1960年代生まれに有りがちなこと

1990年代ベイビー2人が実感した、親世代(1960年代生まれ)に有りがちなこと。

山口百恵、郷ひろみ、中森明菜、松任谷由実。
60年代の後半は、原田知世、森川由加里、松田聖子…。
クリスタルキング「大都会」。港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ。ガラスの10代…。カラオケは浜田省吾歌っとけば間違いない。

(平成生まれの二人組が適当考えてピックアップしてます)


1.自分の頭の中で完結する

本人の頭の中では伝えたい事がまとまっているので、言葉がいつも足りない。

「決まったよ」
ラインで一行来る。何が決まったんスか。と送る。
「仕事が」
何の仕事がどう決まったんですか?と送る。
「この前話してた人の契約」
やっと話が繋がる。しかし私と全然関係ない話。おめでとう、と送る。


2.寒いオヤジギャグを敢えて言う

あまりに寒すぎて覚えてないけれど、
「トイレにいっといれ」「内容がないよ~」程度の寒いオヤジギャグを披露する。
「お徳用おいとくよう〜〜」

「!?」 (平成生まれの反応)

え?なんて言いました?(聞き直す)

下手すると、

「あ、言っちゃった。」
「なんちゃって」

などと、滑る事を分かってて、言ってみる精神。


3.仕事が遅い

バブル世代の名残か、のんびり作業することが多い。

「うん、今やってる!」(進んでない)

頼んだ内容を理解してない。


4.とりあえず行くよ

ラインで済む話なのに、いちいち会おうとする。
会えばなんとかなると思っている世代。

昭和の名残りなのか、「とりあえず集合!」も多い。
現代っ子の平成生まれは、ラインのグループで物事を決定することが多い。


5.今日何があったか報告してくる

「今日は◯◯だったよ〜」
「今日は◯◯で◯◯が◯◯だったよ〜」
「◯◯見た?」

関係の無い報告をいっぱいしてくる。

はっしー

1989年 静岡市生まれ
2018年の遅い上京で港区民になりました!
Twitter → @ohashi335
プロフィールはこちら