ライフスタイル,  一人暮らしの教科書

ハリオのカークボトルよりダイソー200円水筒がめちゃめちゃ便利

6月頃から毎日冷茶を仕込むようになって「HARIO ハリオ カークボトル」3本では全然間に合わない事態になりました。
水道水を浄水して飲んでいるので、カークボトル3本には紀州備長炭を突っ込んで24~48時間濾過させています。

HARIO(ハリオ) カークボトル 食洗機対応 1.2リットル ホワイト 日本製 KAB-120-W 参考価格: ¥2,700 詳細 価格: ¥2,182 

カークボトルはプラスティック製だというのに、定価2,700円と信じられないほどに高価です。
日本どれだけハイパーインフレなんだ!ってのはさておき、100円均一のダイソーで似たような冷水筒が売っていたので購入してみました。

なんと、この210円のダイソー冷水筒は日本製!プラスティックの質感もそれほど悪くなく良い出来です。

写真ではハンドル部分が薄くて、一見では強度不足のように見えますが、実際に使ってみると満水の状態でも軋んだり折れることはなく、毎日ヘビロテしても問題ありません。
値段が安いので、さすがに半年から1年ほどの耐用年数を想定していますが、3千円近いハリオ カークボトルと同時に使用してもストレスが少ないので、インスタ映えを狙わないのであれば、ダイソーで十分かな?という感想でした。

スリムで場所も取らないので、「浄水用」「冷茶用」「麦茶用」「昆布だし用」など用途に合わせて何個も保管できるので便利です!
ちなみにダイソーでは冷水筒が少し品質アップした300円版も売っていましたが、パット見では違いがあまりありませんでした。

まだまだ暑い日が続くので、参考にしてみてくださいね〜

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。