腰痛の原因は何?? 【根本から腰痛を治す方法】

腰痛で悩んでいる人は非常に多いはず。

朝起きると腰が痛んで……という状況が続いてしまえば、毎日の生活に疲れてしまいます。それに腰痛のせいで目覚めてしまい、しっかりと眠ることができない人も多いでしょう。

今回は、腰痛の原因についてを考え、それを根本から治す方法について解説していきたいと思います。

腰痛の原因とは

腰痛の原因には実に様々なものが挙げられます。例えば、外から衝撃や負担がかかり腰が痛くなってしまう場合。一度そういった外的要因で痛んだ腰が、正しくもとに戻らず痛み続けてしまう場合。あるいは日頃の生活習慣が腰痛の原因になっている場合など、たくさんの原因があるものです。

しかもその中でも原因を特定することのできる腰痛は、全体の約15%ほどしかないとも言われています。

原因を特定することのできるものでは、腰椎が直接障害される圧迫骨折(つまり外から衝撃や負担がかかり腰が痛くなってしまう場合ですね)や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などです。また、その他の一般的な病気や、身体の他の部位の不調が原因となって腰痛となる場合もあるとされています。

そして、残りの85%の腰痛は原因が不明となっています。

これは病院などに行きレントゲンで確認してもなお、原因が特定できないものです。このような腰痛は生活習慣によるものを初めとし、ストレスなどの一見では腰痛と関係のなさそうなものまでもが原因として数えられています。

そのように原因が特定できない、ということもあり、腰痛を治すことができずにいる人も多いのです。

ですがこの腰痛の原因を、他の観点から突き止めている医学もあります。それはカイロプラクティックと呼ばれるもので、日本でこそ医療としては認められていませんが、アメリカではしっかりとした医療として扱われている整体の一種です。

このカイロプラクティックでは、腰痛の主な原因は姿勢が悪さ、骨格の歪みとしています。

これはどういうことでしょうか。

姿勢が悪いとなぜ腰痛になる??

では、姿勢が悪いとなぜ腰痛になるのでしょうか。

これは考えてみると意外にシンプルであるということに気がつきます。

というのも、「曲がったところが力の支点」となるからです。なんのこっちゃ、というところですね。まずは下の図を見てみてください。

Improving-Your-Posture

 

力はどこにも支点を作ることなく、地面に向かって落ちていきますね。この場合には、力は直接地面に伝わっているので、どこにも負担は掛かりません。

しかし姿勢が悪くなり、背骨が歪んでしまった場合にはどうでしょう。

Improving-Your-Posture

上から下にまっすぐ落ちている矢印↓が、重さの掛かり方ですね。しかしその途中の曲がっている部分で、明らかに負担が掛かっているのが分かるはずです。これは曲がっている部分が支点となり、ここで力を支えることになってしまっているからですね。

こうなった場合、腰や首の部分には普段の何倍もの負担がかかります。

例えば頭部で言えば、2.5cm前方に頭が出ることにより、首には2〜3倍もの重さが掛かると言われていますね。

そういうわけで、悪い姿勢が腰痛、首の痛み、肩こりなど様々な痛みの原因になるのです。

腰痛を悪くしない、治すためには??

腰痛を治すためには、その原因を取り除くことが重要です。

まず重要なのは、無理な負担をかけないよう意識すること。また、腰が弱くならないように意識することです。

腰に負担をかけないようにするためには、日頃から悪い姿勢を助長するような生活習慣ができていないかどうかを確認しましょう。姿勢が悪くなる一番の原因は布団です。

柔らかい布団やマットレス、低反発マットレスに寝ている人は要注意。そういったマットレスは姿勢を悪くし、どんどん背骨を歪ませてしまいます。また柔らかい布団の上で寝ていると、寝返りが減り、さらに不自然な体勢になるため身体の循環も悪くなります。こうなると血流がとどこおり病気の原因になります。

寝返りは身体の調整をする重要な動きで、これが少なくなると疲れが取れにくく、さらに身体の一部分に負担が掛かりやすくなります。

そのため、布団やマットレスは必ず高反発のものを選びましょう。このウェブマガジンで度々おすすめしているグラウディングマットのように、芯材が入っていて、姿勢改善の効果があるものが一番でしょう。

banner

一般的な高反発マットレスはウレタンフォームのため、一年ほど使うだけで駄目になってしまいますが、グラウディングマットはポリプロピレンの芯材が入っているので、メンテナンスすれば半永久的に使えます。

本体価格は他のマットレスに比べれば高額ですが、結局は得になります。さらに特許取得をしている根拠のある構造と、医療機関や公的機関への採用実績。他の根拠のないマットレスを選ぶのはもったいないです。

寝具の改善が終わったら、あとは細かいことに気をつけていくことになります。

まずは過度の運動や急激で負担のかかる動作を避けること。スポーツなんかしないよ!とは思うものですが、実際には少し子供や孫と遊んだり、ちょっと重いものを持ち上げたりというだけで身体に大きな負担が掛かっていることがあります。

また体を使った仕事や掃除などで筋肉を酷使したときにも、腰痛は起きるでしょう。とにかく急激な動作はさけて、大きな負担が腰に掛からないように注意しましょう。また重いものを持ち上げるときには、しゃがんで、脚の力を使って持ち上げること。手を伸ばしてかがんで重いものを持ち上げると腰に負担がかかります。

また、筋肉が弱くなっている人というのは腰にかかる負担がさらに大きくなるため、腰痛になりやすいと言えます。腰の筋肉は日頃からの運動不足や、加齢によって思っている以上に弱っているものです。よくエクササイズで腰の筋肉を鍛えろ、と言われるのはそういう理由があってですね。

もっとも痛くなった腰が、筋肉を鍛えたからといって良くなるわけではありません。痛みを治すのには、寝具を改善するのが良いでしょう。負担から適度に運動をし、筋肉を鍛えることで腰痛を悪化させにくく、再発させにくくすることができます。

 

いかがでしたか??

今回は腰痛の原因と、根本から治す方法を解説してみました。

ぜひ参考にしてください。