コンテンツへスキップ

オススメのブランド紅茶【入門】

DSC_1903

ナヴァラサ ダージリン キャッスルトン茶園

ナヴァラサは新宿伊勢丹のオリジナルのティーブランドで、最高級の品質の高い茶葉だけを取り扱っています。
日本の高級茶ブランドは数少ないので、こういった日本初ブランドがもっと増えてゆくと嬉しいです。

このダージリン以外にも茶葉の中で更にロットや種類(茶樹)を指定したり本当に拘りが強いのが特徴です。
もともとリーフルというダージリン専門店が関わっている事もあり、高品質の茶葉を適性な価格で買えるのが特徴です。

参考価格 50g   1,944円

http://shop.leafull.co.jp/

DSC_1916

知覧心茶堂 ハートペコー

こちらはブランドではなく、日本の緑茶の生産者ですが購入した紅茶があまりに美味しかったので紹介したいと思います。
知覧とはご存じの通り、鹿児島の南部で小さな町です。
静岡に続き緑茶の生産も多いですが、中でもここ知覧心茶堂は紅茶を生産しており、こだわった製法でファーストフラッシュを作っています。

品種は紅富貴という日本独自の紅茶用茶樹で、海外の有名ブランドにも負けないような味わいと香りに仕上がっています。

参考価格 40g 1,500円

http://www.shinsado.com/

DSC_1917

東インド会社 ダージリン

”あの”東インド会社からニュアンスを受け継いだティーブランドです。
大英帝国は解散しましたし、このブランドもロイヤルギャランティを得ていない事から考えると、独自のブランドと考えるのが妥当です。

ですが、ブランド名が面白いので紅茶好きな人はネタに一度買ってみるのも良いですね。
ダージリンの質自体はまあ普通な感じです。セカンドフラッシュが主体のブレンドですが、気軽に飲むことを前提とされています。

参考価格 125g 2,160円

http://www.eastindiacompany.jp/

DSC_1919

アフタヌーンティー アフタヌーンティーブレンド

日本のお洒落雑貨&ティールームのブランドです。
リバティ風なブランド缶が可愛くて購入してみました。
歴史としてはサザビーリーグが1981年に生活雑貨とティールームを複合した「Afternoon Tea」1号店を開店したそうです。
スターバックス・ジャパンを日本で広めたのもサザビーと言えるので、日本人の心を良く理解したブランドと言えますね。

ただ、本格的な”リーフ”を求める人口が少ないため、こちらのアフタヌーンティーブレンドも茶葉の味は大したものではありません。
経験として一度買って、海外ブランドと比べるのも面白いですね。
100gだと3,000円以上と、マリアージュ・フレールよりも高級なティーです。
日本人は内容量が気にならないのでしょうか?

参考価格 30g 1,000円

DSC_1922

ウィッタード 1886ブレンド

英国で頼むと到着までに2ヶ月掛かる伝説のリーフ。
というのは冗談ですが、紅茶ブランドの中では少し影に隠れているメーカーです。

同社の創業1886年をイメージして作られたブレンドです。
香りは弱めで、クラシックかと聞かれるとそうでもない味わいです。
成城石井で購入したのですが、賞味期限が2ヶ月しかなかったとい、色々伝説のブランドです。
一度倒産しているらしいのですが、再び倒産するまえに味わって置いた方が良いですよ!
二度と飲めないかもしれませんからね…。

参考価格  125g 1,954円

https://www.whittard.co.uk/

DSC_1923

ウェッジウッド エカテリーナ

また倒産したメーカーか…。なんて思わないで下さいね。
歴史あるティーウェアブランドです。
昔は日本でも洋食器系ブランドの紅茶が持て囃されていたそうですね。
WW,RC,ミントンなど今では紅茶はお店の角に少し置いてある程度です。

ロシアのエカテリーナ女帝の注文を受けて、ディナーサービスを完成させたウェッジウッド。
まとやかさの中にほのかにジンジャーが香る崇高で華やかな味わいはエカテリーナを彷彿させます。との事です。
エカテリーナ女帝が注文されたのはディナーサービス(食器)ですので、お間違いない用。

まあでも爽やかな香りで美味しいですよ。

参考価格  100g ¥3,240

http://www.wedgwood.jp/

DSC_1924

ロイヤルコペンハーゲン アールグレイ

昔は、昔は人気だったの!
象印のマホービンにさえ輸入食器ブランドの絵柄が描かれてたり、鍋やエプロンにまで…。

まあ、ロイヤルコペンハーゲンのアールグレイ。
デンマーク人がブレンドしているというよりはOEMといった感じです。
誰かにプレゼントするのには良いかもしれませんね。

あとはロイヤルコペンハーゲンのハーフレースなどお気に入りの食器がRCだった場合は、紅茶の茶葉を合わせてみたり…。

参考価格  100g 1,620円

DSC_1925

ハイソンティー キャンディ

キャンディとは、セイロン島の地方の名前です。
爽やかなメンソールがするとされていますが、僅かに感じられる程度です。
なぜ、ハイソンティーを紹介するかと言うと、安い!

普通に淹れて飲むとOh..シブーイ!となります。
ですのでミルクティーなどにするといいかも。
アフタヌーンティーの30g缶に換算すると僅か180円
一杯18円です。ブルックスより安いです。
それでいて、こんなに可愛い缶がついてくるのだからオススメです。

参考価格  100g 600円

http://store.hysonteas.com/

DSC_0050

オススメの紅茶まとめ

いかがでしたか?オススメの紅茶ブランド。
手元にある紅茶缶の中だけで紹介しましたが、他にも素晴らしい紅茶ブランドが数多くあります。
奥が深いので、色々試して自分のお気に入りの紅茶を見つけて下さいね!

固定ページ: 1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

copyright otonaninareru.net