ダージリン チャモン Chamong茶園...

シャモン茶園は、茶園だけでなく数多くの茶園の経営をしている、インドではとても有名なメーカーです。 歴史はとても長く、1916年にアッサムに設立されたシャモングループは、4つのアッサムの茶園とダージリン地方の17茶園を所有 … “ダージリン チャモン Chamong茶園” の続きを読む

ダージリン キャッスルトン Castleton茶園...

キャッスルトン茶園は、遠くからでも城の建物が見えたため、キャッスルトンという名前が付きました。 城は元々、現地に住んでいたお金貸しが住んでいたと言われていますが、起源は確かではありません。 特に優秀な紅茶を作り出すことで … “ダージリン キャッスルトン Castleton茶園” の続きを読む

ダージリン バーネスベッグ Barnesbeg茶園...

バーネスベッグ茶園は、1877年にクリスティン・バーンズによって茶樹を植えられました。 この茶園の由来は庭園、「バーンズの庭」を意味しています。 バーネスベッグはダージリンの町から15~17キロに位置しており、カンチャン … “ダージリン バーネスベッグ Barnesbeg茶園” の続きを読む

ダージリン バノックバーン Bannockburn茶園...

バノックバーン茶園はダージリンバレーの西に位置しています。 300ヘクタールの敷地を所有しており、143ヘクタールに茶樹が植えられています。 製茶の生産量は年間90,000キロで労働者は約500人います。 現在は有機農業 … “ダージリン バノックバーン Bannockburn茶園” の続きを読む

ダージリン バラスン Balasun茶園...

バランス茶園は、1871年にM/Sデブンポート&カンパニーによって設立されました。 名前の由来はバランス茶園の下を流れる川の名前を取って「バランス」と名付けました。 2005年にはジェイシュリー・ティーカンパニーに所有権 … “ダージリン バラスン Balasun茶園” の続きを読む

ダージリン バダンタム Badamtam茶園...

バダンタム茶園は1858年に、クリスティーナ・バーンズ氏によって茶樹を植えられました。 茶園の名前の由来は「竹の水」を意味しています。 バダンタム茶園はダージリンの町から西に17キロ程に位置しており、レーボンバレーに含ま … “ダージリン バダンタム Badamtam茶園” の続きを読む

ダージリン アボングローブ Avongrove茶園...

アボングローブはロンボン・バレーに位置する茶園です。 農薬に合成除草剤や殺虫剤の使用に中毒があるため、アボングローブでは有機茶の製造に切り替えられました。 ダージリン協会だけでなく、USDAの米国認証、日本のJAS、イン … “ダージリン アボングローブ Avongrove茶園” の続きを読む

ダージリン アリヤArya 茶園...

インドの持株会社であるユーラシアグループの一員として国際販売を中心として行っている専門茶メーカーです。 標高は約1500mに位置しており125ヘクタールの茶園を持ちます。茶園のふもとにも300エーカーの土地を持っています … “ダージリン アリヤArya 茶園” の続きを読む

ダージリン アンブーティア Ambootia茶園...

アンブーティアは10種の茶園の改良に当たり、一部の茶園をアンブーティア茶園として引き継ぐ事となりました。 バイオダイナミック農法による土壌改良と労働者の環境改善、水力発電なども導入しました。 製茶の際にはマネージャーが最 … “ダージリン アンブーティア Ambootia茶園” の続きを読む

ダージリン アルバリ(Allobari)茶園...

クルセオン&ダージリン会社によってオープンしました。 トゥクバー、シュタインタールに続き、ダージリン地方でも最も早い時期に創業した商用茶園です。 Located in high altitude (about 2,300 … “ダージリン アルバリ(Allobari)茶園” の続きを読む

ダージリン アンボック Ambiok茶園...

ヒマラヤ山脈の麓の斜行に茶園があります。 ティースタバレーの最東端に位置しており、ガントク・ナサンバレーの近くです。 シッキム・ヒマラヤン動物公園も近く、傾斜が特にきつい地域です。 関連 http://www.joann … “ダージリン アンボック Ambiok茶園” の続きを読む