【検索ワード】みんなの疑問にお答えしますpart1【ファッション関連】

実はサイトの管理者というものはとっても権限が強く、その権力を振りかざすことによってみなさんが「どんな検索ワード」でこのサイトに到着したのかというのを見ることができます。

見ていると直接答えてあげたい質問がたくさん!

そういうわけで検索ワードを元に、皆さんの疑問にお答えします。

 

大学生服 高校生服 違い

大学生の服と高校生の服の違いは意外と難しい。

まずは大学生に人気な安いファッションブランドHARE ハレやRageblue レイジブルーを押さえ、それができたらちょっと高級ですがBEAMS ビームスやJOURNAL STANDARD ジャーナルスタンダードなどのセレクトショップをチェックしましょう。

着こなし的には、英語の入ったプリントTシャツや、あまりに装飾の多い服を避けましょう。

代わりに服の組み合わせ方や、着こなし方でファッションの差をつけるのが大学生の服装なのです。

大学生メンズファッションの基本

【必見】オシャレな大学生になる方法

 

わるおやじふぁしょん

彼はおそらくちょいワルおやじファッションのことを差しているのだと思われます。

ちょいワルおやじファッションとは、LEON レオンなどの雑誌に代表されるちょっとワルな雰囲気の漂うダンディな着こなし。着こなすためにはまずイタリアンファッションを学びましょう。

【実践】イタリアのメンズファッションを徹底解説!!【お洒落】

具体的に知っておきたいのは、ちょいワルおやじファッションは「ドレスダウン」する着こなしであるということ。

まずは仕立ての良いジャケットをキッチリとしたジャケパンで着こなす。それができたら、そのパンツをデニムに変えてみたり、ノーネクタイにしたり、靴をスニーカーに変えてみたりなどなど、あくまでキレイめをベースにするのが重要なことなんです。

ぜひチェックしてみてください。

 

スリムネクタイ カジュアル 結び方

細いネクタイを結ぶ場合で、なかなかしっかり決まらなくて困っている人におすすめなのは、セミウィンザーノット。

結び目がしっかりと中央に来る結び方なので、キレイに着こなすことができます。

細いネクタイ&薄いネクタイを綺麗に結ぶ方法

結び方はこのサイト上には書いてありませんが、まあたらい回しということで。

 

オシャレしてもいいの?

stamp OK02

 

グリーンレーベルリラクシング 年齢層

グリーンレーベルレーベルリラクシングは大手セレクトショップブランドであるユナイテッドアローズが展開する、安い価格帯のブランドライン。

当初は結婚後、あまり服にお金をかけられない大人のためのお洒落として展開されたラインですが、安い値段のおかげで若い人も買える!ということになり、年齢層は下がっています。

ですから基本的には20代〜30代前半までのブランドだと思っておけば良いでしょう。

best-jackets

【完全版】ユナイテッドアローズの特徴、印象、評判、ブランドラインの全てが分かる!

ただしグリーンレーベルリラクシングの服は基本的にコストパフォーマンスが高く、値段にしては素材や作りが良いことも多いです。またデザインも大人が着ておかしくないものばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

 

ちょいワル ダンディ シャツ

ダンディなあなたは、こんなシャツをお探しでしょうか。

danolis01

 

こちらはDANOLIS ダノリスというイタリアのシャツブランドによるもの。

創業以来変わらないスタッフと道具を使って作られ続けているDANOLIS ダノリスのシャツは高い品質と、ドレス仕立てでありながらカジュアル専用のシャツであるというダンディさによって高い人気を誇っています。

DANOLIS ダノリスのシャツ

こんなんじゃないって??

それならリゾーティーなこちらのシャツでいきましょう。

ESTNATION-01

 

四十代男のジャケット

40代の男性におすすめするジャケットと言えば、一流なイタリア仕立てのものに他なりません。

ストラスブルゴなどのセレクトショップで扱われているLARDINIラルディーニ、BEAMS ビームスやEDIFICE エディフィスなどで扱っているBOGLIOLI ボリオリなどは10万円強で非常に品質の良い一生物ジャケットなのでチェックしてみてください。

lardini-01

【ファッションブランド】LARDINI ラルディーニとは

また、もっと経済的に余裕がある人にはKiton キートンやZegna ゼニア、Loro Piana ロロピアーナ、Brioni ブリオーニなどがおすすめ。

〜40万円と高級ですがそれだけに素晴らしい仕立てを感じられることでしょう。

 

続く……。