進学校にありがちなこと

 

 

勉強の内容で冗談を言う。

 

「今日かなり運動場カルスト地形だわ」

 

 

早朝の数学追試。

 

昼休みの英単語テスト追試。

 

というかいろんな科目の追試が昼休みに。

 

なぜか英単語テストの追試と地理10分間テストの追試がぎりぎり被らない。

 

間違いなく先生方の厳密なスケジュール管理の成せる技。

 

校則が緩い。

 

入学前は「黒ければどんなズボンでも良い」とささやかれるくらい。

 

ところでサンダルで授業受けるんじゃないよ!

 

校風も自由。

 

ときどき先生が自由。

 

だいたい1人は学校が嫌いな先生が混じっている。

 

「えー放課後は登山部についてくので、質問に来ないようにー」

 

教室の後ろの黒板には謎の数式とネタ。

 

あるいは微妙なところから引用された単語や言葉。

 

精神的に向上心のないやつは馬鹿だ

 

など。

 

「やべえ、今回の数学死んだわ」

 

その場合最も多い死因はもちろん憤死。

 

怒号の校内偏差値43。全国偏差値65

 

鬼畜な数学。

 

一度でも手を抜けば永遠にドロップアウトさ。

 

昭明太子

 

進学校ではなぜか勉強できる人は運動も出来る。

 

進学校では出来ない人は両方できない。

 

入学1ヶ月でセンター試験の話。

 

入学3ヶ月で受験の話。

 

頭がいいやつが悪いことをするときが一番恐ろしいと知る。

 

進学校は意外と宿題が出ない。

 

出た宿題をやらなかった場合は、ただ放っておかれるor見捨てられる。

 

子曰く「自分の勉強法分かってるやつは自分でやれー」

 

勉強できる=かなりカッコいい が進学校の基準。

 

進学校女子はスカートが長い。

 

男子は不良っぽい外見も多い。

 

茶髪にしてもそんなに怒られないしね。

 

なんとなく皆一定の距離感がある。

 

人の勉強は絶対に邪魔しない。

 

半分は大真面目な人、もう半分は変人。

 

イジメと言ったら、いじめられっ子のテスト結果の用紙を取り上げて皆に見せて回ることである。

 

「おい、よせよ!」

 

「うわ、あったまいいー!」

 

といじめっ子も実は頭がいい進学校クオリティー。

 

学園祭の模擬店が非常に雑。

 

という進学校クオリティー。

 

ときどき凄く勉強がたのしく感じられる。

 

「やべえ分数関数の不定積分やりだしたらとまんねえわ」

 

1人でいても馬鹿にされない。

 

女子同士の争いはかなり熾烈

 

人間関係において、ね。

 

進学60% 浪人39% 就職0.5% 行方不明0.5%

 

中学の友達に会うと、だいたい「頭いー」と言われる。

 

「えっ?◯◯高なの?あったまいー!」

 

当人はそれほど頭がいいと思っていない。

 

自分を頭がいいと思うにはやや、「上」が多すぎる。

 

進学校だからってマックに行かないわけではない。

 

荷物が多い。

 

電子辞書と参考書と教科書とノートとファイルと筆箱とワークブックとプリントと………。持ち帰るからね。

 

「え?お前旧帝大狙ってんの?あったまいー」←本人は一橋大学志望

「え?◯◯ちゃん慶応狙うの?凄いねー」←本人は上智大学志望

「北大とか寒!」←本人は東北大志望

 

テスト結果が配られるとそれを持って教室を回る。

 

今度の中間、ハーゲンダッツ賭けようぜ。

 

英語と世界史で。

 

「お前の得意教科だけじゃねえかよ」