大公開!港区麻布に入るチラシ(広告)

頼んでいないのに毎日大量にポストに投函されているチラシ…。
東京は一味違うぜ!ということで港区麻布に投函されているチラシを公開してみます。

他力本願寺…ではなく築地本願寺和田堀廟所案内マップ…。
頼んでないのに案内されています。納骨堂とお墓について解説されています。
お洒落にレイアウトされてるけど、これはデザイナー大変だっただろうなぁー


初心者にはいまいち料金形態が分からない。墓所区画には墓地区画使用冥加1m2辺り2,750,000円〜と年次冥加3,000円+1,8000円×平米数が必要らしい。
冥加ってなんだ…。携帯プラン並に複雑だし、死ぬのにも結構お金が掛かる…。
しかしまあ、70〜80代に届いても現実を見せつけられるようで厳しいし、20代は明日の飯代を稼がにゃならんので墓の心配なんかできない。誰に向けたポスティングなのだ。

王道のピザ!ピザハットですね。
私は頼んだこと無いですが、現実に即した広告ですね。帰ってきて疲れててコンビニに行く気力さえない。
プライム・ビデオかHuluかネットフリックスでも見ながら何か食べたい…。という若い男子からオジさんに掛けて絶大な効果があります。ビールやコーラを飲みながら深夜にピザを食べたいですね。
Lサイズ3千円という非常に高いプライスになっています。

ヨガ!ニューオープン。
これは暇を持て余した専業主婦に向けたチラシのようです。
肩こり、腰痛、冷え性に効果があるそうです。
ヨガはウィキペディアによれば「古代インド発祥の伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱(モークシャ)」に至ろうとするものである」らしいのですが、ただのストレッチのホットヨガに見えます。宗教観を捨てて外形的な部分だけ取り入れるのが、クリスマスのようでさすが日本!


面白そうなチラシ!どうやら「ウェスタリア元麻布」のヴィンテージマンションの即売会のようです。
新規内装リノベーション済みで、66平米8,480万円。安い!?
麻布十番徒歩4分というのをキャッチコピーにしています。やはり『元麻布』という住所は港区麻布カースト制度の上位なだけあって強いです。しかし2LDKということは、夫婦で子供を産まずに暮らすか、もしくは贅沢な一人暮らしにしか使えないのでは…?4.3帖なんてウォークインクローゼットにしかならないような。


裏は、麻布十番セントラルハイツ。こちらも4分らしいです。
79平米の2LDKはゆったり過ごせそうですね。7,980万円。安いのか高いのかイマイチ分からない…。


次も大盛り上がりの南麻布の物件!「ヴィクトリアコート・イースト」302号室。
3億3千万円らしいです。176平米の3LDK…。良いですね〜

謎の間取り…。主寝室にユニットバスが付いてるのは欧風で良いですが、廊下にトイレとユニットバスが横並びに?謎だ。あとボイラールームとは?給湯室?
この辺の物件にはメイド部屋がある200平米越えの大きな部屋はありますが、なかなか謎の間取りです。


イマイチ何が言いたいか分からないフィットネスクラブの広告。
左上にジム、スタジオ、ホットヨガ、スパ、岩盤浴、エステティックサロン、接骨院ととりあえず思いついたワードを羅列している。寿司、天ぷら、蕎麦、中華、フレンチ、イタリアンって書いてあるレストランみたいです。
フィットネスなら、フィットネスって言ったほうがいいのでは?パット見で店舗がどこにあって、どんな雰囲気か分からないダメな広告の例ですね。


都内唯一の男性の爪お手入れ専門店。
オープンしたばかりらしいです。しっかし殺伐としたチラシ。朝に受注して正午に原稿を入稿したようなデザインになっています。もう少し頑張りましょう。 
60分6000円?
そこまで爪に時間を掛けて疲れないのか…。髪を切る時でも30分程度で疲れるというのに。
一回受けてみたいけど、なんとなく行きにくいです。 ということでポスティングされていた広告を公開してみました。
普段は他にも中華料理の広告や、学習塾、ゴミ回収など良くわからないチラシでポストが埋まっています。
面白い広告が来たら今後も紹介してみますね〜。

はっしー

1989年 静岡市生まれ
2018年の遅い上京で港区民になりました!
Twitter → @ohashi335
プロフィールはこちら