紅茶入門6〜相性の良いお菓子作り〜

DSC_0912

市販のお菓子も良いですが、自分で焼いたお菓子を紅茶に合わせるのは格別です。
男子でも簡単に作れるプレーンサブレ作りを紹介しますね!

基本のプレーンサブレ

材料は5つ、
薄力粉…200g
無塩バター…100g
グラニュー糖…40g~70g
卵黄…1個
食塩…1g以下

シンプルすぎて覚えやすいですネ!

1.バターをホイップする

無塩バターを予め常温で少しやわらかい状態にしておきます。
冷蔵庫から出したてだと固くて、ホイップ状にできません。

指でぎゅっと押すと凹むくらいがこねやすいと思います。

ボールの中に入れて、ぐるぐるとかき混ぜてホイップ状にします。
そこに砂糖と塩少しを入れます。

クッキーがしっかり甘めが良ければ70g、甘さ控えめが良ければ40g、好みで調整してみて下さいね!
紅茶に合わせてゲストに3,4個出す場合は60g〜70gが良いはずです。

自分で何個も食べたい場合は40gがいいですねー。塩は一振りで1g以下が良いです。

バター、砂糖、塩が合わさったら卵黄を入れます。しろみは除いて黄身だけです。

2.振るった薄力粉と合わせる

振るいがなければ、ザルなどでもOK、小麦粉を入れて細かく粒が残らないようにします。
そこに先ほどのバターのホイップを追加してコネコネします。
ヘラでも良いですが、面倒な場合は手でササッと捏ねても良いです。

直径3cm程度の棒状に伸ばして、冷凍庫に30〜60分入れて寝かせます。
生地が麺棒のような形になります。

menbou

3.砂糖を周りにまぶしてオーブンで焼く

オーブンレンジを170度に予熱しておきます。
冷凍庫で固くなった生地の一周砂糖でまぶして、好みのサイズで切ります。

あとはクッキングシートを敷いてオーブンに入れて10分〜15分で完成。
焼き上がりは短めにして、必要に応じて延長すれば焦げずにすみます。

少し冷えてから食べれば美味しいです。

B-sNr7xUIAA4qH0

このプレーンサブレは絶対に紅茶に合いますよー

他にもスコーンなども簡単にできます!

DSC_1183

DSC_4246

DSC_2162

下手っぴなので、形が不揃いですが、色々焼くと楽しいですねー。

あとは朝食用のプチパンなど。
こちらも紅茶にバッチリ合うので、前日に焼いておけば幸せな朝食を迎えられます。

DSC_3636

DSC_3645

詳しいレシピは、下の本がわかりやすくてお勧めです。

粉から始めるレシピ、という本が非常に分かりやすくて
パン・ピザ・パスタ・中華・お菓子など何でも作れちゃいます!

是非とも1冊手元に置いておくと何年も愛用できますよー。

クッキーに紅茶を粉末化したものを入れて作るのも良いかもですね。

紅茶入門1〜紅茶の楽しみ方〜

紅茶入門2〜紅茶の歴史〜

紅茶入門3〜紅茶のグレードとシーズン〜

紅茶入門4〜紅茶のブランドと購入場所〜

紅茶入門5〜ティーカップの選び方〜

紅茶入門6〜相性の良いお菓子作り〜

紅茶入門7〜産地と茶葉の種類〜