一人暮らしの教科書

27歳が見なければイケない物

無事、編集部のはっしーも27歳の誕生日を迎える事ができました。
アラサー独身男子の仲間入りです。
26歳で独身なのは普通ですが、この年になると肩に急に重りがのしかかってくるのは気のせいでしょうか。

今回は自分用に27歳が見なければイケない物を書き出してみました。

flower

1.貯金通帳

これは最も見なければイケない現実ですね…。
筆者は絶望的です。27歳であれば300〜500万円は欲しいです。
編集長の貯金通帳は2桁万円をウロウロしています…。

2.フェイスブック

投稿するのではなく、他人の投稿を見るんです!
同級生のアイコンが「タキシード」や「純白のドレス」になっていませんか?
他にも「赤ちゃんがつかまり立ち」する写真など…。我々はそういう年齢なのです。

3.洗面鏡

いつまでも20歳のつもりではダメですよ。
明るく電気を付けて、よく鏡をみましょう。
男性も女性も、肌の質感やシワが年齢相応になってきます。

4.ラインの履歴

ラインのトーク履歴が27歳として問題ないか。
家族や職場の人に見せても恥ずかしくない内容か読み直しましょう。
また年齢に合った顔文字やスタンプを使えていますか。

5.親の背中

昔は強く頼もしく見えた親の背中。
今の親はどうですか、自分が大人になる事が恩返しです。
現実を見て、何ができるか考えましょう。

 

うーむ、どれも重いですね。
男性の27歳というのは、かなり心理的にプレッシャーが来ます。

周りの友人が結婚したり家庭を持つのを横目に、仕事をしたり婚活するのです。
さすがに二十歳の女の子と遊ぶのは辛い年齢になってきますし、逆に年上の女性(30代)と遊ぶと、相手が妙に積極的で怖い思いをします。

生涯独身、孤立無援を避けたいのであれば、今のうちから良い伴侶を見つけれるように真面目に相手探しを見つけて、親が健康的な家に孫を見せてるように頑張りましょう。もとい、頑張りたいと思います…。

 

もしあなたが27歳であるなら、ブックマークして忘れないようにしましょう。