料理・レシピ

半額のお弁当は買ってはいけないのか

一人暮らしの味方といえばスーパーの半額弁当。
皆さんも一度は買ったことがあるはずです。なぜ買ってはいけないのか。

あるお店の「A弁当」が500円だとします。別の店の「B弁当は」1000円です。
B弁当は閉店2時間前から半額になるとします。そうなると普通の人であれば、「B弁当が半額でお得!」と思うはずです。しかし、実際には閉店まで値引きをしないA弁当の方が美味しいということもありえるのです。
景品表示法では二重価格表示というのですが、業者が「定価で売れたらラッキー、そこから値引きすれば売れるかも」とあえて高い値段で販売して、値引きで安く見せることがあります。

そうなると半額弁当は半額が適正価格、むしろ半額で売っても利益が出るようなビジネスモデルになっていることもあり、結果的にまじめに売っているA弁当の方が美味しかったという可能性もあります。
僕の体験談としてはデパートの地下でテンションが上がってしまい、半額の弁当を買ったのですが、味がひどすぎて油でべっとり、電子レンジであたためると更に味が落ちてしまいうんざりしたことがありました。
これなら袋ラーメンでも茹でていた方がマシだったな、という経験もあります。そんなわけで半額だからといって安易に飛びついてはいけないのです。

冷凍食品を解凍して並べているだけの場合も?

フライドポテト、たこ焼き、唐揚げなど、お店で丁寧に作っているところもありますが、多くのスーパーマーケットでは冷凍食品を解凍してパックに詰めています。
そうなると、家で半額弁当を温めるのであれば元から冷凍食品を買っておいて自分で温めた方が美味しいということになってしまいます。外でぱぱっと食べるなら半額弁当でも良いですが、家で温めるなら冷凍食品を解凍した方が結果的にコスパが良いです。
最近では業務スーパーで大量に入った格安冷凍食品があるので、工夫次第で半額弁当よりも高コスパが実現できます。
美味しくて健康を配慮するのであれば、休日に大量調理をして自家製冷凍食品がおすすめです。