厚みのある化学調味料の味がなくなって優しいあっさり味に変わっています。
特に鶏ガラスープの香りが強調されて、おお〜!鶏だ!となりました。香りは本物の醤油ラーメンのようです。

付属している謎肉の味も変わり、塩分が低くなり化調バリバリのジューシーというよりは、あっさりした本物の肉のような味わいに変化しました。

一般人はどう思う?

これは予想でしかありませんが、おそらく肉体労働の人たち、例えば工事現場で働くような人は前のカップヌードルの方が好きだと思います。ガツッと塩気が濃く、化調の厚みもあったので食べごたえがありました。
新しいカップヌードルは家で食べるにちょうどよいあっさりで美味しい味わいです。本物の醤油ラーメンに近づいたといえば近づいたのですが、昔ながらのカップヌードルに求める味とは少し変化しています。

昔のカップヌードルに慣れている人からすると、今ひとつ物足りないあっさりしたカップラーメンに感じてしまうかもしれません!インフレでコストダウンしたのか、現代人の味覚に合わせたのか真偽は不明ですが、確実に味が変わっているので読者のみなさまも食べてみて昔のものと比較してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

copyright otonaninareru.net