飲み物

ノーブランド牛乳は同一パッケージでも○○が違う!?酪農牛乳の秘密とは

はい、こんにちは。
謎情報ばかりで役に立っているのか分からない大人本編集部です!
今日は、「ノーブランド牛乳」に隠された秘密を暴こうと思います。

スーパーマーケットで168円で売っている「酪農牛乳」あらゆる野菜や肉がインフレして値段が高騰しているなか、牛乳は値段を維持していてすごいですよね!スーパーの人には申し訳ないけど、同じ値段なら賞味期限が長い方を買ってしまおう、と奥から出そうとしたら「んん?刻印が違う・・・」とあることに気が付きました。

下の2枚の画像を見て気が付きましたか?ぜんぜん分からないですよね!なんと・・・

ノーブランド牛乳は同一パッケージでも「産地」が違う!!

普通「北海道牛乳」だとか「高千穂峡牧場牛乳」だとか「朝霧高原牛乳」といった産地を中心に名前がついていますよね。
それが、まったく同一コーナーの、同一値段商品でも産地が違うんです!

左は、
製造者 長野牛乳株式会社 製造所所在地  長野県長野市稲里町1548番地
販売者 東海牛乳株式会社 岐阜県八郡神戸町丈六道66
右は、
製造者 東海牛乳株式会社 製造所所在地 岐阜県八郡神戸町丈六道66

分かりましたか?? これ左の牛乳は東海牛乳株式会社のOEMなんです!

どういった事情かは分かりませんが、「流通量を安定させるため」「長野牛乳の在庫を販路を広げて売る」「東海牛乳株式会社の不足分を補う」このような理由が予想できます。

実際には製法なども指示しているようで、栄養表示や殺菌時間など両方同じになっています。
ですので栄養学上の品質の差は無い(カルシウムは長野のほうが僅かに多い)とされています。ただ、牧場が「岐阜県」と「長野県」ですよ??
違いがない!ってのが本当か気になりますよね〜〜??え、ならない?

実際に両方の牛乳をテイスティングして味わいの比較をしてみました!

岐阜バージョン(東海牛乳株式会社)

加熱されている 藁や干し草のような香り
コクがある 蒜山牛乳のような濃い味わい
重みのある昔ながらの牛乳のようなあじ
後味にくさみもなく良い キレはない

長野バージョン(長野牛乳株式会社)

フレッシュなかおり
クリーミーだけどあっさり キレが良い
高千穂乳業のようなあっさりした飲みごたえ

長野のほうがうまい!!

これ言っていいのか分かりませんが、2つを比較した結果OEM元の長野牛乳の方が美味しいという結果になりました。
人によっては岐阜の方が好きかもしれませんが、フレッシュ、新鮮な飲みごたえを求める人であれば長野を選んだ方が幸せになれます。

時期や季節などに大きく影響されると思いますが、岐阜の牛乳は同じ殺菌秒数130度2秒でも熱が入りすぎた?味がします。
殺菌加工の機械の関係かもしれませんが、加熱しすぎてフレッシュな香りが飛んでいるように思います。

みなさんも見かけたら両方試してみてくださいね〜

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。